ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2007年01月11日

36 本日から「30秒英語コーナー」設置:四人家族、食費、一ヵ月いくら?

 Some food for thought
 
 きょうから「30秒英語コーナー」を設けます。紹介する記事の中にある英語表現を一つ二つピックアップして、かんたんに解説するコーナーです。
 
 本日はこれです。
..............................
 
 「30秒英語コーナー」(1)
 
 @ some food for thought: 考えるべきこと 、判断材料、思考の材料
    'food'は、数えられない名詞
   例 : I would like to give you some food for thought on this topic.
      この話題について考えるべきことをもっと言いましょう。
        
 上の新聞記事表題は、「食費」に関することなので、「food」を「食べ物」と二重の意味にして使っているのです。
 
 A touch-and-go:(形容詞) あぶなっかしい、危険な、一触即発の
   触れれば進む、というところから、そういう意味になる。   
   例 : touch-and-go situation  危険な(一触即発の)状況
 
 ハイフンを使った表現は多いですね。今後もときどき紹介します。
 
.............................
 
 ちょっと身につまされる話が「24 hours」(1/8)がありました。
 
 Siobhan Roweという女性コラムニストが定期的に同紙のコラムを担当しています。その一つです。
 
 スーパーマーケットで買い物をしてレジでお金を払うとき、自分のことで手一杯で、他の客に注意を向けることはない、と述べたあとの話です。
 
 …… But last week, the groceries of one particular woman caught my eye.
 Her basket contained three tins of baked beans, a bag of pasta, two apples, and a litre of milk. Her children, around six and eight years old, were quiet and watchful as Mom painstakingly pulled out each dollar, dime, quarter and cent from her worn, disintegrating wallet. It was clearly touch-and-go whether she could pay. I felt uncomfortable about my overladen basket lined up next her meager selection.
 
 先週のことですが、人目につくような姿の一人の女性の買おうとしている食料品が私の目にとまりました。
 彼女のバスケットにあったのは、煮豆の缶詰三個、パスタ一袋、リンゴ二つ、牛乳1リットルでした。彼女の子どもたち(6歳と8歳くらいの子)は、おとなしくしていて、母親が苦労してドル、ダイム(10セント硬貨)、クゥオーター(25セント硬貨)、セントのそれぞれを古いすり切れたサイフから出しているのを見守っていました。払えるかどうかがあきらかにあぶなっかしい状態でした。私は、気詰まりを感じていました。私の山盛りのカゴが彼女の貧相な品揃えの次に並んでいましたから。


 煮豆の缶詰は、スーパーでは、一個75セントほどです。もっと安いところもあります。
 パスタ(スパゲッティ)は、容量にもよりますが、900グラム入りでも1ドルで買えるところがあります。それほど安くなくても、2ドル未満ですね。1.8ドルとしましょうか。容量が少なければ、とうぜん、もっと安いですよ。
 リンゴは、品種にもよりますが、安い品種なら1ポンド(約450グラム)で50セント前後です。二個というと、大きさしだいですが、まあ1ポンド前後です(カナダでは、計量はポンドとグラムの両方を使います。果物はほとんどポンド計量です)。
 牛乳は、1リットルだと、1.2ドルというところでしょうか。
 
 そうしますと、おおよそですが、その婦人の買い物は2.25+1.8+0.5+1.2=5.75(日本円で約580円)となります。
 
 なぜ、その婦人の子どものようすについてコラムニストは描写したのか? 
 スーパーのレジのそばには、たいてい、一個1ドルほどのお菓子類(キャンディ、ガム、その他)が置かれていて、自分の子どもがそれをほしがるのを制止することがよくある、ということを前もって書いていましたので、それと比較したのです。つまり、婦人の子どもは、けっしてお菓子類をねだったりしない、というようすを述べているわけです。
 
 そのあと、コラムニストは、自分の一ヵ月の食費はおよそ600ドル前後で、ブリティッシュコロンビア州の公的調査結果でも、四人家族の平均的な食費は一ヵ月650ドルだ、と述べ、次につづけています。
 
 According to Statistics Canada figures, 18 per cent of B.C. children live in poverty.
 
 子どもたちの18%が貧困状態だ、ということです。
 
 知事よ、何をしているのか!、という趣旨のコラムです。

 
 

.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。