ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2010年04月03日

106 赤ちゃん死亡、デジャヴ?

 Dead baby déjà vu in East Van
 
 忙しくて、久しく更新できませんでした。久方ぶりの記事です。
 
 「déjà vu」というのはフランス語で、既視体験とでも訳しましょうか。イーストバンクーバーでなんとも不思議なことがあった模様です。
 
 「24 hours」(2010,4,)の記事より。
 
 
.............................................
30秒英語コーナー
 
 newborns : 新生児
 
 convince : 確信している

 foul play : 犯罪行為、暴行 

 investigator : 取調官
 
 give birth to the baby : 子を産む 
 
 coroner : 検死官
 
 seasoned : ベテランの 

 death as suspicious : 不審死
  
 Const. : 警察官(constableの略) 

 the Crown : 検事
 
 
  The mother at the centre of two investigations involving the deaths of her two newborns is currently free.]
 
 新生児二人の死亡にかかわる捜査の中心にいる母親は、現在のところ、自由の身である。 

  Vancouver police were convinced the woman’s second baby met foul play during an interview March 29.
  Investigators learned the child was born in early March but had not been seen since.
 
 バンクーバー警察は、聞き込み捜査中の3月29日にその女性の二番目の子どもが犯罪行為に遭遇したと確信している。
 捜査官たちは、その子は3月の上旬に生まれたが、それ以後は見かけられていなかったということを知っている。
 
  Police said the same woman gave birth to the baby who was found inside a plastic bag outside her home in the 2500 block of Charles Street in March 2009. Coroners ruled the first death as suspicious.
 
 警察によると、同女性は、2009年3月にCharles Street 2500番にある彼女の家の外でポリ袋に入れられて見つかった子どもを産んでいたという。検死官は最初の不審死と裁断した。  
 

  “The reality is there are no restrictions on her freedom, her movement, any of her activities just because she’s involved in an investigation,” explained Const. Jana McGuinness. “She’s not charged with anything.”
  Police began searching for the newborn Wednesday at the same location where the first infant was found.
 
 「現実的には、調査中ゆえに、彼女の自由、引っ越し、行動のいっさいを制限しえない。何らの容疑もないのだ」(Jana McGuinness警官の説明)。
 警察は、最初の幼児が発見されたところと同じ場所で新生児の捜索を始めた(水曜日)。 
 
 
  “It’s difficult even for  seasoned investigators to manage a case like this,” said McGuinness. “No one would ever think they would be doing an investigation like this again inside of a year.”
 
 「ベテランの捜査官でもこういうケースを扱うのはむずかしいことだ。一年以内に再びこういう捜査をしているなんて誰も思わないさ」(McGuinness)。
 
  Recovering the child’s body is essential for investigators looking to press  homicide charges through the Crown. McGuinness was unable to comment on  the woman’s state of mind or any interviews with family.
 
 子どもの体を取り戻すことが、検事を通して殺人罪を主張しようと努めている捜査官たちには重要なことだ。McGuinnessは、女性の精神状態や家族への取り調べについてはコメントしていない。
 
 
 警察が昨年3月の不審死で取り調べをやっている最中に、次に生まれた子をまた殺した? なるほど「既視体験」的ですが、どうもカナダの警察はどこかネジがゆるんでいるような気がします。
 捜査中に似た犯罪をまた許すなんておかしなことです。それも同じ家庭ですからね。殺人鬼があちこちで殺人を犯したという状況ではないのです。「一年以内に再びこういう捜査をしているなんて誰も思わないさ」なんてのんきなことを言っている暇はないはずだがね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
 
  
posted by Tokyo Ginji at 13:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

102 寿司ドライバー?

  No criminal responsibility for sushi driver
 
 見出しにある「sushi driver」って何だろう?
 
 「metro」(09,10,23)の記事です。
 
 
.......................................................
30秒英語コーナー
 
 criminally responsible : 刑事責任がある 

 remand : 送還する

 psychiatric facility : 精神病施設
 
 alcohol withdrawal : アルコール禁断症
 
 undergo : 治療を受ける
 
 brain surgery : 脳外科手術 
 
 psychiatric assessment : 精神医学的評価
  
 minimize : 最小限にする
 
 treatment : 治療


     
The man who killed two women and injured six others when he drove into a Maple Ridge sushi restaurant has been found not criminally responsible for his actions.
 
 Maple Ridge の寿司レストランに車をつっこみ、女性二人を死亡させ、六人を負傷させた男が刑事責任を免れることになった。
 
  Brian Irving, 51, will be remanded in a psychiatric facility. Irving, who is said to
have been suffering from alcohol withdrawal and has undergone brain surgery,
drove into Halu Sushi in August 2008.
 
 Brian Irving (51)は、精神病施設に送還されることになる。Irving は、アルコール禁断症状を患い、脳外科手術を受けているといわれ、2008年8月にHalu 寿司に車でつっこんだ。
 
  Psychiatric assessments have been ordered to determine what risk Irving presents, and what treatments could minimize that risk.
 
 精神医学的評価によると、Irving がどういう危険を引き起こし、その危険性を最小限にするにはどういう治療が出来るのか、ということを決めるように命じられている。
 
  
 これだけの記事です。
 
 要するに、精神疾患のある人の行為には刑事責任は問えない、という話でした。
 
 それにしても、寿司屋に車でつっこんだ人を「sushi driver」と呼ぶなんて、なんとも驚きです。ちょっと聞けば、「寿司屋の運転手」かな? と思いますよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
posted by Tokyo Ginji at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

99 スカイトレインには気をつけて

  No help for man beaten on camera
  Need more SkyTrain security: NDP
 
 スカイトレインでは、事件がよく発生します。セキュリティが問題になっていましたが、またあったようです。 

 「metro」(09/7/28)の記事です。
 

.........................................
30秒英語コーナー
 
 jostle :押し合う
 
 four to five minutes :四、五分
 
 bruise :打撲傷
 
 outrageous :非道な
 
 unconscious :意識を失うような
 
 what if 〜 :〜したらどうなるんだ? 

 stab :刺す
 
 coincidently :同時に
 
 scamper :追いかける、走り去る


B.C.’s New Democrats called for better monitoring of transit security cameras after a Canada Post employee jostled with a robber for “four to five minutes” in full view of cameras and no help arrived.
  Ravinder Sidhu had his glasses broken and suffered bruises and a sore elbow when he was robbed on the platform at Surrey Central SkyTrain Station at 1 a.m. on July 15.
  “This is totally outrageous,” Sidhu said. “What if I had been knocked unconscious or been stabbed?”
  Sidhu was on his way home from work where coincidently earlier in the
day he and other employees had received a briefing on SkyTrain safety.
 
 要約にしましょう。
 
 強盗と四、五分間のもみあいがセキュリティカメラに映っているのに誰も助けに来なかった。サーレイ駅、午前1時のことだ。
 「これはあまりに極悪非道だ。気を失うほどに殴られたり、刺されたりしたら、どうなるんだ?」
 その日、スカイトレインの安全性に関する概要を聞いていたという。
 

  His bus had not arrived at the loop below the station, so Sidhu sat on one of the platform benches and began to rearrange his bags.
  That’s when a man came up to him, asked him for a cigarette and then robbed him. “I was tackled by this robber,” Sidhu said. “I was jostling with him on the ground for roughly four to five minutes. I was yelling ‘help, help, help’ all the time and not one person came to my aid.”
  It was only after the man had scampered off with Sidhu’s watch and his newly purchased universal remote control that Sidhu was able to call for help on a security phone.
 
 プラットフォームでカバンを整理し直していると、一人の男がそばに来て、タバコくれないかと言ってきたと思うと、つかみかかってきて、およそ四、五分は地面に倒れてもみあい、その間、「助けて、助けて」と言ったが、誰も来なかった。セキュリティ電話で助けを呼ぶことができたのは、時計と新しく買った多目的リモコンを取られて逃げられたあとだった。 
 
 
  Yesterday, NDP transportation critic Harry Bains repeated his call for more police on SkyTrain and for the continual monitoring of security cameras.
  TransLink spokesman Ken Hardie said having transit police staffing every station or having people watch each of the 900 cameras would be “an enormous waste of resources” at a time TransLink is drawing down reserves to fund the system.
 
 警官の数を増やすこととセキュリティカメラの連続監視が望まれるところだが、Translink社のスポークスマンはこう言います。各駅に警官を配備することや、900のカメラの一つ一つを監視させることは、「資金の巨大な浪費だ」という。
 
 
 もう一度言いますが、スカイトレインの夜遅くはキケンですよ。
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい上位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
 
posted by Tokyo Ginji at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

96 ノートパソコンに殺された?

  Woman killed after being hit by her laptop during car crash
 
 こういうこともあるもんだ。
 
 いくらか重いものを車の中に置くときは、その置き場所に注意しないといけませんね。この事故死、それを教えてくれています。
 
 「metro」(09/4/16)に短い記事が載っています。
 
.....................................................
 30秒英語コーナー
 
 Surrey :カナダのB.C.州にあるサリー市
 
 after :ここは、単に「〜のあと」ではなく、「〜のあとだから、〜のあとを受けて」といった因果関係をあらわす接続詞
 
 killed by her laptop :「殺された」のあとが by 〜 ですね。by を使う受動態表現はそれほど多くはなく、およそ1割から2割程度ではないかと思います。
 by は「犯人」を言うときに使います。だから、この部分は、直訳すると、「laptopに殺された」という意味になります。だれかがlaptop を使ってだれかを殺したのなら、with a (his/her) laptop ですね? 私も見出しを見て一瞬「おや?」と思いました。確かにby になっています。そうすると、laptop が「犯人」だ、と言っているわけです。
 
 belonging :持ち物
 
 laptop :膝(lap)の上(top)に置いて作業ができるパソコン=ノートパソコン
 
 tow truck :レッカー車
 
 investigator :捜査官、検死官
 
 CBC :カナダ放送協会
 
 
Police in Surrey are warning people to keep their belongings secure while they’re driving after a woman was killed by her laptop.
  Heather Storey, 25, from Delta died last month after getting into an accident with a tow truck.
  Investigators concluded that Storey was killed by her laptop, which had been in the backseat and hit her in the back of the head during the accident, CBC News Online reports.
 
