ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2006年10月06日

9 高校生から質問があった

 School attack 'sexual:' Sheriff 
 
 コメントをたくさんいただくようになりました。
 このブログは立ち上げたばかりですから、私にとっては「たくさん」です。
 
 近ごろ、yahooブログ検索からの訪問が増えていますので、高校生あたりにもこのブログが広がりはじめているのでしょうか、コメントの中に高校生からの質問がありました。
 
 でも、Tokyo Ginjiさんの「私、ネイティヴの英語は何でも信用するなんていう習性はもたないのです」っていうのは、ちょっとひっかかりました。なんでですか?

 こういう内容です。
 
 まず、これをごらんください。先日のコロラド事件の「metro」記事です。前に紹介した文章のちょっとあとのくだりです。
 
 Park County Sherriff Fred Wegener identified the gunman as Duane R. Morrison, 53, and said was he from the Denver area but had been living in his car.
 
 Sheriff が Sherriff とミスプリですが(「r」 が一つ多いが)、それは単純なミスでしょう。だれだって、そういうミスはやりますよね。
 
 でも、…… and said was he from the Denver …… はどうですか? ミスプリはミスプリでしょうが、「これはないでしょう」と高校生でも思うでしょ?
 
 and said he was from ですね。
 
 キーボードをたたいていても、指のたたきまちがいではこういうことは起きませんね。何かの文を書き直したのか、原因はわかりませんが、修正のミスと思われます。
 
 でもですね、日本の高校生がこの文をどこかの英字新聞で見かけたら、「こういう言い方もあるんだ!」と思うこともないともかぎりませんでしょ? それは、「ネイティヴの書いた英語だから、正しいはず」という先入観が働いているからです。
 
 「おとなの日本人が書いた日本語の文章なら、何でも日本語のお手本になる」と思いますか? 思わないでしょ? 私、英語に関しても、それと同じスタンスでいるのです。それで、先日、ああいうように書いたのです。
 
 語学学校の例の教務主任に上の英文を見せました。「これは free の新聞だから」と笑っていました。「Straight」という広告中心のfree週刊新聞があるのですが、「そっちはもっとひどい」と言っていましたよ。
 
 ほら、英語のネイティヴは「ネイティヴの英語の誤り」に気づくでしょ。日本人だって「native English speakers」の名に負けてはいけない、と思うのです。
 
 高校生なら「英文法」をけっこうやっていますでしょ? それをちゃんとやっていると、ネイティヴの名に負けませんよ。
 
 疑問に思ったら、前回の「yahoo検索方式」で確かめるといいです。
 なお、Googleでもいいのですが、英文(語句)を入力しても、日本語サイトもいっしょに出てきますでしょ。 
 ついでですので、カナダの検索エンジンサイトを紹介しておきます。  
                                                                                       Yahooのカナダ版                                                                                         カナダの検索サイト

↓クリックしていただけますと、書くエネルギーの基になります。
人気ブログランキング 
             トップページに戻る

posted by Tokyo Ginji at 13:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国際交流に興味のある中高校生必見です!
熱い夏休みを過ごしてみませんか?

この度財団法人AFS日本協会ではインターナショナルキャンプ大島2007を開催いたします。

インターナショナルキャンプとはAFSの留学プログラムで来日しているアジア、南北アメリカ、オセアニア、ヨーロッパなどの世界各国の留学生と日本国内の高校生の交流を目的として行われるものです。

このキャンプには日本国内の高校生と留学生が合わせて約130名が参加し、グループに分かれて3泊4日を共にします。各グループには大学生ボランティアがグループリーダーとして参加し、ウォークラリーやスポーツ、ダンス、ディスカッションなどの様々なアクティビティーを通じて交流を深めます。

このキャンプであなたは異なる文化、習慣、言葉を持つ人々と出会い、様々な体験をすることになるでしょう。

世界の人々が一つになる時、あなたにとって大切な何かが見つかるはずです。

キャンプに来れば夏が変わる。
夏が変わればあなたが変わる。
あなたが変われば世界が変わる。

私たちと一緒に国際交流してみませんか?
まずは、資料請求を!!!

:*:・。,☆゚'・:*:・。,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・・:*:・゚'☆,。・:*:
日時:2007年8月 7日(火)〜8月10日(金)
会場:大島海洋国際高校、及び付帯施設
募集対象:中学3年生、高校生及び高校就学年齢者
(※他団体で来日している留学生の方はご遠慮ください。)
募集人数:約100名
参加費:30,000円 (フェリー代含む)
問い合わせ・資料請求:
TEL:080−3479−8345(広報担当:小野)
  ※もし不在の場合は、留守番電話に名前、御用件、連絡先をお入れ下さい。
E-mail:ooshima07 @afs.or.jp
URL: http://www.afs.or.jp/jpn_ja/view/4412
(URLから詳細資料、参加申込用紙等をダウンロードできます。)
:*:・。,☆゚'・:*:・。,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*。・:*:・゚'☆,。・:*: 


皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。


*管理人様、大変貴重なスペースを有り難う御座いました。不適切でしたら削除をお願い致します。
Posted by AFSインターナショナルキャンプ大島2007実行委員会 at 2007年07月03日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24980060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。