ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2007年01月09日

34 めずらしく高い評価の映画

 Notes On A Scandal packs dramatic punch
 
 映画の話がつづいていますが、もう一つ。
 
 「metro」紙にしてはめずらしく高い評価の映画時評がありました。Richard Eyre監督の'Notes On A Scandal'です。
 
 「metro」(2007.1.5)より。
 
 The film focuses, with the precision of a laser, on the curious relationship between two teachers at an Ipswich grammar school. As the dismissive Barbara (Judi Dench) explains in a prickly voiceover, the recent arrival Sheba (Cate Blanchett) is wasting her energy trying to teach art to her uninterested students.
  But the more time Barbara spends around Sheba, the more she comes to appreciate her ─ until Barbara discovers Sheba has formed an extremely inappropriate bond with one of her students.
 
 その映画の焦点は、レーザーのような精密さでもって、二人の教師(イプシウイッチにある初等中学校の教師)の不思議な関係に当てられている。人を見下したような教師・バーバラ(俳優Judi Dench)のトゲのあるナレーション解説に並行して、最近赴任した教師シーバ(俳優Cate Blanchett)は、一所懸命、無関心な生徒に美術を教えようとしている。

 しかし、バーバラは、シーバのそばにいる時間が多くなるにつれて、しだいにシーバを評価するようになる。ただし、シーバが一人の生徒ときわめて不適切な関係になっているのを知るまでのことだが。
 
 ここまでですと、イヤな先輩後輩関係のように思えてきます。ところが、ひと味ちがうようで、バーバラの心理描写がすぐれている映画のようです。
 
 …… Barbara isn't the person she believes herself to be at all: where some peope might live with a level or two of self-deception, Barbara has strata. And even though the character lacks the ability to understand her own drives and desires, Dench makes them distressingly clear to us. It's a remarkable performance.
 
 …… バーバラは、自分で思っているような人間ではまるでない。どこにも自己欺瞞の一つや二つをもって生活している人はいるものだが、バーバラには何層もある。性格のせいで、自分自身の衝動と願望を理解できないのだが、それをDenchは胸がつまるくらいに明確にあらわしている。目を見張る演技である。
 
 こうなると、見てみたくなります。
 
 この時評の冒頭に、こうありました。
 
 Following the frrenzied Christmas season, where everything is bigger and louder, NOtes On A Scandal arrives as a refreshingly small picture; a charcter study instead of an epic. And it's really good one.
 
              トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31103875

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。