ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2009年03月21日

91 N. ケイジ主演 まぬけた新作映画?

 Not worth Knowing

 ニコラス ケイジ主演の新作映画「Knowing」が公開されているようです。
 
 「24 hours」(09/3/20)の記事のタイトルは上です。
 
 'Not worth Knowing'は、直訳風に言えば「知る価値もない」ですね。映画のタイトルを入れ込んだシャレですが、痛烈ですね。
 
.............................................
30秒英語コーナー
 
 goofy :ばかげた、まぬけな
 
 promisingly :期待できそうな
 
 widowed :ここは男の話なので「男やもめの〜」
 
 MIT :マサチューセッツ工科大学 
 
 hastily :急いで、あわてた
 
  jot :書き留める
 
 accurately :正確に、精密に
 
 forecast :予想
 
 cataclysmic :cataclysm(地殻変動などの大異変)の形容詞
 
 since :いまから〜前に(agoになるべきところだが、まれにsinceを使うことがある)
 
 disturbing :じゃまになる、気になる
 
 catastrophe :大異変
 
 script :筋書き、脚本
 
 wonky :ぐらぐらする
 
 moment :「見せ場」といった意味
 
 en masse :集団で、一斉に
 
 eye-rolling :あきれた目、あざけりのまなざし
 
 disaster :めちゃくちゃ加減、ひどさ
 
 making :構成 


Knowing is one very goofy movie about the end of the world. It begins promisingly enough, with widowed single father and MIT professor, John Koestler (Nicolas Cage), discovering that a series of hastily jotted numbers in a time capsule have accurately forecast every cataclysmic event in the decades since.
 
 「Knowing」は、この世の終わりにかかわる映画としてはきわめてばかばかしい映画だ。出だしは期待感はある。男やもめの父親でMIT教授のJohn Koestler(ニコラス ケイジ)が、あるタイムカプセルの中に、急いで書き留められた形の一連の数字があるのを見て、それがここ数十年の中で起きた大異変をことごとく正確に予言していると気づく、という出だしだ。 
 
More disturbing, the numbers haven’t run out yet—seemingly predicting catastrophes to come. Unfortunately, the script gets wonkier and wonkier. The concluding moments produce such en masse eye-rolling that you can only wonder: How could everyone involved in a movie about foreseeing the future not recognize this disaster in the making?
 
 ところが、それよりもどうにも気になるのは、その数字がまだ最後まで行っていないことだ。これから来る異変を予言しているようなので。だから、困ったことに、筋書きがぐらぐらになる。最後の見せ場なんか、みんなの目を白黒させ、不思議に思わせるばかりだ。未来を予見する話の映画に携わった人のだれ一人としてこの構成のひどさ加減に気づかなかったのか? ってね。
 
 
 ????? どういうこと?
 

 「metro」(同日)で見てみます。 
 
 .........When his son’s school unearths a 50-year-old time capsule, troubled professor John Koestler (Nicolas Cage) comes across an odd document scribbled
with seemingly random numbers.
  During a bout of whiskey-soaked inspiration, however, Koestler discovers that each set of digits provides the dates and locations of every major disaster that’s occurred since the capsule’s burial.
  Impossible, right? Wrong. And worse, he determines that a few of the dates are about to arrive sending Koestler forth on a race to prevent devastation. .........
 
 
 'a few of the dates are about to arrive sending Koestler forth on a race to prevent devastation' となっている。
 
 予言されている日付の二三が差し迫っている。で、Koestler は、惨状を防ぐ一つの闘い(a race)に自分を送り出す。

 ????? どうにもよくわからない。
 
 どういう設定の映画なんだろうか・・・・・。

 
 「知る価値なし」の映画というんだから、よほどおかしな設定なんでしょうかね。
 
 
 映画を見なくてはわかりませんが、私もeye-rollingするのかな? 
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング  
 
 
posted by Tokyo Ginji at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115979862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。