ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2009年03月24日

93 アメリカ、最大級の賛辞(WBC決勝)+which

 Japan beats South Korea in a classic finale

 
 きのうにつづいてWBCです。
 
 「Los Angels Times」(09/3/24)がこう書いています(抄出です)。
 
......................................
30秒英語コーナー
 
 drive in 〜 :〜の打点をあげる

 classic :最高の、一級の、模範的な 

 feature 〜:「〜を特徴とする」というような意味だが、「〜は見ものである」とか単に「〜があった」という日本語が当てはまる。
 
 spectacular :目を見張る、見ごたえのある
 
 about the only thing separating it from a major league playoff game was, well, teams made up of major league players :しくみが見えにくい文ですが、赤字部分が主要になっている構造です。またaboutは「〜について」ではなく「ほとんど」「・・・ぐらい」という意味。
 
 made up of 〜:〜で構成された
 
 Which raises ...... :後述
 
 just about 〜 :ほとんどの〜
 
 there aren't that many :それほど多くはない(あまりいない)
 


Ichiro Suzuki drives in the winning runs in 10th inning of 5-3 victory over South Korea as Japan wins WBC title.
 
 イチローが10回に決勝の2打点をあげ、5−3で韓国に勝ち、日本がWBCのたちトルを取った。

 Monday's World Baseball Classic final was just that: a classic final.
 
 月曜日のWBC決勝戦は、まさにそれ(World Baseball Classic final)だった。最高級の決勝戦だ。

 It featured great pitching, timely hitting, some spectacular defense, and a passionate, vocal crowd of 54,846 at Dodger Stadium. So much excitement they needed 10 innings to pack it all in.
 
 すばらしいピッチング、タイムリーヒット、いくつかの目を見張る守備、それに、ドジャースタジアムの54,846人の熱烈な大歓声。それをすべて詰め込むのに10回を要したほどの大興奮だった。
 
 In fact, about the only thing separating it from a major league playoff game was, well, teams made up of major league players.
 The Seattle Mariners' Ichiro Suzuki, who delivered the game-winning two-run single in the 10th, was one of only three big-leaguers Japan used in its 5-3 win over South Korea. And the losers had only one major league player on their roster.
 Three years ago Japan won the first WBC with two big leaguers and last summer South Korea won an Olympic gold medal with none.
 Which raises a question for all the big-league teams who have seen their stars lose to South Korea and Japan: If you can't beat them, why don't you let them join you?
 
 はっきりいうと、メジャーリーグの優勝決定戦とちがうのは、何というか、メジャーリーガーで構成されたチームの点ぐらいだ。
 シアトルマリナーズのイチローは、10回に決勝の2打点シングルヒットを打ったのだが、日本が5−3で韓国に勝った試合で使ったわずか三人の大リーグ選手の一人だ。それに、負けたほう(韓国)には、たった一人のメジャーリーガしか登録されていなかった。
 三年前、日本が第一回WBCで優勝したときは、大リーガーは二人、昨夏、韓国がオリンピックで金メダルを取ったときは、一人もいなかった。
 だから、問う。自分たちのスタープレイヤーが韓国と日本に負けたのを見ていたすべての大リーグチームに問う。彼らに勝てないなら、彼らをチームに入れたらどうだ?
 
 "I think just about everybody here could probably play in the big leagues," Davey Johnson, a former all-star player and World Series manager, said before his U.S. team -- featuring 28 major leaguers -- lost to Japan in the WBC semifinals. "Fundamentally I don't think anybody plays the game as well or practices as hard as the Japanese."
 
 「ここに来ているほとんど全員、おそらく大リーグでプレイできる、と思う」とデイビー ジョンソン(元オールスター選手でワールドシリーズ監督)が言った。28人のメジャーリーガーを擁した自分のU.SチームがWBC準決勝で日本に敗れる前に言ったことだ。「基本的にだが、だれでも、その日本人選手と同じくらいにいい試合をやっているのではないし、懸命に練習しているのでもない」

 Added Venezuelan Manager Luis Sojo, a member of five World Series winners, after his team lost its WBC semifinal to Korea: "Surprises me that there aren't that many Koreans in the big leagues. But I think from now on, there will be."
 
 加えて、ベネズエラの監督Luis Sojo(ワールドシリーズで誤解優勝したメンバー)は、チームが準決勝で韓国に負けたあとに言った。「大リーグに所属する韓国人選手はあまり多くないとは、驚きだ。今後は多くなるだろうがね」
 
 ・・・・・・・・・"Korean players and Japanese players are excellent," Choo said. "We have basic skills. Perhaps better basic skills compared with major league players."
 After Monday, few would disagree.
 
 Choo(韓国唯一の大リーガー、クリーブランド インディアンズ)が言う。「韓国選手も日本選手も優れている。われわれには基礎技術がある。おそらく、メジャーリーガーと比べると、もっといい基礎技術だ」
 月曜日以降、異論のある人はほとんどおるまい。
 
 
 前回の記事同様、良心的で誠実な評論ですね。
 
 ちょっと話は違いますが、気になる英文を見直しておきます。二つ、あります。
 
 (1) Which raises a question for all the big-league teams who have seen their stars lose to South Korea and Japan ....という文がありましたね。
 
 この文頭のwhichは、前の数文の内容を先行詞にした関係代名詞です。一般に「独立用法」と言われます。
 日本の学校文法ではあまり目にしませんが、実際にはよく使われる用法です。いってみれば、So that raises .....といった意味になります。

 ジーニアス辞書にこんな英文例がありましたので、紹介しておきます。
 
 He writes in a colloquial style. Which is why I like reading his novels.
 (彼は口語体で書く。だから、彼の小説を読むのが好きなんだ。)
 
 (2) Added Venezuelan Manager Luis Sojo, a member of five World Series winners, after his team lost its WBC semifinal to Korea: "Surprises me that there aren't that many Koreans in the big leagues. 
 
 文頭のaddedは主語との倒置ですが、前文とのつながりで「加えて」の意味をもたすとともにsaidの意味を含ませているようです。
 Luis Sojoの発言を引用している文の冒頭は主語抜きの文です。That surprises me .....というところです。実際の英語では主語抜き文が多いということは、このブログのずっと前で書いておきました。「英語関係」のカテゴリーで、No.65の記事です。ご参照ください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。主語抜き文についても書かれています。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   

posted by Tokyo Ginji at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。