ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2006年11月07日

24 ワーホリ必見:カナダの最低賃金

 Labour wants minimum-wage hike
 
 最低賃金規定(時間給単位)というのは、どの国にもあるのでしょうか? 
 
 寡聞にして存じませんが、日本にはありますよね。都道府県ごとに規定がありますね。こちらのサイトで紹介していますから、どうぞ。
 
 カナダにもそれはあるようです。日本と比較するといいかもしれません。こちらでどうぞ。

 

 本日の銀行レートでいくと、$1(カナダドル)=104円ちょっとです。比較すると、断然、カナダのほうが働くにはいいですね。
 
 「24 hours」(11月2日)がそれについて紹介しています。
 
 ブリティッシュコロンビア州は、2001年に、最低時間給を$8と決めました。ただし、最初の訓練期間は$6でもいいことになっています。
 昨日(1日)、B.C.州労働組合とカナダ学生連盟は、時間給最低$10、訓練期間給の廃止を求める運動を共同の形で開始する、と発表しました。
 
 Some people, however, have already set $10 as their personal minimum wage.
  "I refuse to work for less than $10 an hour already. At the interview stage, I tell [the employee] that I feel I'm worth more than $8 an hour," said Vancouver Community College student Allanie Yau.
 
 でも、すでに10ドルを個人的な最低賃金として設定している人もいるのです。
 「私は、時間給が10ドル以下だったら、働きません。すでにそうしています。面接で[雇用主に]言うのです。私は、時間給8ドル以上の働きすると思いますよ、って」とVancouver Community College の学生 Allanie Yau さんが言っています。
 
 同紙は、"you should know" と題して、カナダ各州の最低賃金規定を掲載しています。それをここに転載してもいいのですが、上で紹介したサイトで見た方が確実ですし、そちらのほうが新聞よりも多くの州を紹介しています。だから、そちらでどうぞ。
 
 ワーホリその他で働きに来る方は、知っておいたほうがいいですね。
 
            トップページに戻る

posted by Tokyo Ginji at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。