ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2008年04月26日

76 友だちと:with ( ) friend, ( )に何が入る?

  Amsterdam resident finds Anne Frank card
 
 久しぶりに英文法の話です。
 
 次の記事は、「24 hours」(08/4/24)からの引用です。
 
...........................................
30秒英語コーナー
 
 go through : 調べる、検討する
 
 stumble : 「つまずく」という意味だが、「巡りあう」「偶然に見つける」という意味にもなる。
 
 flea market : いわゆる「ノミの市」
 
 Nazi Germany : ナチスドイツ
 
  deport : 追放する、追いやる
 
 death camps : 死の強制収容所

 prompt : かりたてる、 誘発する
 
 annex in a canal-side house : 運河ぎわの家の離れ
 
 attic hideaway : 屋根裏の隠れ場所
 
 authenticity : 信ぴょう性
 
 Aachen : アーヘン(地名)
 

Going through some old books in his father's antiques shop in Naarden near
Amsterdam, Paul van den Heuvel stumbled upon a postcard sent and signed by
Anne Frank in 1937 to a friend.
  “I just found it in a box, which probably came from an Amsterdam flea market,”
Van den Heuvel, a teacher, told Dutch television yesterday.
 
 抄訳:
 Paul van den Heuvel という人、アムステルダムにある父親の古物店で古い本を調べていたら、アンネ フランクが友だちにあてた絵はがき(名前入り)を偶然見つけたという。アムステルダムのノミの市から来た箱の中にあったものだと言っている。
 
  Anne Frank's Jewish family led Nazi Germany in 1933 and settled in Amsterdam.
During the Second World War the Nazis occupied the Netherlands and began deporting Jews to the death camps in 1942, prompting the Frank family to go into hiding in a secret annex in a canal-side house.
 
 抄訳:
 ユダヤ人のアンネ家族は、1933年、ナチスドイツにしたがい、アムステルダムに移り住んだ。第二次大戦中の1942年、ナチスはユダヤ人を死の強制収容所に追いやったが、アンネの家族はある家の秘密の場所に隠れた。
 
  The Anne Frank museum, which includes the attic hideaway and now a top destination for visitors to Amsterdam, confirmed the postcard's authenticity.
 
 抄訳:
 アンネ博物館はその絵はがきの信ぴょう性を確認している。
 
  Anne sent the postcard to her friend Sanne Ledeman in December 1937 when Anne was staying with her grandmother during a visit to Germany's Aachen.
  Anne's diary of her years in the secret hiding place was later published by her father.
 
 抄訳:
 そのカードは、アンネが友人のSanne Ledeman に1937年12月に送ったもので、ドイツのアーヘンを訪れたときに祖母と過ごしたときのことだ。
 隠れ部屋で過ごしていたときに書かれたアンネの日記は、のちに父親によって出版された。
 
 
 この話はともかく、第一段落にある英文について、少々。
 
 Paul van den Heuvel stumbled upon a postcard sent and signed by Anne Frank in 1937 to a friend.

  この文の後半は、"Anne Frank sent a postcard to a friend in 1937" となりますね。「アンネは友だちに絵はがきを送った」というkとです。この中の 'to a friend' のところの問題です。
 
 「アンネは友だちに......」と言う場合、日本人の多くは 'Anne ......to her friend' と思いがちですよね。「私は、友だちとどこどこに行った」と言う場合も、'I went .......with my friend' としがちです。
 
 ご存じかと思いますが、そう言ってしまうと、彼女の(私の)友だちは一人しかいない、という意味になりますね。
 この点は、日本人英語学習者の盲点でして、「友だちが何人かいて、そのうちの一人」のことを指すのがふつうでしょうから、正しくは 'to (with) one of her (my) friends' ですね。
 そう言うのも面倒な場合は、「友だちといえる人」くらいにしておいて、'to (with) a friend' としますね。上の記事はその言い方を採用している、というわけです。
 
..........................
 下の本は、my, your, her などを「指示語の一種」と位置づけて、冠詞の a との比較を徹底的に論じています。上のような話も出てきます。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 下のURLから覗いてみてください。
 
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718
 .......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   
人気ブログランキング  
 
posted by Tokyo Ginji at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。