ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2006年10月05日

8 yahooの利用:「何が箱に入っている?」はどう言う?

 「何が箱に入っているの?」は英語で何と言う? 中学一年生の問題です。
 
 これを What is there in the box? と言う生徒(日本人)が多い、と聞いたことがあります。私自身が前に英語を教えていたときの生徒にも、けっこういました。
 大学生でも半数以上はそう答えるそうです。つまり、いわゆる「there is 構文」にしてしまうのです。
 
 もちろん、What is in the box?  (What's in the box?) ですよ。
 
 だいぶ前、日本にいたときのことですが、オーストラリア人と話をしていて、「What is there in the box? と言うことはないか?」と尋ねたことがあります。
 
 ない。…… うーむ。…… きわめてまれに言うこともあるかな。
 手品師が「こちらの箱には○○が入っています。There is ○○ in this box. では、こちらの箱には? さあ、何でしょう?」などと言う場合は What is there in the box?  と言うかもしれない。でも、通常は、ない。
 
 こういうとき、私は、ネットのyahooアメリカ、カナダ、イギリスかGoogleで検索してみるのです。yahooなら、「yahoo! JAPAN」のトップページのずっと下の方に「アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、……」などが並んでいますね。それを使うのです。
 
 疑問に思った文(あるいは、語句)をそのまま検索ワードとして入力します。そうすると、その文中の単語をタイトルにでも本文にでも使っているサイトが表示されます。
 もし、入力した文(語句)が通常のことばとしてあちこちで使われているなら、それをまるごと含んだ文が現れます。
 もし、通常のことばとしては使われないなら、入力した文(語句)はまるごとには現れません。一部分か一語一語に分離したことばとして現れます。
 
 ためしに、「what is there in the box」と入力してみてください。
 yahooアメリカでもカナダでもイギリスでも、「What's in the box」がトップに出て、「in the box」「box」などを含んだ文がつづきます。「there」は、どこに出てくるやら、姿が見えません。きっと、「there」だけを含んだ文がずっとずっとうしろのほうに出てくるのでしょうが、見るのも面倒で、途中でやめてしまいます。
 
 今度は、「what is in the box」と入力します。ほら、それをまるごと含んだ文がたちまち現れますね。
 
 こういうことを数分つづけてみると、What is there in the box? は英語圏ではまず使われていない、と判断できます。
 
 そこで、前回の「metro」の when he was boy をそうやって調べてみましょう。
 
  「when he was boy」または「when I was boy」あるいは「he was boy」を入力します。結果は、もうバラバラですね。「boy」から現れるでしょ? そんな文はこの世にない、ということです。
 
 次に「when he(I) was a boy」を入力します。
 結果? 「he(I) was a boy」から現れますが、「when」を含む文も、トップページではないが、次のページくらいにはちゃんと出てきますね。
 
 これで、「metro」の文はミスだ、と判断できるのです。
 
 
 ↓クリックしていただけますと、書くエネルギーの基になります。
人気ブログランキング 

 
 
                 トップページに戻る 

posted by Tokyo Ginji at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24919462

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。