 サリーの警察は、女性がラップトップで命を落としたこともあって、車を運転している間は持ち物を安全な状態にしておくように、と人々に注意を呼びかけている。
 Heather Storey(25、Delta出身)さんは、レッカー車との衝突事故にあい、先月、亡くなった。
 捜査官の結論によると、Storeyさんは、自分のラップトップパソコンのせいで亡くなったという。ラップトップは後部座席に置かれていて、衝突事故の際にそれが彼女の後頭部に当たったということだ(CBC ニュースオンライン報道より)。
 
 
 つまり、衝突の衝撃でノートパソコンが後部座席から飛び出して彼女の後頭部を直撃した、ということですね?
 
 ノートパソコン(こちらでは「ラップトップ」という言い方がふつうですが)って、数キロですよね? 彼女が運転していたんでしょうが、彼女との距離を1.2メートル前後とすると、要するに、パソコンを凶器にしただれかが背後から強打した、ということと同じ感じになりますね。
 捜査の結論が正しいということを前提すると、こんなことがありえるんですね。おどろきました。
 
 みなさんもお気をつけください。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 上のbyについても詳しいですよ。受動態に使われるbyと「〜のそば」その他の場合に使われるbyの共通性がすっきりと書かれています。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい上位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
 

 
 
posted by Tokyo Ginji at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

90 爪切りで脱獄?

  Prisoners escaped with shower rod, nail clippers

 これは、いつか映画化されるかな? 脚本次第ですがね。
 
 「metro」(09/3/13)が報じています。
 
........................................
30秒英語コーナー 
 
 prosoner :囚人(ただし、ここの文脈では、拘置所に収監されている未決囚のことを指している)

 Regina :リジャイナ(カナダの地名)
 
  jail :拘置所
 
  chip :削り取る、切り取る
 
 nail clippers :爪切り
 
 makeshift :間に合わせの
 
 murder charges :殺人罪
 
 brick exterior wall :レンガの外壁

 inmate :収容者

 shower rod :シャワーのロッド(取っ手部分)
 
 braid :編む、よりあわす
 
 scale :よじ登る 
 
 compound :収容所(拘置所)の敷地

 Saskatchewan :サスカチュワン州(カナダ西部の州)

Six high-risk prisoners escaped a Regina jail last summer after spending four months chipping a path to freedom with nail clippers and other makeshift tools, according to a government report released Thursday.
 
 危険度の高い未決囚が六人、昨年夏、リジャイナ拘置所を脱獄した。爪切りと他の些細な道具を使い、四ヶ月かかって自由への道を奪い取った。(木曜日に公表された政府報告書による) 

  The prisoners, four of whom faced murder charges, used their tools to remove a heating grill and steel plate and win access to a brick exterior wall.
 
 その未決囚たち(そのうち四人は殺人罪になりそうだが)、もっている道具を使って、グリルと鉄板を取り去り、(建物の)レンガ作りの外壁へ達した。 

  While some inmates played cards at a carefully positioned table to block the guards’ view, others chipped away at the wall, finally breaking through with a steel shower rod. They then used braided blankets and bedsheets to scale a wall of the compound and escape.
 
 何人かが、看守の目をブロックするような位置取りに気をつけてテーブルに座ってカード遊びをしている間に、他が壁を削り抜き、最後にスチール製のシャワーロッドで貫通させた。それから、毛布とシーツをよりあわしたものを使って、拘置所の敷地の壁をよじ登って脱獄した。
 
 
 それにしても、看守の目の届く範囲での犯行ということなのに、気づかなかったんですかね。
 
 どうやら、そのとおりらしく、以下、次の通りに記事がつづいています。

  The report team made 23 recommendations, all of which the Saskatchewan government accepted yesterday.
  The government will spend $87 million building a new centre in Saskatoon for prisoners awaiting court dates and $9.4 million to bolster security equipment in prisons.
  The report said at least 87 prison workers had supervised the six prisoners’ unit without detecting the escape preparations. Some guards had suspected
something was being planned, but they did not interview the prisoners.
  “It was shocking,” said Saskatchewan Corrections Minister Darryl Hickie, a former police officer and prison worker.
 
 「何かたくらんでいるな、と疑った看守が何人かいたが、本人たちに何も聞かなかった」というのでは、何ともいやはや。「カナダ人はけっこうアバウト」という風評がこんなところで当てはまってはね・・・。
 
 これを材料にして映画化するには、このままでは間抜けすぎるので、かなりの脚色が必要のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング  
posted by Tokyo Ginji at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

80 秋葉原歩行者天国殺人事件(Anyone was OK.)

   Man goes on stabbing rampage
 
 先週の記事です。秋葉原の無差別殺人事件の報道です。
 
 「歩行者天国」のはずが「地獄絵図」に急変した狂暴な事件です。
 
 「24 hours」(08.6.9)より。
 
..............................
30秒英語コーナー
 
 tired of life : 「人生がイヤになる」あるいは「世の中がイヤになる」というところ。tired from ~ は「~に疲れた」という意味。
 
  stab : 刺す
 
 rampage : 狂暴な行為
 
 pedestrian : 歩行者
 
 passer-by : 通りすがりの人、通行人
 
 Anyone was OK. : 「だれでもよかった」……シンプルな表現ですね。
 
 Tokyo police : 警視庁
 
 at random : 手当たり次第に
 
 blood-splattered : 血を浴びた 
 
A man who said he was tired of life went on a stabbing rampage on Sunday in a crowded Tokyo shopping street, killing seven people and wounding a dozen others.
  The man drove a rental truck into a crowd of pedestrians at lunchtime and then walked down the street knifing passers-by in Akihabara district, known for its discount electronics and maid cafes.
 
 世の中がイヤになったという男が凶暴な殺傷に走った。日曜、人通りの多い東京の商店街で、7人を殺し、12人を負傷させたのだ。
 男は、レンタルトラックを運転し、昼食時、通行人の群衆の中に突っ込み、(車を降りて)道路を走りながら通りすがりの人々をナイフで刺した。秋葉原というディスカウント電気製品とメイドカフェで有名な街でのこと。
 
  “I came to Akihabara to kill people,” Kyodo news agency quoted the attacker as telling police. “I am tired of the world. Anyone was OK. I came alone.”
  A Tokyo police spokesman said at least seven people had been killed and 12 wounded.
 
 「オレは人を殺しに秋葉原に来た」(共同通信……襲撃犯が警察に語ったところによる)。「世の中がイヤになった。だれでもよかった」。
 警視庁によると、7人が死亡し、12人がけがをしたという。
 
 
 この記事は、以下、こうつづいています。 
 
  “The man jumped on top of a man he had hit with his vehicle and stabbed him with a knife many times,” Kyodo quoted a witness as saying.
  “Walking toward Akihabara Station, he slashed nearby people at random.” The dead were six men aged 19 to 74 and a 21-year-old woman, the news agency said.
  The police said a man had been arrested, and television stations showed a slight, blood-splattered 25-year-old being herded into a police car. - Reuters


 カナダではピクトン裁判が一段落したところでした。
 手当たり次第の殺人事件は、動機が「人殺し」そのものだから、人間の本質を考えさせられます。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ↓実に親切な英文書です。納得のいくe-bookです。とくに語順の話は、心理学に基づいていて、なるほど、です。中学生でも無理なく読めます。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718  ¥5,200
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 いま急激に売れ、インフォトップの語学部門第1位です(5月調べ)。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング 

 
 
 

 
posted by Tokyo Ginji at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

73 ピクトン、第二次裁判?

   Second Pickton trial put on hold
 
 
 久しぶりの更新です。それに、久しぶりの「ピクトン情報」です。

 前の裁判は、6人の第二級殺人容疑について「懲役25年」で結審していましたが、今度は、別の20人の殺人容疑についての裁判関連のニュースです。
 
 「24 hours」(08.4/8)より。
 
............................................
30秒英語コーナー
 
 frustrated : 不満だ、くやしい、納得がいかない
 
 another year :もう一年
 
 stand trial : 裁判にかけられる(裁きを受ける)
           この場合の stand は他動詞で、「立てる」あたりの意味。
 

  A B.C judge : うっかりすると、「ABC」に見えます。a judge に B.C(ブリティッシュ コロンビア)が加わって a B.C judge となり、それが文頭に来たので A B.C judge になった、というだけのこと。
 
 decide against 〜ing : 〜しないことを決める、〜するのをあきらめる
 
 as far as I'm concerned : 「私としては」くらいの意味
 
 hear : この文脈では「審理する」くらいの意味
 
 as long as 〜 : 〜するかぎり、〜するのであれば
 
 
The sister of one of Robert Pickton's alleged victims says she's frustrated she'll have to wait at least another year before knowing if the convicted serial killer will stand trial for the murders of 20 more women.
 
 ピクトンに殺害されたといわれる犠牲者のうちの一人の妹(姉)が言う。有罪判決を受けた連続殺人者が別の女性20人の殺人容疑で裁判をうけるかどうかがわかるのに少なくともあと一年は待たねばならない、というのは納得がいかない。
 
  A B.C. judge yesterday decided against setting a date for a second murder trial for the Port Coquitlam pig farmer, who was convicted in December on six counts of second degree murder, until after a pending appeal process is complete.
 
