ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2009年03月24日

92 WBC:アメリカの嘆き

  In the WBC, it was the few, the proud, the Americans


 WBCでは、日本と韓国の決戦になりますが、準決勝で日本がアメリカに勝ちましたよね。
 
 「metro」や「24 hours」は、もともと野球にはほとんど無関心ですし、カナダが一次ラウンドで敗退していますから、余計に無関心です。
 
 で、「Los Angeles Times」(09/3/23)で米国敗退の記事を見てみます。長い文章なので、抄出します。なお、同紙は、段落ごとに一行を空けるスタイルですが、ここでは表示形式を変えて引用します。
 
.....................................
30秒英語コーナー
 
 no-show :来なかった人
 
 prevent ・・・ from ....ing : ・・・が....するのを妨げる
 
 contend  〜:〜を求めて戦う
 
 strike out :三振
 
 at-bat :打席
 
 get chills :ぞっとする

 serenade :セレナーデを歌う
 
 chant :シュプレヒコール、大合唱
 
 tens of thousands :何万もの〜 
 
 represent the tying run :同点のランナーがいる
 
 red, white and blue :星条旗(色で国旗を象徴)
 
 say no to ・・・ : ・・・に対してノーと言う、断る
 
 in a heartbeat :ためらうことなく、すぐに
 
 roster :登録選手名簿
 
  March Madness :全米大学バスケットボールトーナメントのこと(三月に熱狂的に行われるところから、そう呼ばれているようです)
 
 tip our cap : 帽子に手を当てて礼をする

Team USA players feel good about their World Baseball Classic experience and reaching the semifinals, but no-shows by top players prevented the team from contending for the title.
 
 USAチームの選手たちは、WBCの経験と準決勝まで来たことに満足してはいるが、トッププレーヤーで来なかった人たちはチームがタイトルを取りにいくのを妨げた。

 Evan Longoria packed his bags and flew all the way across the country, all for one at-bat. He struck out.
 "I got chills," he said.

 Never had he been serenaded by those three letters, by that chant, by tens of thousands of fans in his hometown and his home country.
 U-S-A! U-S-A!
 "It's a little different than hearing a Tampa Bay Rays chant," he said.
 
 Evan Longoria 選手は、一打席だけで、荷物をまとめて遠路を飛び帰った。彼は三振。
 「ブルッとした」
 あの三文字で、あの大合唱で、故郷と母国の何万のファンから、セレナーデを歌われたことがなかったのだ。
 U-S-A! U-S-A!
 「タンパ ベイ レイズの大合唱とはちょっと違います」
 
 
 ロンゴリアという人は、岩村のいるレイズの選手で、昨年の新人王ではなかったでしょうか?
 

 He was a pinch-hitter, representing the tying run, in the eighth inning of Sunday's win-or-go-home game against Japan in the World Baseball Classic at Dodger Stadium. He struck out, the United States lost, and again red, white and blue will be absent from the WBC championship game.
 One at-bat, one strikeout, one loss.
 "I don't regret it at all," Longoria said. "You can't say no to putting on your country's uniform. If I was asked to do it again, I'd do it in a heartbeat."
 
 彼は、勝てなければ帰ることになる日曜の対日本との試合(WBC、 ドジャースタジアム)の八回、タイイングランナーのいるときのピンチヒッターだったが、三振し、アメリカは負け、またもや星条旗がWBCからいなくなる。
 一打席、一三振、一死。
 「自分は何も悔いてはいない。自分たちの国のユニフォームを着ることを断るわけにはいかない。もう一度やってくれといわれれば、ためらいなくヤルさ」
 
  .....................

 Perhaps the result would have been no different had the U.S. had a better roster. But it would have been nice to see the two best American pitchers, Roy Halladay and Tim Lincecum.
 It would have been nice to see Ryan Howard or Mark Teixeira playing first base, instead of a second baseman named Mark DeRosa. It would have been nice if Adam Dunn had been used at designated hitter instead of in right field, where he did not even try to throw out two runners on sacrifice flies that were not terribly deep.
 
 アメリカがもっといいメンバー構成だったとしても、おそらく結果は同じだったろう。けれど、Roy Halladay と Tim Lincecumというアメリカのベストピッチャーを見られれば、よかったんだが。
 二塁手のMark DeRosaの代わりに一塁手のRyan Howard か Mark Teixeiraが見られればよかったんだが。 Adam Dunn をライトではなくてDHで使えばよかったんだが。ライトでは、さほど深くもない犠牲フライの二度の場面で彼は走者をアウトにしようと試みさえしなかった。
 
 
 WBCに出たくないメジャーリーガーが多いようです。これが、一つのアメリカの嘆きですね。
 
 だから、記事はこう続いています。
 
  "If people didn't want to play, we didn't want them to play," Shields said. "We wanted the people that wanted to play. We realize just how good a time this is. I think everybody in the clubhouse will back me up on this. 
 "The guys in that clubhouse wanted to play for our country and put it on the line."
 The guys in that clubhouse played more for each other than for you.
 "You want to go there and win the whole thing," DeRosa said. "I don't know if that would have been a huge boost for fans across the U.S. But the players could have gone back to their spring training facilities and felt good about what we accomplished."
 
 そして、最後にこう締めています。
 
  So now the U.S. players can get back to spring training, and you can get back to March Madness. But, for one day, let us forget the players who did not show up and tip our cap to the ones who did, Derek Jeter and all the Yankees.
 
 もう選手たちは春期練習に戻れるし、みなさんはMarch Madnessに戻れる。だけど、いつの日かのために、参加しなかった選手を忘れよう、参加したジーターやヤンキースのみんなに礼を言おう。
 
 
 けっこう良心的な記事ですね。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
posted by Tokyo Ginji at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。