ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2008年09月14日

84 大学が学生にコンドームを配布

 Bare pass for UBC on safe sex
 
 久方ぶりの更新で、相済みません。
 
 学校というのは、「教育」という名を使うと何でもやるものです。日本の学校は、とくに高校までは、教師が生徒の個人的な生活にまでズカズカと干渉することが少なくありませんよね。困っている生徒を助ける目的なら許容できることもありますが、だれに対しても人間の生き方を教育するなんて、そんな権利はないはずですがね。

 でも、この大学の試みはどうなんでしょう。ブリティッシュ コロンビア大学(バンクーバー)での話です。
 
............................
30秒英語コーナー
 
 bare pass : 「ぎりぎり合格」という意味でしょうが、「裸の〜」という意味でもある‘bare’が‘safe sex’との関連で暗示的に使われている、とも思えます。
 
 safe sex : 安全な性行為(性感染症を防ぐ、という内容)
 
 when it comes to 〜 : 〜となると、〜に関しては
 
 undergraduate students : 学部学生 

 Sexually Transmitted Infections : 性感染症
 
 University Wellness Centre : 大学健康センター
 
 thanks to : 〜のおかげで
 
 Trojan condoms : 商品名かと思います。このまま訳せば「トロイ コンドーム」
 
 give out : 配布する
 
 partner up : 動詞で「二人一組になる」「組む」
  
  UBC students are barely passing when it comes to having safe sex.
  According to a recent survey, 50 per cent of undergraduate students aren’t using condoms to protect against Sexually Transmitted Infections (STI).
  The University Wellness Centre hopes to change this thanks to a donation of 25,000 Trojan condoms.
 
 UBCの学生は、安全な性行為をもつことに関しては、ぎりぎり合格というところか。
 最近の調査によると、学部生の50%が性感染症を防ぐためのコンドームを使ってはいない。
 同大学健康センターは、25,000個のトロイコンドームの寄付のおかげで、この状況が変わることを期待している。
 
  “We’ve already given out 2,500 in just the first week and a half,” says UBC Centre wellness coordinator Patty Hambler.
  “There are over 40,000 students at UBC so it’s not quite one per person,” says Hambler.
  “But if they partner up,” she laughs, “we might be covered.” 
 
 「この一週間半ちょうどで、2,500個をすでに配布している」とUBCセンター健康責任者Patty Hamblerがいう。
 「UBCには40,000人を超える学生がいるから、一人一個にもならない」(Hambler)
 「でも、彼らが二人一組になれば、カバーできるかもしれない」と彼女は笑う。
 
 
........................
30秒英語コーナー
 
 along with : 〜に加えて
 
 freebie : 無料の提供品
 
 refresher courses : 再教育講座
 
 for instance : たとえば
 
 oral sex : オーラルセックス(唇や口を使う性器愛撫行為)
 
 make sure : かならず〜せよ
 
 residence advisors : 住居相談顧問というところ

  Along with the freebies, which are being handed out at orientation events, the campus pub and to residence advisors, the Wellness Centre also offers refresher courses on safe sex.
 
 無料提供、すなわち、さまざまなオリエンテイションやキャンパスパブで手渡したり、住居相談顧問に渡したりすることに加えて、健康センターが安全性行為についての再教育講座も提供する。
 
  For instance, “A lot of people don’t realize that they can get STIs from having oral sex,” says Hambler.
  And as a result the survey showed that only 2.5 per cent of students always use a condom during oral sex.
  And, “We don’t just tell people, ‘Here’s all the diseases you can catch, make sure you wear a condom,’” says Hambler. “We want people to learn how to talk about [safe] sex in their relationship.”
 
 たとえば、「多くの人は、オーラルセックスからでも性感染症になりうるということがわかっていない」とHamblerはいう。
 調査結果は、わずか2.5%の学生がオーラルセックスでもつねにコンドームを使っているだけであることを示している。
 ただ、「私たちは、『罹患のすべてがここにあるから、かならずコンドームをつけよ』と人々に言っているわけではない。「安全セックスについて、お互いの間でどう話すべきかを人々に学んでもらいたいのだ」
 
 
 実際の内容が詳細にはわかりません。
 たとえば、一人に一個だけ配布? そうだとすると、キャンペーン的な行動?
 それとも、いつでも無料でもらえるシステム? そうだとすると、大学あげての徹底的なサービス?

 Hamblerさんの言うところでは、性感染症について大学生にもよく知ってもらいたい、ということのようだ。つまり、一つの知識教育?
 
 いずれにしても、学部教育のカリキュラムには組み込めない問題で、大学の健康センターの思い切ったサービス行動なのでしょう。
 
 「サービス」と解釈すれば、「教育」という大仰な目的性が薄くなるので、学生たちも教師の目を気にすることもなくなりますね。
 
 まあ、いいんじゃないですか。
 
 この記事は次のようにつづいています。 
  
 
  The Wellness Centre’s peer-taught workshops include communication skills such as “condom negotiation specific things you can say, or how to be firm and say, “No you really need to wear a condom.”
  And although the survey showed most undergrads haven’t had multiple partners, even students in monogamous relationships, should use condoms, says Hambler.
    (monogamous relationships :一雌一雄関係、決まった相手との関係)
  “They’re in a committed relationship for six months so they think it’s safe not to use a condom,” she says.
  But, at this age relationships are rarely long term. “Partners change,” she says, “and that’s when stuff gets spread around.”
   (stuff : 問題の要素、というあたりの意味)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ↓実に親切な英文書です。納得のいくe-bookです。とくに語順の話は、心理学に基づいていて、なるほど、です。中学生でも無理なく読めます。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480(現在、特別価格販売中) 人気があって、よく売れています。
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です(9月調べ)。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング 
-
posted by Tokyo Ginji at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。