ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2007年05月09日

42 中途半端なひき逃げ事件

 Driver who struck boy calls police


 ちょっと事情がありまして、このブログをしばらく休まざるをえませんでした。ちょうど三ヵ月間の休止になりました。時間のゆとりが復活しましたので、再開します。


 「metro」(5月8日より) 

..............................
30秒英語コーナー (本日の1)
 
 pin(動詞): 押さえつける
 
 want  〜 過去分詞 : 〜が○○されるようにしてもらいたい
 
        例 : I want my room cleaned.
           部屋を掃除してもらいたい。
 
 want  〜 to be +過去分詞 の'to be'が省略された形
 
 なお、'want 〜 to 不定詞'の形は、英語五文型論でいう第四文型(SVOO)か第五文型(SVOC)かのどちら? という議論が昔からありますよね。'tell (give) 〜 to不定詞'のほうは第四文型という説で定着していますが、こちらは「第五文型」説が有力です。
 それはそれでいいのですが、私は、こういう五文型論に意義をほとんど見いだせません。区別しはじめたら、25文型論、31文型論などが実際に出てくる始末ですからね。第二文型(SVC)と第三文型(SVO)だけでほとんどが説明できます。
 
 

An elderly couple who drove over a13-year-old Vancouver boy pinning the boy's wrist under a tire said they checked his injuries and made sure he was all right before driving off, Vancouver police said yesterday.

  The boy's mother, who did not want her name used, said the boy is not OK. He has a soft cast on his ankle and has bruising and abrasions on his wrist, shoulder, chest and ankle.

  “He can't go to school for a month or so. He can't sit up,”she told Metro yesterday. 

 ある年配の夫婦によると、13歳のバンクーバーの少年の手首をタイヤの下敷きにしたのだが、その子のケガの状態をチェックしたところ、たしかに何でもなかったので、その場を立ち去ったのだという(昨日、バンクーバー警察談)。
 その子の母親(匿名希望)は、その子はOK なんかじゃない、といっている。いま足首に軽いギブスをつけ、打撲と擦り傷が手首、肩、胸、足首にある。
 「彼は一ヵ月くらいは学校へ行けません。まっすぐ腰掛けることもできません」と本紙に語っている。

.............................
30秒英語コーナー (本日2)

 上の文章の中に"The boy's mother, who did not want her name used, said the boy is not OK."という文がありましたよね。'said'なんだから、'the boy was not'のはずですよね。いわゆる「時制の一致」です。
 ところが、この場合は、すぐあとの'He has a soft cast .....' につづくので、「OKではない」は現状を含んでいっているわけで、時制の一致にしばられません。
 こういう例は多いのですが、「一致」しなくてはいけないときなのに「不一致」、という例をよく見かけます。無料新聞にかぎりません。「ニューヨークタイムズ」でも見かけます。カナダ人の英語教育専門家を二人知っていますが、二人とも嘆いていますよ。

............................
30秒英語コーナー (本日3)

 come forqward : 名乗り出る

 引用文(あるいは、引用符つきの語句)が節末あるいは文末に来た場合のピリオドやカンマの位置 : 引用符の中に置く。
 この問題は、意外と知られていないことのようなので、次回(明日の予定)、詳述します。英語のこの習慣はちょいとまずいのじゃないか、と私は思っていますのでね。 

  She believes that the only reason the couple contacted police is because they were “scared”into coming forward by media attention.
 The couple, a 69-year-old man and a 65-year-old woman, saw news reports about the accident and phoned police“to tell their side of the story,”said Const. Tim Fanning.

 母親は、その夫婦が警察に連絡してきた唯一の理由は、メディアの注目によって「怖くなって」名乗り出ざるをえなくなった、と思っている。
 その夫婦は、69歳の老人とと65歳の老婦人で、その事件に関するニュースを見て、警察に連絡し、「自分たちの側からの話を語った」という(Tim Fanning巡査)。

 要するに、この事件の加害者は実際のところだれなのかはわかっていない、ということです。"The car, a dark green sedan, was travelling below the speed limit at the time of the accident." のようです。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
  
posted by Tokyo Ginji at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。