 B.C.州判事が昨日、審理中の上訴手続きが完了するまではロバート ピクトン(6人の第二級殺人罪で12月に有罪判決を受けた養豚業者)の第二次裁判の日程は決められない、と語った。
 
  Standing outside court yesterday, Susie Kinshella said she was tired of waiting.
  “My sister, Wendy Crawford, was killed, and Robert Pickton, the government came to my house and said he murdered her,” Kinshella said. “So as far as I'm concerned, I should have a guilty or a [not guilty] charge against [him] so I can put closure to this.”
 
 昨日、法廷の外で、Susie Kinshella は「待ち疲れた」と言う。
 「私の妹(姉)のWendy Crawford は殺されたのです。政府関係者が家に来て、ピクトンが殺したのだと言いました。だから、私としては、有罪か(無罪の)嫌疑かをはっきりさせたい。そうすれば、私はこれに決着をつけることができる」
 
  Pickton has appealed his convictions for murdering Sereena Abotsway, Mona Wilson, Andrea Joesbury, Brenda Wolfe, Georgina Papin and Marnie Frey. The appeal is scheduled to be heard in late March 2009.
 
 ピクトンは、6人の殺害についての有罪に対して上訴している。その上訴は2009年3月末まで審理される予定だ。
 
  But the Crown has already declared it won't proceed with a second trial on 20 further counts including Crawford's as long as the convictions are upheld.
  “It's disturbing,” Kinshella said. “If they write the other 20 women off … then it goes down in our history books that Robert Pickton was in jail for 25 years for killing six women. Not 26 women.”
 
 しかし、正検事が表明しているところでは、その有罪が確定するのであれば、Crawford を含む20人に関する第二次裁判に進むことはないということだ。
 「困ります」とKinshella は言う。「彼らが別の20人分(の訴状)を書き上げたとしても、そのときは、私たちの歴史の本の中では、ピクトンは6人の女性殺人で監獄に25年いたで終わっています。26人じゃないんですよ」
 
 最低25年は仮釈放もされないという判決でしたから、老齢のピクトンにすれば、それが確定すれば、…………ですね。
 ただ、カナダの刑事訴訟法ではどうなっているんでしょうか?
 
......................
 いまかなり売れているe-bookです。心理学をベースにして英語を解説しています。特に大学生や英語教師に向いています。中学生でも読めますよ。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 下のURLから覗いてみてください。
 
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718
 .......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   
人気ブログランキング  

posted by Tokyo Ginji at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

72 またもやガンマン大学襲撃(いまならビデオで)

Gunman, 5 others dead after U.S. shooting

Black-clad shooter was former student at Northern Illinois University near Chicago; motive unknown


 アメリカは末期的状況か? ついこのあいだ起きたと思っていたら、またか、……。
 
 まず、ニュースビデオを。


 
 本日は、「The Vancouver Sun」(08/2/15)から。
 
......................................
30秒英語コーナー
 
 a black-clad man :「黒ずくめの男」というところでしょう。何度か紹介している「ハイフンつながり形容語」です。
 
 fired ........., killing ............, before shooting himself..... 
  :こういうつながりは、「発砲して、殺し、そして自殺した」と前から順に理解するといいです。
  特に、before は「〜の前に」ではなく、「その後〜した」のほうが頭にフィットします。
 
 bleed :出血する
 
 flee :逃げる
 
 なお、この新聞は、段落がかわっても、段落の頭を字下げしません。そのかわり、段落ごとにいくらか空白を置いています。

A black-clad man fired into a lecture hall packed with students at an Illinois university today, killing five people and wounding 18 before shooting himself dead, police and college officials said.


The gunman, who police said had a shotgun and two handguns, stepped onto the lecturer's stage near the end of a mid-afternoon geology class at Northern Illinois University and began shooting down the room, sending terrified and bleeding students fleeing, witness said. He then shot himself on the same stage.

 
 黒ずくめの男が、イリノイ州の大学で、学生でいっぱいの教室に向かって発砲し、5人を殺害し、18人にケガを負わせ、そして、自らを撃って自殺した(警察および大学当局談)。
 ガンマンは、警察によると、ショットガン(散弾銃)とハンドガン(ピストル)をもち、北イリノイ大学の昼の地質学講義が終わる頃、教室の壇上に上がり、発砲をはじめ、恐怖におののき負傷した学生たちが逃げまどうこととなった(目撃者談)。その後、ガンマンは同じ壇上で自分を撃った。

 
Police on the 25,000-student college located about 100 kilometres west of Chicago said the gunman was a former student but they did not publicly identify him and said they did not know the motive in the latest in a series of shootings at U.S. colleges and high schools.
 
 元学生ですか。
  

University president John Peters said there had been a "very brief rapid fire assault that ended with the gunman taking his own life." He said those killed by the gunman were all students - four women and one man - and that four were in critical condition in hospitals. The instructor teaching the class survived, he said.

 
 死亡は、女子学生が4人、男子学生が1人。負傷したうちの4人は重体。
 
 講義をしていた教師は無事のようです。
 
"I ducked behind the seats and ran out the door," student Zach Seward told the local Daily Chronicle newspaper.
"As I was running, I just kept waiting for something to hit me in the back. I didn't know where to run, tried to decide where it's safe to be, and there isn't anywhere safe."
 
 逃げまどう様子がよくわかります。
 
.....................................
30秒英語コーナー
 
 major  :専攻
 
 have since enrolled  :このsince は副詞で「その後」の意味。「その後〜に入学した」ということ。
 
 snow-covered  :雪に覆われた 
 
Peters said the gunman was a sociology major who last attended classes as a graduate student in the spring of 2007 and who may have since enrolled at a different college. He said he had no police record or previous contact with police.
 
 学長の話では、ガンマンは、2007年春に大学院生として社会学専攻に入り、その後、別の大学に入ったようで、逮捕歴はなく、警察にやっかいになることもなかった、という。
 

One student told local radio that roughly 140 students were in the classroom when the man opened fire. Ambulances swarmed onto the snow-covered campus and classes were cancelled for the rest of the day.


"Some girl got hit in the eye, a guy got hit in the leg," George Gaynor, a student who was in the hall told the Northern Star, the student newspaper on the campus.


Kristina Balluff, a student, said the gunman was dressed in black pants and had fired randomly from the raised classroom stage.


"I looked at this girl next to me and actually said, `is this real?' I think the professor ... ducked out of the way."

 
 でしょうね。「これ、現実?」と思うでしょうね。
 
Mass shootings are not rare in the United States, where gun control is less strict than in many countries and where the gun-ownership lobby is politically influential.


A university in Blacksburg, Va., Virginia Tech, became the site of the deadliest shooting rampage in modern U.S. history in April last year when a gunman killed 32 people and himself.


Last week, a nursing student shot dead two women and killed herself in front of horrified classmates at a college in Louisiana.


 上が、先週の事件です。
 
In December, a threat was found scrawled on a wall at Northern Illinois University referring to the Virginia shooting and threatening similar violence, but officials said they had no reason to link that to today's incident.
 
 銃規制はアメリカではむずかしそうです。
 
......................
 いまかなり売れているe-bookです。心理学をベースにして英語を解説しています。特に大学生や英語教師に向いています。中学生でも読めますよ。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 下のURLから覗いてみてください。
 
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718
 .......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   
人気ブログランキング 

posted by Tokyo Ginji at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

67 ピクトン、25年仮釈放なし

   Pickton gets 25

 ピクトンは、第一級ではなく第二級殺人で有罪でした。このちがいは、犯意として計画性があったかなかったかの差によるもののようです。また、いずれも終身刑ですが、仮釈放が可能になる時点の差もでてきます。
 第一級は最低25年間は仮釈放は不可、第二級は10年から25年間は不可、のようです。
 
 で、どうなったか。
 
 ピクトンは、25年間仮釈放不可、となった模様です。ということは、第一級の最低線と同等で、実質的に第一級殺人有罪に等しいわけです。
 
 裁判所は、どうやら、量刑の点で被害家族の心情を汲み入れたようですね。
 
 「metro」(07/12/12)が伝えています。
 
................................................
30秒英語コーナー

 erupt :爆発する、噴出する
  erupt in cheers で、「歓声がわき起こる」といった感じになる。
   
 raucous : この文脈では、「大いに」くらいの意味。「騒々しい」の意味でよく使われる。 
 
  available :基本的に「利用できる、有効な」という意味の形容詞。
  とても特殊な語で、自分の付近に何かの語を引き連れて、名詞を後置修飾する形になることが多い。たとえば、記事の本文は、sentence available to him under the law となっているが、これは、sentence which was available 〜 のwhich was の省略と考えるとわかりやすい。
 
 death :この文脈では「殺戮(さつりく)、殺人」あたりが適当。
 
 a category of its own :「範囲自体の中の範囲内」ということで、「ありうることだが、特別だ」の感じになる。 


The family members of Robert Pickton's victims erupted in a raucous cheer last night as Justice James Williams handed the 58-year-old serial killer the maximum sentence available to him under the law.
   Pickton will serve 25 years before he can apply for parole for six counts of second-degree murder in the deaths of Sereena Abotsway, Mona Wilson, Brenda Wolfe, Andrea Joesbury, Georgina Papin and Marnie Frey. It is the same term that Pickton would have served if he had been found guilty of first-degree murder.
 
 ピクトン被害者の家族は歓声を上げて喜んだ。昨晩、williams判事が58歳の連続殺人犯に法律で可能な最高刑を宣告したときのことだ。
 ピクトンは、25年の刑期を務めることになる。その後、仮釈放申請はできる(Sereena の殺戮以下、6件の第二級殺人罪である)。これは、第一級殺人となった場合に務める期間と同じである。

   Defence counsel Peter Ritchie had asked that Pickton be eligible for parole
in 15 to 20 years. But Williams agreed with the Crown.
   “This case is in a category of its own,” the judge said.
 
