ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2007年07月13日

59 落雷、iPod(イヤホーン)

 Earphones helped shock local man

  
 私自身は、自分の体に雷が落ちたなんていう経験はありません。
 
 「metro」(07/7/12)によると、こうです。 
 
 ・ It is estimated that a person's odds of being struck by lightning are 1 in 5,000.
 ・About 10 per cent of those who are struck die.
 
 5000人に1人の確率で人に落雷していて、その10%が死んでいる、ということなんですね。
 
 落雷の珍しいケースを同紙が報じています。
 
 
...................................
30秒英語コーナー
 
 help :上の見出しと下の本文に'help' が使われていますが、「導く」あるいは「呼び寄せる」というあたりの意味。見出しは「イヤホーンが衝撃の導火線 地元の男性」というところです。
 
 a Vancouver dentist :バンクーバーの歯科医
 
 これ、別にやっかいな表現ではありません。
 でも、「バンクーバーの歯科医」を英語にすると? となると、'a dentist in Vancouver' のほうがすぐに頭に浮かびますよね。実際の英語でも、「名詞 + in  どこどこ」のほうが多いですよね。
 
 yahooアメリカで、「どこどこ + 名詞」の例を見つけました。
 
 オノ ヨーコの曲に"New York Woman" なんていうタイトルもありますが、似た例が次です。

 A 63-year-old New York woman who killed her husband by poisoning his drink with antifreeze has been sentenced to 25 years to life in prison. (cbsnews.com)
     A New York man pleaded guilty Wednesday to holding a no-show job at a garbage ...(boston.com) 
    
New York drivers are against Mayor Michael Bloomberg's new traffic ...  (au.news.yahoo.com)
 
 yahooアメリカの検索欄に「どこどこ +名詞」を適当に入力して調べると、おもしろいですよ。
..................................

Doctors at Vancouver General Hospital said a 37-year-old jogger wearing an iPod was burned on his chest, neck and face after the man and a nearby tree were struck by lightning in 2005. The burns traced the path of the earphones, they said.
 
 Vancouver General Hospital の医者たちによると、iPodをつけながらジョギングしていた37歳の男性が、2005年、そばの木とともに雷の直撃にあい、胸、首、顔にやけどを負った、という。そのやけどは、イヤホーンの経路をたどった形になっていたのだ。
 

  The man, a Vancouver dentist, suffered ruptured eardrums and the dislocation of the tiny bones in his middle ears, the doctors wrote in a letter to the New England Journal of Medicine. 
   The man's jawbone broke in four places and both jaw joints were dislocated, probably because the electric current made his jaw muscles contract violently.
   The metal in the earphones helped channel the current and cause the injuries, Eric Heffernan, Dr. Peter Munk and Dr. Luck Louis wrote in their letter.
 
 その男性(バンクーバーの歯科医)は、鼓膜が破れ、中耳の小骨がはずれた、と「the New England Journal of Medicine」誌への書簡で彼らが報告している。
 あごの骨が四ヵ所で折れ、両あごの関節もはずれており、電流があごの筋肉を激しく収縮させたことによると思われる。
 イヤホーンの中の金属が電導となって(helped channel the current)それらの負傷を引き起こした、という。(Heffernan, Dr. Peter Munk と Dr. Luck Louisの同書簡による )
 
 
 なるほど、雷がキャッチされたら、イヤホーンは危険ですかね。
 
  
   “Although the use of a device such as an iPod may not increase the chances of being struck by lightning, in this case, the combination of sweat and metal earphones directed the current to, and through, the patient's head,” they said.
   Heffernan said it's not just iPod headphones that pose a risk. “I think that this has the potential to occur with any sort of headphones.”
 
 「iPodのような機器を使用すると落雷する危険が増すというわけでもないが、汗と金属イヤホーンの相互作用が電流の経路を指示し、頭を貫通した」という。
 Heffman は、危険を引き起こすのはiPod ヘッドホーンだけではない、という。「こういうことは、どんな種類のヘッドホーンでも起こりうるのです」
 
 
 その後、けがをした男性はどうなったか?
 
 
   Two years later, more than half the patient's hearing is gone and he cannot hear high frequency sounds, even with hearing aids.
 
 だそうです。
 
 
 私、登山をよくやっていました。尾根を歩くときは、自分の体が周囲よりも一番高くなることがあります。だから、天空が雨模様になりかけると、雷には注意を払うんです。
 
 雷の光や音をとらえてからでは遅すぎます。雷をキャッチするのは、携帯のラジオで、です。
 
 ラジオをつけると「ジ、ジ、ジ」という感じの音が発生するんですね。雷の到来の予告です。そうしたら、近くのハイマツの群れの中に体を潜めるようにするんです。
 
 
 登山の一行を雷が直撃して何人かが死亡した、という事故があったと記憶しています(日本の話ですよ)。
     
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。 

        トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。