ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2006年09月26日

2 「職務中の負傷で:by ( ) on-the-job injury」のカッコに何が入る?

 Police pay tribute to fallen comrades
 
 毎年この時期に、警察官の殉職者をしのぶ式典がカナダ中で開かれるそうです。それを「metro」が9月25日付けで記事にしています。その中の一節。
 
 …… 4,000 attended a ceremony on Parliament Hill in Ottawa to recognize the 10 officers slain in the line of duty during the past year.
 
 …… 過去の10名の殉職警官を忘れまじ、と4000人がオッタワのParliament Hillの式典に参集した。 (Parliament Hill : 国会議事堂のある丘)
 
 日本の新聞記事風に書くと、上のようになりますでしょうか。頭から訳すのは、この英文ではムリですよね。
 
 slainはslayの過去分詞。「殺す、殺害する」を遠回しに表現するときにslayが新聞ではよく使われます。日本風にいえば「不幸」というあたりでしょうか。
 
 ついでにいえば、die(死ぬ)を遠回しに「亡くなる、他界する、永眠する」などと日本では言いますが、そういう英語はpass awayですね。私、バンクーバーに来て、一度だけpass awayを使いました。カナダの某大学助教授(カナダ人)が知人にいまして、そのお母様が亡くなったときに、です。
 
 記事中のin the line of dutyは、これもよく見かける慣用句で、「職務中」という意味ですね。
 
 そうすると、slain in the line of dutyは、「職務中の不幸」で、ひと言で「殉職」ですね。こういうとき、日本語はボキャブラリーが豊富で、二文字で済みます。
 
 この新聞記事は「職務中」を別の表現でも書いています。
 
  …… a terminal neuromuscular disease triggered by an on-the-job injury.
 
 on-the-jobのように、ハイフンを使って前置修飾の形にする、という方法は新聞ではよくあります。
 
 まるで別の話ですが、日本の高校生か大学生にでも何かの試験で「職務中の負傷で : ……by ( ) on-the-job injury」のカッコに何が入るか、という問題を出したらおもしろいですね。「an」と答える生徒(学生)は1%くらい、と予想します。私、前に、日本の中高生に英語を教えていたことがあるのです(いろいろやっていました)。

 

↓クリックしていただけますと、書くエネルギーの基になります。
人気ブログランキング 

 
                 トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはおもしろい問題ですね。1%もいかないですね。かりに不定冠詞がくると思っても、大学生でもaにする人がけっこういるのじゃないかな、と思いますが、どうでしょう。
Posted by yoshi at 2006年10月02日 15:22
 コメント、ありがとうございます。
 1%以内ですか。厳しい現実ですよね。日本の学校英語教育では冠詞を丁寧にやりませんから、そうかもしれませんね。
Posted by Tokyo Ginji at 2006年10月04日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24450044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。