 弁護人Ritchie は、15年〜20年の仮釈放期間が適用されることを求めていた。
 「こういうケースは特別だ」と判事は言う。


 これでピクトン裁判は終わったわけではありません。

   Pickton is still charged with firstdegree murder in the deaths of 20 additional
women.
 
 まだ、別件が残っているのです。

 ただ、58歳ですから、25年の仮釈放なしだけでも、83歳になってしまうわけです。そこに別件が加わると、実質的に文字通りの「終身刑」です。

 
 ところで、一文がやけにダラダラした文がありましたね。これです。
  
  Pickton will serve 25 years before he can apply for parole for six counts of second-degree murder in the deaths of Sereena Abotsway, Mona Wilson, Brenda Wolfe, Andrea Joesbury, Georgina Papin and Marnie Frey.
 
 訳しにくくて困ります。日本語は述語動詞が来ればそこで文が終わるという鉄則があるのですが、英語の文は「ここで終わる」という約束がないのでダラダラしがちになります。

 上の文は、before のあとは he can apply for parole for a second-degree murder となるところのはずです。6件の殺人については別立てで書くべきです。
 それを for parole for six counts of second-degree murder 〜とすると、「6件の場合の仮釈放申請」の意味に読めてしまいますよね。

......................
 この点についても、下記の本が扱っています。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 下のURLから覗いてみてください。
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718
 .......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下(または、右の欄)の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
posted by Tokyo Ginji at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

66 ピクトン、有罪

   No reaction from Pickton
 
 ピクトンは、結局、有罪でした。第二級殺人として。
 
  24 hours」(07/12/10)と「metro」(同日)が評決時のようすを語っています
  
....................................
30秒英語コーナー
 
 hold back :(涙を)をこらえる 抑える
 
 verdict :(陪審員が下す)評決
 
 guilty :(形容詞)有罪の
 
 second-degree murder :第二級殺人(カナダでは、最低10年間は仮釈放なし、という終身刑のこと)
 
 late morning :昼近く
 
   foreman :陪審長
 
 first-degree murder :第一級殺人(25年間仮釈放なしの終身刑)
 
 stun :気絶させる、呆然とさせる、当惑させる
 
   life sentence :終身刑
 
 life :(この文脈では)終身刑のこと
 
 parole :仮出所(仮釈放)期間
 
 sentencing hearing :量刑審理


Georgina Papin's three sisters cried out in anguish. Marnie Frey's mother held back tears with crumpled tissue paper. And Robert Pickton just sat motionless.
   The jury's verdict guilty of second-degree murder on all six counts Pickton faced drew a range of emotions from observers in a B.C. Supreme Court late yesterday morning.
 
 Georgina Papin の姉妹は悲痛のあまり叫び声をあげる。Marnie Frey の母はくしゃくしゃのティッシュペーパーで涙を抑える。しかし、ピクトンは無表情で座ったままだ。
 陪審員の評決は、ピクトンが問われた6件すべてにおいて第二級殺人有罪であるが、Supreme 法廷の傍聴人たちからさまざまな感情を引き出した(昨日昼近く)。
 

   But it was the first question answered by the jury foreman not guilty on first-degree murder that momentarily stunned the room.
   “No!” Papin's sisters screamed when they heard the foreman say “not guilty” to the charge of first-degree murder.
   Other family members braced themselves as the foreman continued.
 
 最初の質問で陪審長が第一級殺人無罪と答えたときは、瞬間、その部屋を凍らせた。
 「No!」 Papin の姉妹が叫んだ。陪審長が「無罪」と言ったのが聞こえたときだ。第一級殺人についてだが。
 他の家族の人たちは、かたずをのんで陪審長がつづけるのを待った。 
 
   “Guilty,” he announced, to the lesser charge of second-degree murder. The answer to each count six in all, for the six women Pickton was accused of killing in this trial followed in quick succession.
   The jury determined Pickton was guilty of second-degree murder in the deaths of Sereena Abotsway, Mona Wilson, Andrea Joesbury, Brenda Wolfe and Georgina Papin. Marnie Frey was the sixth and last count.

 つまり、第二級殺人で有罪、というわけです。
 
 つづきは、「metro」(同日)記事で。
 
 Family and friends of the murdered women initially reacted with shock and dismay when the jury returned after 10 days of deliberations with a verdict of not guilty for six counts of first-degree murder.
   The disappointment, however, faded quickly as the jury found the 58-year-old Pickton guilty of six counts of the lesser second-degree charge for the deaths of Sereena Abotsway, Mona Wilson, Andrea Joesbury, Brenda Wolfe, Marnie Frey
and Georgina Papin.
 
 要するに、「一級殺人無罪」の評決を聞いて落胆していたが、二級殺人有罪でそれが消えた、というわけです。
 
   “There was a lot of relief there, because it doesn't matter,” Kraft said.
“Life is life.”
 
 「ほっとしました。どちらでもいいですから」とKraftは言う。「終身刑は終身刑ですから」

 (Kraftというのは、傍聴人の一人で、今回の裁判案件以外の「ピクトン被害者」の家族)
 

   The conviction carries an automatic life sentence with no eligibility of parole for 10 to 25 years. His sentencing hearing begins tomorrow.

 この有罪判決は、自動的に終身刑となる。10年から25年の間、仮釈放の資格はない。量刑審理は明日はじまる。
 
 なお、カナダには死刑がありません。その制度史についてはこちらでどうぞ。

 
 「24 hours」の記事には、日本語と英語の語順のちがいを象徴する箇所がありますね。Papin姉妹が「ノー!」と叫ぶところです。
 
 日本語なら、陪審長は「第一級殺人、無罪」と言うでしょう。それが英語だから、「無罪、第一級殺人については」となりますよね。
 
 「Not guilty」が先だから、家族はそこを聞き取った瞬間に「ノー!」と叫んでしまうわけです。勇み足ではありますが、英語の必然かもしれません。
 
 ただ、「第一級殺人、無罪」全体に「ノー!」と言うこともありえますが、「metro」記事のほうで、やはり英語の必然の勇み足だったように思えます。
 
......................
 こういう英語の語順ですが、まず「語順」という用語は不確かですね。「欄順」と呼ぶ方が適切です。
 この点については、下記の本が詳しいですよ。その本では、日本語と英語の欄順について、心理学に基づいた分析がされています。基本的に「人間の頭のしくみは同じ」という立場に立っています。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 こちらからちょっとのぞいてみてください。
 日本人なら、びっくりする情報ばかりです。学校で習った英文法では通用しないことがわかります。
  
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下(または、右の欄)の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。  

posted by Tokyo Ginji at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

57 その人なら当時は生きていたよ:ピクトン裁判

 Witness IDs body
 
 
 日本でもふたたび陪審員制度がはじまりますよね(「裁判員」というようですが)。「ふたたび」と書いたのは、終戦直前までの約20年間は日本にもあったようですから。
 
 陪審員なんて、私に務まるんだろうか? 重責ですよね。
 
 たとえば、「死体を被告人の家で見た」という証言は信用できるかどうか、という点が争点になったら、何を基準に判断すればいいんでしょう。印象だけで判断されたら、冤罪事件が続出するような気がします。 
 
 その点で、ピクトン裁判の検察側重要証人の例は、いろいろと考えさせられます。
 
 「24 hours」(07/7/5)より。全文です。
 
 
....................................
30秒英語コーナー
 
 accuse :罪を問う (通常は「告訴する」「告発する」という意味で使われますが、「告訴、告発」は被害者自身か第三者がおこなうことなので、ここは「罪を問う」くらいがいいでしょう。ただし、an accused serial killer の場合は、「連続殺人の被告人」とするといい)
 
 flip :パラパラめくる
 
 supposedly :たぶん
 
 all part of :ついてまわること、必ずあること、いつものこと (all と言っているのに、part です。直訳すれば「すべての部分」ですが、 parts ではありません。。だから、「何かに関してはいつも見える部分」くらいの意味です)

 the back-and-forth :形容詞や副詞で使われるなら、「行ったり来たりの〜」あたりの意味ですが、ここは名詞です。「やりとり」くらいでいいでしょう。
 
 binge :どんちゃん騒ぎ



Asked to identify the woman whose bloody body she saw hanging, butchered, in Robert Pickton's slaughterhouse, the Crown's star witness flipped through 69 photographs of missing women and chose a picture of Georgina Papin.
   But Papin one of six women Pickton is accused of killing was seen alive March 21 1999, one day after the witness says she was supposedly killed.
 It's all part of the back-and-forth between Lynn Ellingsen and the defence in this trial of an accused serial killer.
   “‘That was the girl that got into the truck with Willy [Pickton] and I that one night when we went to Vancouver,’” Brooks said, reading Ellingsen's words from her police statement.
   Ellingsen last week testified she and Pickton had picked up a woman, a street sex-trade worker. She awoke from a drug binge later that evening, she claimed, to find the woman's body, hanging from a chain in Pickton's barn.
 
