ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2009年12月26日

104 アヴァター

  Avatar: Worth the wait
 
 久しぶりに映画批評を見てみましょう。「アヴァター」です(アヴァターとは、神の化身という意味のようです)。かなりいい評価ですね。星4つ半です。

 「metro」(09/12/18)より。NED EHRBAR の批評です。

Avatar
Director: James Cameron
Stars: Sam Worthington, Zoe Saldana, Giovani Ribisi
Classification: STC
Rating: ◎◎◎◎1/2

.................................................
30秒英語コーナー

 overwhelming : 圧倒的
 
 tech-savvy : ハイテクに精通した

 immersive : 没入できる 夢中になれる
 
 3-D : 三次元 

 motion capture : モーション キャプチャー(コンピューター グラフィックスを使った映像) 
 
 brand-new : 真新しい、新品の
 
 vibrant : 活気ある、鮮やかな
 
  stand in the way : じゃまをする、対抗する 

 greedy : 貪欲な、欲深い
 
 corporate : 集団の

 honcho : ボス、首領 

  marine colonel : 海軍大佐 
 
 Apocalypse Now : 地獄の黙示録(コッポラ監督の映画) 
 
 menace : 驚異、危険、厄介者

 hybrid : 混血の
 
 infiltrate : 潜入する

 clunky : 鈍い

 mesmerize : 魅惑する
 
 strike a balance : 両立させる

 strong suit : 強み、長所

 
 
The best word to describe watching James Cameron’s long-awaited Avatar is, overwhelming. The tech-savvy director has created a truly immersive experience, utilizing 3-D and motion capture technology to create the brand-new, vibrant world of Pandora, and its slender, yellow-eyed, blueskinned inhabitants, the Na’vi.
 
 ジェームス キャメロンの待望のアバターを観ていえる最適の言葉は「圧倒的」だ。ハイテクに精通した監督がほんとうに夢中になれる経験を生み出している。三次元やモーション キャプチャーを使って、パンドラの新しくも鮮やかな世界、すらっとして黄色い目をした青い肌の原住者たち(ナヴィ)を生み出しているのだ。
 
  The smartest thing Cameron does is keep the story simple. It’s something we’ve seen before: A native population stands in the way of the goals of an invading force in this case, humans led by a greedy corporate honcho(Giovani Ribisi) and a marine colonel (Stephen Lang) displaying Apocalypse Now levels of menace.
 
 キャメロンのもっとも洗練されたところは、物語をシンプルにしている点だ。以前にどこか見たような話で、侵略軍(この場合、地獄の黙示録の厄介者軍団をほうふつさせる「欲張りな集団のボスGiovani Ribisiと海軍大佐Stephen Lang」に率いられた人間たち)の目的に原住民が立ち向かうという話だ。
 
  As Sam Worthington’s Jake is sent, via a human/Na’vi hybrid body (or avatar), to infiltrate the Na’vi, he falls in love with one of their own (Zoe Saldana) and takes their side. With an unchallenging story, Cameron leaves plenty of room for the technical splendor to do the heavy lifting, and he strikes a great balance.

 人間とナヴィの混血体(アヴァター)としてSam Worthington’s Jakeがナヴィに潜入するが、原住民の一人(Zoe Saldana) と恋に落ち、彼らの味方になる。比類のない物語とともに、テクニカルな壮観さが力業をなす場面をたっぷりとり、キャメロンはうまくバランスをとっている。

  The film isn’t perfect, of course. Some of the exchanges and declarations are rather clunky, as dialogue was never really Cameron’s strong suit. And there are several less-than subtle criticisms of Bush administration foreign policy something that apparently can happen when it takes five years to complete a film. But the overall effect is mesmerizing and well worth the wait.

 もちろん、映画は完璧ではない。やりとりや告白にいくぶんだるいところがあるし、会話もけっしてキャメロンの良さを出してはいない。それに、映画制作に5年もかかっていれば、起きても不思議のないブッシュ政権の外交政策への批判の点では巧妙さに欠けるところもある。しかし、全体的な趣としては魅惑的であり、待つかいが十分にある。


 訳しづらい英語ですね。話がボンボン飛ぶので、たまりません。こういう英語は書かない方がいいですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
 
 
posted by Tokyo Ginji at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。