ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2007年01月10日

35 ボディワールド:いまならビデオで

 BODY WORLD 3   
  THe Anatomical Exhibition of Real Human Bodues
 
 新聞記事ではありません。
 バンクーバーにあるサイエンスワールドでいま開催中のExhibition(Body World 3)のサイト記事です。

 
.............................
 
  いまなら、その展示のようすがビデオで見られます(展示はバンクーバー時間1月14日終了ですので、その後のビデオ公開はどうなりますか)。
 
 ↓こちらでどうぞ。 
 http://www.scienceworld.ca/bodyworlds/video.html
 
.............................
 

 Never before has an exhibition offered such an intimate look at the human body. Approximately 200 real human specimens─whole body plastinates, individual organs, transparent body slices and healthy and diseased organs─present a one-of-a-kind anatomy and physiology lesson. See how your body’s systems relate to one another and work together to help you function and survive. View firsthand how lifestyle choices impact your health and how muscles and joints work together during athletic performance.


 いまだかつてない展示会です。詳細に人体を見ることができます。およそ200体の本物の人間の標本(人体の全体プラスティネーション、個々の器官、薄く切った人体スライス、健康な状態と不健康な状態の器官)が、一種の解剖学と生理学講義をいたします。あなたの体のシステムがそれぞれどうつながりあい、どう連動しあってあなたの活動と生命を助けているのかをご覧ください。どういう生活スタイルの選択があなたの健康に影響するのか、筋肉と関節が運動競技の最中にどう作用しあっているのかを見てください。

 'plastinate'という単語は、辞書には載っていません。ただ、Googleの「define」で検索しますと、次のように出てきます。


 preserve (tissue) with plastics, as for teaching an research purposes; "The doctor plastinates bodies to teach anatomy to his students"


 また、「アルク英辞郎」が名詞形として一つだけ載せていました。

 (アルク英辞郎より)

 plastination
 【名】 プラスティネーション
 Hundreds of specimens have preserved by a technique called plastination, which replaces the water in an organ's tissue with the special silicone resins.


 
 この展示会は見てきました。たいしたものでした。だれがこういう様式の人体標本展示を発案したのか、興味のあるところです。

 BODY WORLDS 3 was created by anatomist, Dr. Gunther von Hagens, inventor of Plastination─the groundbreaking method of anatomical specimen preservation. 


 「Body Worls 3」を創ったのは、解剖学者Gunther von Hargens博士です。博士は、プラスティネーション(解剖した標本を保存する独創的な方法)の創案者です。


 体中の血管だけを切り抜いて一枚の布状にして見せているのは、圧巻です。

 私が子どものころにこういうのを見ていたら、いまの自分はちがった道を歩んでいたかもしれません。 
 

↓クリックしていただけますと、書くエネルギーの基になります。
人気ブログランキング 
             トップページに戻る

posted by Tokyo Ginji at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31158778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。