 ピクトンの食肉処理場で、どの女性が血だらけの死体でつるされ、虐殺されていたのを見たというのか、と識別を問われ、検察側の重要証人は、行方不明の女性69人の写真をパラパラとめくり、Georgina Papin の写真を選んだ。
 しかし、Papin は、ピクトンが殺人罪に問われている6人の女性のうちの一人だが、1999年の3月21日には生存を目撃されている。彼女がたぶん殺された日と証人がいう日のあとのことだ。
 この裁判では、エリングスンと被告人側弁護人との間のやりとりでいつも出てくることです。
 「その人は、Willy(ピクトン)と私がトラックに入れ込んだ女性です。私たちがバンクーバーに出かけたその日の夜のことです」と、エリングスンが警察で陳述した言葉を読み上げて弁護人ブルックスが言う。
 先週エリングスンが証言したのは、自分とピクトンが街娼婦の女性を迎えに行った、ということだった。その夜遅く、ドラッグどんちゃん騒ぎから覚めて気づいたら、ピクトンの納屋で鎖につるされた女性の死体を見た、と言ったのだった。


 
 証人がいつ現場を見たのかが最大の問題のはずですが、この点がいまいち明確になっていないようです。
 でも、「たぶんその日だ」とする証言が現実とはくいちがっているとすると、証言の信憑性を陪審員はどう判断するんでしょう。
 
 その上、コカイン中毒者ですよね。被告人側の弁護士はことあるごとにそこを突っつくわけです。
 
  
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
posted by Tokyo Ginji at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

54 あなたが見たのは幻覚でしょ:反対尋問の典型(ピクトン裁判)

 Witness' drug history probed


 証人が「死体を見た」といったのだから、反対尋問は「見ることは不可能だった」か「見まちがいか記憶ちがいか作り話だ」のどちらかの筋でいくしかない。
 
 「不可能」のほうは、証人は当日その場にはいなかった、というアリバイ証明をしなくてはならない。これは、証人の家族や友人などを丹念に調査すればできないことはないが、「その場にいた可能性もある」という結果にならないともかぎらない(私なら、一応トライはしてみるが)。
 新聞記事を見ると、弁護側は、この問題には触れていないようです。
 
 「見まちがい云々」のほうは、被告人側のこの弁護士がやったようにするのが一つの典型だ。
 
 「24 hours」(07/6/27)で見てみます。
 
 
...............................
30秒英語コーナー
 
 Defence lawyers :弁護側
 
 cross-examining :反対尋問をする
 
 Crown :検察側
 
 grasp for words :(本文の文脈では)ことばを探す
 
 mental health act :精神保健法
 
 paranoid :偏執症
 
 hallucination :幻覚 (visual hallucinatioon で幻視=視覚上の幻覚)
 
 
 
 
Defence lawyers have taken a cautious start to cross-examining a woman seen as a crucial Crown witness in the Robert Pickton trial.
   Lawyer Richard Brooks yesterday kept his distance from the startling, potentially explosive testimony given a day before by Lynn Ellingsen, who lived briefly on Pickton's farm.
   Instead, he focused on the witness' extensive history of cocaine use and personal problems, leaving Ellingsen grasping for words and twice asking to be briefly excused from court.
 
 弁護側は、女性への反対尋問を慎重に切り出した。ピクトン裁判の検察側重要証人と見られる女性への反対尋問だ。
 昨日の弁護士リチャード ブルックスは、一日前の驚くべき、底に爆弾があるような証言‐ピクトン農場に少しのあいだ住んでいたというリン エリングスンの証言‐から距離をとっていた。
 その代わりに彼が焦点を当てたのは、証人のコカイン常習と個人的な側面の問題に関する広範囲の履歴についてである。エリングスンが言葉を探しているあいだ、二度、法廷にかんたんにその許しを求めた。
 
  
   It's the first time in this trial that testimony has linked Pickton to a dead woman. But it's also unclear whether Ellingsen remembers when the ‘barn incident’ happened. Brooks didn't seize on that yesterday, but his questioning took a personal tone.
 
 ピクトンと死んだ女性とをつなぐ証言があらわれたのは、この裁判ではじめてのことだった。しかし、エリングスンが「納屋での出来事」はいつのことだったのかを記憶しているかどうかは、不明でもある。ブルックスは、昨日はそれには触れず、個人問題の調子を帯びた質問方法をとった。
 
 「納屋での出来事」とは「死体を見た」という日のことでしょうが、その日を特定することがなかったようですね。あとでやるのでしょうかね。
 
 このあとが、反対尋問の典型です。
 
 
   “You're an alcoholic, are you not, Ms. Ellingsen?” he said.
   “Yes,” Ellingsen replied after a pause, her voice breaking.
   “Part of your alcoholism is, once you start drinking, you have difficulties stopping. Don't you?”
   “I've been like that, yes.”
   “What would you say is your strongest addiction?” Brooks continued. “Crack or alcohol?”
   “Today? Actually I'm doing quite well at the moment,” said Ellingsen, who was dressed tidily in a dark sweater and white blouse.
   “You're addicted to both.”
   “I always will be,” Ellingsen said softly. “It's a fight everyday.”
   “And which is the strongest attraction for you crack cocaine or alcohol?”
   “I would say crack,” Ellingsen said, appearing to cry.
 
 クラック(純度の高いコカイン)中毒とアルコール中毒とをまず認めさせます。特にクラック中毒のほうがひどいことを認めさせます。 
 
 
   Brooks confronted the witness with medical records showing she was involuntarily committed to the hospital under the mental health act in 1995. It was her mother that had her committed.
 
 次に、証人の入院歴の記録を持ち出します。母親が困って本人を入院させたようです。
 

   “She had you committed because of your out-of-control drug abuse, your out-of-control behaviour. What do you say to that?” Brooks charged.
   “That's not my opinion of it,” Ellingsen said. “... There's a lot more that you don't know. That's private between me and my family.”
 
 薬中毒に焦点を当てます。
 
 
   And Brooks showed the witness another hospital record from 1997, in which a doctor had written that Ellingsen was “paranoid”, unable to sleep for six out of seven days and was suffering from “visual hallucinations.”
 
 もう一通の診療記録で、「パラノイド」と「幻視(視的幻覚症)」という医者の診断をもちだします。
 
 この二つにより、「実際に見たのではなく、幻視ではないか」という方向へ法廷をもっていくのです。
 
 ドラマですね。
 
 証人が言っています。
   “I've never denied that paranoia comes with using cocaine,” Ellingsen said. She previously testified crack does not give her hallucinations.


   Ellingsen's cross-examination continues today. だそうです。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

53 私は死体を見た:ピクトン裁判

 Pickton witness says she saw dead bodies on farm
 
 
  死体を見たという証人があらわれました。
 
 「metro」(07/6/26)より。
 
 
.................................
30秒英語コーナー
 
 walk in on 〜 :うっかり〜の邪魔をする (「入り込んで〜にかかわってしまう」という感じから、そういう意味になる。記事の文脈では、「怒らせてしまう」という感じ)
 
   body :死体 (記事の文脈では、「死体」が適切)
 
 slaughterhouse :食肉処理場
 
 walk me :私を歩かせる (このwalk は他動詞)
 
 be right beside 〜 :すぐに〜のそばに来る (本文は、ピクトンのセリフを引用した証言なので、 I'd be right beside her となっているが、ピクトンのセリフとしては you'd be right ・・・)
 
 

A former acquaintance of Robert Pickton, struggling to keep her composure, testified yesterday that she once walked in on the accused serial killer in his pig slaughterhouse and saw a woman's body hanging from a chain.
   “I saw this body,” said Lynn Ellingsen in a hushed courtroom. “It was hanging.”
   Pickton pulled her inside and threatened her, she said.
   “He walked me to the table and made me look and told me if I was to say anything, I'd be right beside her.” 
 
 かつてロバート ピクトンの知人だったという人が、なんとか冷静さを保ちながら、昨日証言した。うっかり連続殺人被告人を怒らせたことが一度あり、豚の処理場でですが、そこで、鎖につるされている女性の死体を見た、という。
 「私はこの死体を見たのです」と証人 Lynn Ellingsen が静まりかえった法廷で言った。「つるされていました」
 ピクトンは、彼女を中に引き入れ、脅迫した、という。
 「彼は、テーブルのところまで私を歩かせ、私に目を向け、そして言ったのです。何かしゃべろうものなら、すぐにあれのそばだぞ、って」
 

 これは重い証言ですね。この信憑性が焦点になりますね。記事の全文を引用しておきます。
 
 
 While she was not asked directly when the incident occurred, Ellingsen said she had the first two of many police interviews in 1999 and they were after the incident.
   She also told the jury that she was “completely untruthful” in her first statement, not telling police what she said she saw.
   Pickton is on trial for the murders of six women from Vancouver's Downtown Eastside neighbourhood. He faces another 20 counts.
   Ellingsen, who said she sold sexual favours and used to rip off johns but was never a sextrade worker on the street, said she has struggled with drug addiction for many years. She admitted she was using drugs and drinking alcohol that night.
 
 最後の段落に rip off johns とあります。rip off は「だます」とか「たかる」という意味で、johns は「男」のことです。
 
 風俗嬢(sexual favour)をやって、男にたかることはしていたが、街娼(売春)はしていない、ということです。薬中毒であったようで、死体を見たという夜も、薬をやり酒も飲んでいた、ということを認めていますね。
 
 
 さあ、ピクトンの弁護人は証人にどう質問するのでしょう?
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
 
posted by Tokyo Ginji at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

50 「ピクトンは私にとって父親のようだった」:like ( ) father の( )に何が入る?

 Pickton ‘was like a father to me’
 
 ピクトン裁判の紹介は、ずいぶんと久しぶりになります。裁判に進展が見えれば、何度も書いていくつもりです。
 
 本日のは、それほどの進展ではありませんが、ちょっと。「24 hours」(6月19日)より。
 
.......................................
30秒英語コーナー
 
 上の見出しに「Pickton 'was like a father to me'」とあります。何でもない英語ですよね。
 
 これ、「ピクトンは私にとって父親のようだった」を英語で言え、といわれると、'like my father'とする人が意外に多いのです。「父親に似ている」というなら、それでいいのですが。
 
 「私には母がいません」は英語で何? 日本の大学生の圧倒的多数が "I don't have my mother." と答えるそうです。'a mother' が正解です。'my mother' と言ってしまったら、「母親はいる」ということになってしまいます。中学英語の盲点です。
  
 カナダ人から聞いた話ですが、英語ネイチィヴの幼児あたりは、おもちゃを買ってもらいたいときに "I want my toy." なんて言ってしまうそうですよ。「もっているおもちゃは買えないよ」と子どもに答えてやるんだそうです。
 
 

 ↓お役に立てた情報でしたら、一回クリックしていただけませんか? 
人気ブログランキング 

 
The gentler side of accused serial killer Robert Pickton was presented to the jury
yesterday.
  
 連続殺人被告人ロバート ピクトンに寛大なほうの側がきのう法廷にあらわれた。
 
 'gentler (gentleの比較級)side' というのは、つまりは「味方」ということでしょう。ここを比較級で書いているところに、記者の目が見えます。「殺人を裏付ける証言ばかりつづいたが、きのうは、いつもとはちがったよ」という感じの目です。
 
 証人は二人だったようです。
 
...................................
30秒英語コーナー
 
 sex-trade worker:いうならば「風俗嬢」のこと。「売春婦」(hoocer その他多数)というきつい言い方を避けている。
  sex trade shop :風俗店
 
 get turned on :(性的に)興奮した状態になる
 
 kind of :ちょっと (とうぜん、あとに名詞が来るはずですが、本文では動詞が来ている。緊張して、副詞的に使ってしまったのでしょう)
  

   The first witness, a former Downtown Eastside sex-trade worker whose identity is protected by a publication ban, recalled meeting Pickton, through his friend Dinah Taylor, and visiting his Port Coquitlam farm.
 Once there, she told the jury that she gave Pickton a back massage.
   Although both of them got undressed, there was never any sexual contact and Pickton told her they “didn't have to do anything.”
   “I just gave him a massage,” she said. “I was afraid he was getting turned on so I kind of stopped, laid down and rolled over.”
   He dropped her off in Vancouver the next day and gave her $80.
   It was the first, and only, time she met Pickton.
  
 はじめの証人は、元ダウンタウンイーストサイド風俗嬢(身元は公開禁止令で公表されない)で、ピクトンの友だちDinah Taylor を通してピクトンに会ったこと、コキットラムの彼の農場に行ったことを語った。
 あるときそこで、ピクトンに背中のマッサージをしてあげた、と彼女は陪審員に言った。
 女二人とも脱いだけど、性的な接触は何もなく、「何もしないでいいよ」とピクトンは言いました。
 「私は、マッサージをしただけです。興奮してくるんじゃないかと思ったので、ちょっとストップして、横になったり、転がったりしました」
 ピクトンは、翌日、バンクーバーで彼女を車から降ろし、80ドルをあげた。
 それが、彼女がピクトンに会った最初で、唯一だった。
 
   Gerald McLaughlan then testified about living on the farm from 1998 to 2000. Pickton let him stay in a motor home after an argument with his parents forced him out of his home.
   “He was like a father to me,”McLaughlan fondly recalled. “If he thought I was drinking too much he would let me know.”
   Both Pickton and his brother, Dave, offered McLaughlan plenty of work over the two years.
   He moved off the property in late 2000 after getting a job in New Westminster, but told the jury he still considers Pickton a friend.
 
 要約:家を出て行くしかなくなったGerald McLaughian は、ピクトンの農場にしばらく居させてもらった。「ピクトンは自分にとっては父親のようだった。私が飲み過ぎていると彼が思うと、そう教えてくれるんです」。二年間以上も、仕事をさせてもらった。その後、自分は引っ越したが、いまでもピクトンは友人だと思っている。

 つまり、二人の証人は、ピクトンの人柄を述べた、ということですね。記事を見るかぎりでは、弱い証言です。あまり有効ではないでしょう。

 「彼はやっていない」という証言でも出てこないとね。
 
 

.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

42 中途半端なひき逃げ事件

 Driver who struck boy calls police


 ちょっと事情がありまして、このブログをしばらく休まざるをえませんでした。ちょうど三ヵ月間の休止になりました。時間のゆとりが復活しましたので、再開します。


 「metro」(5月8日より) 

..............................
30秒英語コーナー (本日の1)
 
 pin(動詞): 押さえつける
 
 want  〜 過去分詞 : 〜が○○されるようにしてもらいたい
 
        例 : I want my room cleaned.
           部屋を掃除してもらいたい。
 
 want  〜 to be +過去分詞 の'to be'が省略された形
 
 なお、'want 〜 to 不定詞'の形は、英語五文型論でいう第四文型(SVOO)か第五文型(SVOC)かのどちら? という議論が昔からありますよね。'tell (give) 〜 to不定詞'のほうは第四文型という説で定着していますが、こちらは「第五文型」説が有力です。
 それはそれでいいのですが、私は、こういう五文型論に意義をほとんど見いだせません。区別しはじめたら、25文型論、31文型論などが実際に出てくる始末ですからね。第二文型(SVC)と第三文型(SVO)だけでほとんどが説明できます。
 
 

An elderly couple who drove over a13-year-old Vancouver boy pinning the boy's wrist under a tire said they checked his injuries and made sure he was all right before driving off, Vancouver police said yesterday.

  The boy's mother, who did not want her name used, said the boy is not OK. He has a soft cast on his ankle and has bruising and abrasions on his wrist, shoulder, chest and ankle.

  “He can't go to school for a month or so. He can't sit up,”she told Metro yesterday. 

 ある年配の夫婦によると、13歳のバンクーバーの少年の手首をタイヤの下敷きにしたのだが、その子のケガの状態をチェックしたところ、たしかに何でもなかったので、その場を立ち去ったのだという(昨日、バンクーバー警察談)。
 その子の母親(匿名希望)は、その子はOK なんかじゃない、といっている。いま足首に軽いギブスをつけ、打撲と擦り傷が手首、肩、胸、足首にある。
 「彼は一ヵ月くらいは学校へ行けません。まっすぐ腰掛けることもできません」と本紙に語っている。

.............................
30秒英語コーナー (本日2)

 上の文章の中に"The boy's mother, who did not want her name used, said the boy is not OK."という文がありましたよね。'said'なんだから、'the boy was not'のはずですよね。いわゆる「時制の一致」です。
 ところが、この場合は、すぐあとの'He has a soft cast .....' につづくので、「OKではない」は現状を含んでいっているわけで、時制の一致にしばられません。
 こういう例は多いのですが、「一致」しなくてはいけないときなのに「不一致」、という例をよく見かけます。無料新聞にかぎりません。「ニューヨークタイムズ」でも見かけます。カナダ人の英語教育専門家を二人知っていますが、二人とも嘆いていますよ。

............................
30秒英語コーナー (本日3)

 come forqward : 名乗り出る

 引用文(あるいは、引用符つきの語句)が節末あるいは文末に来た場合のピリオドやカンマの位置 : 引用符の中に置く。
 この問題は、意外と知られていないことのようなので、次回(明日の予定)、詳述します。英語のこの習慣はちょいとまずいのじゃないか、と私は思っていますのでね。 

  She believes that the only reason the couple contacted police is because they were “scared”into coming forward by media attention.
 The couple, a 69-year-old man and a 65-year-old woman, saw news reports about the accident and phoned police“to tell their side of the story,”said Const. Tim Fanning.

 母親は、その夫婦が警察に連絡してきた唯一の理由は、メディアの注目によって「怖くなって」名乗り出ざるをえなくなった、と思っている。
 その夫婦は、69歳の老人とと65歳の老婦人で、その事件に関するニュースを見て、警察に連絡し、「自分たちの側からの話を語った」という(Tim Fanning巡査)。

 要するに、この事件の加害者は実際のところだれなのかはわかっていない、ということです。"The car, a dark green sedan, was travelling below the speed limit at the time of the accident." のようです。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
  
posted by Tokyo Ginji at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

40 ピクトン・ビデオと警察の調査

 Pickton was interrogated before all facts were in 
 

 11時間ものビデオが法廷で延々と流された、ということです。これが重要な証拠なら、陪審員もだれも、身を乗り出して見るでしょう。でも、そうではないのですね。
 

 「metro」などの無料新聞では、ビデオの逐次紹介はムリですね。ここは、「Vancouver sun」(1/24, 1/27)がかなりのスペースを割いて紹介していますので、それに頼りましょう。

 でも、読むと、どうも退屈です。記者自身もそう書いています。
.......................................
30秒英語コーナー


 glue :のりづけする

     be glued で「釘付けになる」のような意味ですが、かならずしもいい意味で使われるわけではありません。この記事では、義務感で離れられない、という感じです。

 ハイフンつながり形容詞は、とにかく多用されています。

 amateur-quality :一般用、素人用の〜(業務用ではない)
           この記事では、いかに意味のないものであったかをこの語で皮肉っているようです。

 low-key :控えめな、つまらない、退屈な、低調な〜
     in a low-key way :控えめに
    start out low-key :下手に出る 

..............................................
 11時間のビデオの抄録だ、と断りがついています。その一部です。なお、各段落のはじめを一二字分あけるのが他紙ではふつうですが、当紙にはその習慣がないようです。読みにくいので、ここでの引用では二字分あけておきます。


  For hours and hours Tuesday, we were glued to the amateur-quality recording that captured the only chance police ever got to interrogate the man charged with 26 counts of first-degree murder, but on trial at the moment for only six. 
 As I listened to the low-key question-and-answer session, I wanted to scream with frustration. 


 何時間も何時間も、火曜ですが、われわれは、その一般家庭用録画テープが撮った警察尋問の唯一の録画に釘付けされていました。26人一級殺人罪に問われた男の尋問ですが、今回の公判はそのうちの6件だけです。
 私が聞くかぎりでは、低調な問答で、欲求不満から叫び出したくなりました。


.................................

30秒英語コーナー

 疑問詞疑問文をはじめとして、倒置構文は多いです。There is 構文もそうですね。

 「There is (are) 何々が、どこどこに 」の「何々」が主語です。be動詞と位置が倒置しています。
 
 もともと、「どこどこに、ある、何々が」という倒置でしたが、それが時代とともに、いまの「There is
〜」に変化したのですね。
 
 次の段落では、もともとの「どこどこに、〜」の倒置の一種が使われています。

 ただ、主語が複数なのでbe動詞はareのはずですが、isになっています。「どこどこ」がevidenceという抽象名詞(単数扱い)なので、それに引きずられているようです。areのほうが正当です。これまでも書きましたが、新聞でもこういう誤りはあります。
............................. 

 Among the most damning and grisly evidence the prosecution has said it will put before the court is the dismembered human remains found on Pickton's Port Coquitlam farm and in his crude abattoir. 
 But police during their only grilling of Pickton did not confront him with those gruesome discoveries because they had not yet made them. 
 

 もっとものろわしく、身の毛もよだつ証拠を法廷に出すと検察側は言ったが、その中にバラバラにされた人体の残骸があります。ピクトンのポートコキットラム農場と食肉処理場で見つかったものです。 
 しかし、警察は、彼らの唯一のピクトン尋問の中で、当人にその恐ろしい発見物を突きつけていないのです。そのときはまだ見つけていなかったからです。 

 ビデオは、2002年の2月23日の警察尋問を撮しています。ピクトンを逮捕した翌日のことです。これを知っていると、次の部分が「なるほど」と見えてきます。

.....................................
30秒英語コーナー
 
 only after 〜 :〜してからはじめて、〜からようやく
   find 〜 only after …… : ……した末にようやく〜を見つける
  
 interruption :遮断、中断
 power interruption :停電

 No wonder :不思議ではない
    It is no wonder that 〜 の略
.........................................

 More than two weeks after they had taken possession of the seven-hectare farm, investigators still had not opened the large refrigerated chests in Pickton's workshop. 
It would take them another six weeks! 
 Incredibly, the court has heard police found the body parts on April 4, 2002 only after a power interruption made them fear the contents of the freezers might defrost. 
 No wonder so many are so critical of the investigators in this case. 


 二週間以上ものあいだ、警察は7ヘクタールの農場を占拠していたのですが、それでも、ピクトン作業場にある大きな冷凍庫をこじ開けることができていなかったのです。あと6週間もかかることになったのです!
 信じがたいことですが、本法廷が聞いたのは、警察が人体の一部を見つけたのは2002年4月4日のことで、停電によって冷凍品が解凍してしまうのではないかと気にかけていたあげくにようやく、ということでした。
 不思議なことではありませんが、多くの人が本件の警察の調査には批判的です。

 
 やはりそうですよね。警察の調査がはっきりしません。

 でも、私は、ピクトンを逮捕するよりずっと前の、1997年から本件の行方不明者が何人も出ているのですが、その調査がどうだったかに関心があるのです。それが新聞では見えません。
  
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

39 ピクトン「やってない」…こういう英語をマスターすべし

 Pickton: 'I'm a bad dude'
 
 このブログ、ピクトン事件を新聞を追いかけるように進めているので、どうしても一日二日遅れになってしまいます。
 
 Vancouver Sun のつづきを書こうとしましたが、報道はスピーディだから、ちょっと寄り道です。
 
 前に書きましたが、「metro」の記者 Jeff Hodson は「ミニスカートのような文」を書くんですね。同じ「metro」でも、彼ほどの人は見かけません。
 彼がこの事件を書きましたので、紹介します。

 
................................
30秒英語コーナー
 
 pig man : ブタ野郎 
        ……これ、養豚業をやっているということも同時に言っているわけで、悪口、ののしり、卑下の意味より、単なる「養豚生活者」とも見えます。ピクトンのセリフですが、記者は「a 'pig man'」と慎重に書いています。つまり、引用符であるとともに、二重の意味がある、という記者のメッセージでしょう。
 

 hogwash : でたらめ ……これも「ブタ」(hog)にひっかけているわけです。ピクトン自身のジョーク(?)とも思えます。    
 
 That's complete hogwash. : まったくくだらない。hogwash は抽象名詞で、'a'がない。


.................................
 

 「metro」(1/24)より。


 Robert Pickton told Mounties in 2002 that he was just a "pig man" and rejected as "hogwash" the suggestion that he was connected to missing women from Vancouver’s Downtown Eastside.

 ロバート・ピクトンは騎馬警官に次のように語った(2002年)。オレは単なる「ブタ野郎」にすぎず、「でたらめ」な話にはつきあえないね、バンクーバー・ダウンタウンのイーストサイドから行方知らずになった女性たちにオレがかかわっていたなんていう話にはね。

 じつは、私、この一節で本日のブログを閉じてもいい、と思っているのです。

 「as "hogwash"」の文中の位置です。
 
 'reject'は、他動詞だから、'the suggestion that 〜'につながるわけですよね。学校英文法でいけば、「reject the suggestion that 〜 〜 〜 Eastside as "hogwash」となるところです。

 しかし、そうやってしまうと、「as "hogwash"」がどこに関係しているのかの働きがわからなくなります。
 だから、Hodson は、それが'reject'にかかっていることを明確にするために、すぐうしろに置いたのです。'reject the suggestion 〜'のつながりが不明にならないことを見越した上ですね。

 こういう文を日本の高校生にも見せたいですね。

 私、UBCで英語を教えている先生を知っているのですが、いつだったか、そういう「as 〜」の位置の話になりましてね、……。

 その先生いわく、「読み手にわかる文を書くことが第一」。
 あたりまえのことですが、先生によると、英語ネイティヴスピーカーのカナダ人でも、どの語がどこにかかっているのかがよくわからない文を書くのだそうです。

 その点から見ても、この文は「UBC合格点」でしょう。

 それに、以下の文も見るとわかるように、Hodsonは、関係詞節その他の「節」をずるずるとつづけないでしょ。たいしたものです。
 
 "I’m just a working guy, just a plain working guy," Pickton told then RCMP Staff Sgt. Bill Fordy during a videotaped interview that was played yesterday at his murder trial.  The interview was conducted in February 2002 at Surrey RCMP headquarters after Pickton was arrested and charged with the murders of Mona Wilson and Sereena Abotsway.  Pickton is being tried on six counts of first-degree murder and faces another 20 counts in a second trial. He has pled not guilty to all charges.
 Due to technical problems only the first four hours of the 11-hour interview were screened.
 For the families of his alleged victims, however, the interview was the first chance to hear from the 57-year-old Port Coquitlam pig farmer.
 "It’s a really spooky, chilling voice," said Cynthia Cardinal, 45, sister of Georgina Faith Papin.
 "He’s not talking much at all, but when he does, it affects us. It’s really disturbing.
 "My stomach started turning. To hear his voice for the first time like that is really upsetting."
 Lynn Frey, stepmother of Marnie Frey, was upset with the quality of the videotape.
 "I wanted to look at his face," Frey said. "But it’s not clear."
 Pickton came across as "just a typical, soft-spoken doofus," she said.
 Pickton looked bored at times, confused at others, was sometimes evasive and grudgingly unhelpful as he also told police, "I’m a bad dude."
 The jury also watched on video as Fordy pulled out a large white poster of missing women.

 One by one, he went through their pictures with Pickton, who eventually denied knowing each one.


 すんなりと情景が見えてくる文章です。訳すのはやめます。
 
 ところで、26人殺害で起訴し、法廷では検察側が「49人も殺した」という話をとうとうと持ち出したようですが、どうも腑に落ちません。
 
 だって、そうでしょ? 49人もの行方不明者が出ているのに、警察はどういう捜査をやっていたのでしょう。
 日本では考えられません。警察のメンツにかかわる問題ですから、とくに殺人事件の可能性のある場合では、徹底的な捜査があったでしょう。

 カナダの警察って、何?

 あまりよくない噂を聞きます。警官だからと安心してついていったらレイプされた、なんて話。ほんと? 盗難にあったので調べてもらおうとしても、ほとんどなしのつぶて、なんて話。ほんと?

 それでいて、各家庭に電話して寄付を募るんですね。私のところにも電話が来ました。警察が個人に寄付の要求ですよ! 国家予算、州予算はどうなっているのか? 寄付金を集めて、何に使うのか? 

 電話してきた人は、「ドネーション」の要求ばかりで、使い道の説明をするわけでもありません。もっとも、私も聞きませんでしたが。


 消防署も寄付を要求してきました。「すぐに帰国するから」とかなんとか言って、こっちから電話をきっちゃいました。その直前に、私が「そんな話ははじめて聞いた。日本では、消防署が寄付を要求するなんて、ありえない」というと、先方いわく、「カナダに着いたら、最寄りの消防署に行くのが義務だ」、ですって。

 警察も、寄付を募る資格があるというなら、その前に、49人の徹底捜査をやるのがそちらの義務でしょ? 初期の段階で徹底捜査をやっていれば、49人になんかにはならなかったでしょう。

 それを「すごい事実をつかんだ」とばかりにとうとうと法廷で開陳するのは、被害者を最小限に食い止められなかった警察の「恥」というものでしょうに。

 日本でもこの事件は報道されているようですが(↓)、上のような論調はあるのでしょうか?
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070123-00000212-yom-int


................. 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?
     人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        
トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

38 26人の女性連続殺人:ピクトン事件公判

  Rpbert Pickton on Trial
 
 いま、カナダは、とくにバンクーバーは、このニュースでもちきりです。バンクーバーのダウンタウンEastsideで五年前に起きた「26人の女性連続殺人事件」の公判がはじまったからです。新聞各紙は、数日前から特集を組んでいました。
 
 日本でも報道されたようですね。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070123-00000212-yom-int
 
 このブログ、本日は「The Vancouver Sun」(1/23)から引用しましょう。一面をそのまま引きましたので、いまなら関連記事が読めるかもしれません。
 
 今回から数回に渡って、この事件を取りあげてみます。 
................................
30秒英語コーナー(4)
 
 Crown : 検事で、裁判の検察側首席に当たる人のこと
        ふつうは、王位などを指しますが、ここでは「検事(検察官)」です。
 
     pleas of the crown =刑事訴訟

 trial : 裁判、公判 
 jury : 陪審員 
      カナダも、12人の陪審員(juror)で構成される陪審制度になっています。
 accused : 被告人
.............................
 下の記事は、第一面に出てくる概略記事です。詳細は、見出しをクリックすると、いまなら見ることができるかもしれません。



 

"He murdered them, butchered them and disposed of their remains" 
The jury at the trial of Robert (Willie) Pickton will hear evidence that the accused told an undercover police officer that he had killed 49 women and was going to "do" one more, the Crown said Monday during its opening outline of evidence. 


 (検察側)
 ロバート・ピクトン裁判の陪審員は、次の立証を聞くことになります。被告人は、49人の女性を殺し、もう一人も"やる"ところだったと、おとりの警官に語ったということを、です。こう、検察側首席検事が、月曜、立証の概略のはじめにいった。


Defence: Pickton didn't commit murders 
Robert (Willie) Pickton is an innocent man, and the jurors should not be "overwhelmed" by the graphic and disturbing evidence of six murdered women the Crown alleges police found on his pig farm, his lead defence lawyer said Monday. 


 (弁護側)
 ピクトンは、無実です。陪審の方々は、"威圧"されないでください。露骨で心をかき乱すような証拠にです。殺された六人の女性について、検事が、ピクトンの養豚場で警官が見つけた、と主張しますよ。被告側首席弁護士がいった(月曜)。 


Graham: The challenge of reporting on horror 
The trial of Robert William Pickton on six charges of murdering six women is posing unique challenges for both our community and this newspaper. What we consider our relatively safe, civilized and peaceful community is going to look rather ugly for a while. 


 ピクトン裁判は、六人の女性殺害で六つの罪に問われているが、特殊な問題を社会と本紙の両方に提起しています。われわれが、比較的に安全で、文化の発達した平和な社会だ、と考えているものがしばらくはむしろみにくく見えてきます。


How to answer kids' questions about the trial 
Parents should expect their children may have questions about the trial of Robert (Willie) Pickton when the jury begins hearing evidence Monday, with more than 300 journalists accredited to cover the legal proceedings. 


 (要旨) 親たちは、子どもから質問されることを想定しておくべきです。それにどう答えるか?


 はじめの「検察側」の陳述をまとめた記事は、文章がひどいですね。主語・述語の節がだらだらとつづいて、だれがどうしたのかがすっきり見えなくなりそうです。

 「metro」(1/23)は、もっとすっきりしています。無料新聞とはいえ、有料新聞は見習うべきですね。紹介しましょう。冒頭の一節です。
 
 Robert Pickton admitted to killing 49 women and planned to kill one more to make it an even 50, the Crown prosecutor told jurors as he wrapped up an opening statement that contained the first shocking public details of the case against the accused serial killer.
  "Mr. Pickton states that he had one more planned, but that was the end of it, that was the last," Derrill Prevent said.
 
  これなら、高校生でも読めるでしょう。
 このブログで何回か書きましたが、文は短い方がいいのです。「良文は口に短し」ですよ。
 
 下は、バンクーバーサン紙のつづきです。次回にします。


Law courts braced to cope with high-profile case 
The New Westminster Law Courts are expected to be buzzing with reporters, photographers and camera crews from around the world this morning as one of the highest-profile murder trials in Canadian history begins at 9:30 a.m. 
Public to finally hear details today 
After five years of waiting, the public will finally learn details today of the case against Robert (Willie) Pickton when the Crown outlines the evidence to be called at the year-long trial. Pickton, 57, lived on a Port Coquitlam pig farm at the time of his arrest in February 2002. 
Victim's stepmom won't be attending the trial 
Marilyn Kraft doesn't plan to attend the trial of Robert (Willie) Pickton, which begins Jan. 22. Pickton has been charged with a murder count related to Kraft's 43-year-old stepdaughter, Cindy Feliks, who was last seen in 1997. 


 

EASTSIDE TRIES TO FEND OFF MEDIA
Sex-trade workers get PR coaching; advocates worry area's residents will be exploited
Prostitution advocacy groups are teaming up with the Vancouver Police Department for a special press briefing aimed at deterring the world's media from swarming the Downtown Eastside and exploiting sex trade workers while here to cover the trial of Robert (Willie) Pickton.

 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
posted by Tokyo Ginji at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

37 バンクーバー、アジア人女性四人連続襲撃事件

 EAST VANCOUVER ASSAULTS
  One more reason to stay indoors
 

 またまた、スカイトレイン(バンクーバーのモノレール風電車)の駅周辺で暴行事件がありました。今回は、四人のアジア人女性が次々に後頭部を棒でなぐられたようです。
.......................
【30秒英語コーナー】(2)

 
 hit the pavement : 職探しをする、就職活動をする
  ただし、この新聞記事では、政治家が実際に「歩道に立って活動している」ことを指していて、一種の選挙運動(次へのステップ)を思わせる皮肉を込めた書き方になっている。
 
 'hit' は、「殴る」ではなく、「(何かの道を)見つける」「〜に達する」というような意味。「映画がヒットする」を思い浮かべるといいですよ。
 例 : hit a stage = 舞台に上がる

     hit in business = 仕事がうまくいく
.......................


 「24 hours」(1/8)より


 Four violent attacks around East Vancouver Sky Train stations have politicians hitting the pavement, transit officials downplaying the problem and a citizen watchdog group looking for a few good Asians.

 イーストバンクーバーのスカイトレイン駅で起きた四件の襲撃事件により、政治家は歩道に立ち、輸送会社管理職員は問題を見くびり、市民監視団は良心的なアジア人を求める、という事態になっている。

..............................
【30秒英語コーナー】(3)


 ハイフンつながり形容詞、副詞
 
 @ door-to-door :  戸別の〜、戸別に
    例 : door-to-door delivery service = 宅配便
        door-to-door visits = 戸別訪問
    Children go door-to-door saying "Trick or Treat!" 
    =(ハロウインの日)子どもたちは、「Trick or Treat!」といいながら、家々を訪ねまわるのです。
 
 A ○-clad : ○を身につけた〜、○を着た〜
    'clad'は、'clothe'(着る)の古い過去分詞形で、形容詞として使われる。    

    例 : a coat-clad man = コートを着た男 (前に書きましたね)

.............................

 The attacks, which took place around New Year's Eve, all targeted Asian women within a few blocks of the 29th Avenue Sky Train station. A suspect clubbed the women on the back of their heads before snatching their purses.
  "These are vicious attacks," said NDP Vancouver-Kingsway MLA Adrian Dix, who invited reporters on a door-to-door neighbourhood visit yesterday. "As a community we have to stand up to this."

  襲撃事件が起きたのは、大晦日の夜ごろで、すべてアジア人女性がねらわれたものだが、スカイトレインの29th Avenue 駅周辺の数ブロック内のことだ。犯人は、その女性たちの後頭部を棒で殴りつけ、バッグをひったくっていった。

 「物騒な事件があったものだ」、と新民主党バンクーバー-キングスウエイ選出立法議会議員Adrian Dixがいう。彼は、報告者を求めて、きのうはその近隣を戸別訪問した。「コミュニティとして、われわれは立ち上がらなければならない」

 "Vancouver is a multicultural community," said Dennis Watson, the head of the red beret-clad group's Vancouver chapter. "Anytime anybody oppresses a racial group it's really important for everyone to stand up."
  Watson said his group is looking for volunteers from the Asian community.

 「バンクーバーは、多民族文化の社会だ」、とDennis Watsonはいう。彼は、赤ベレー帽グループのバンクーバー支部長である。「だれであろうと、他民族迫害をするなら、いつだってみんなが立ち上がることがほんとうにだいじなことなんだ」
 Watsonによると、赤ベレー帽グループはアジア人社会からのボランティアを探しているという。

Guardian Angels founder Curtis Sliwa
 この写真は、watsonではありません。こちらから引用しました。

 ところで、スカイトレイン側ですが、「メディアは、スカイトレインに乗る人に恐れを感じさせる雰囲気で報道しているが、実際の暴力事件数は取るにたらない数ではないか」と語っています。

 バンクーバーは治安がいい、という評判ですが、この種の事件は日常茶飯事ですよ。こちらに来る方は、くれぐれもお気をつけて。

.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
posted by Tokyo Ginji at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

12 ヤンキース投手、9.11リバイバル?:いまならCNNニュースで

 Yankee dies in crash
 
 「24 hours」の第一面に小さな写真が載っていました。9.11テロに似た写真で、「え? また?」と思ったくらいです。
 
 そのリード記事(本文は別ページ)にこうあります。
 
 Major League pitcher crashes his plane into a Manhattan high rise, conjuring images of 9.11.
 
 メジャーリーグの投手、飛行機をマンハッタンの高層ビルに激突さす。9.11の映像を思い起こさせるかのように。
 
 ヤンキースの投手で、コーリ−・ライデルのことだそうです。彼は同球団の5本の指に入るピッチャーで、飛行機操縦のライセンスを取って間もないことのようです。
 インストラクターも同乗していて、どちらが操縦していたのかは今のところは不明の模様です。
 
 本文の記事の最後は、こう締めくくられていました。
 
 Smoke and flames poured from the upper floors of the high-rise building and more than 100 firefighters were dispatched to the scene, reviving memories of the Sept. 11 attacks.
 
 つまり、その情景は、あたかも「9.11テロ」を思い起こさせるかのようであった、ということです。
 
 いまなら、CNNニュースMSNBCニュースのビデオが見られます。
 
 上をクリックしたら、出てきた画面の中の「video」と書かれたところをクリックしてごらんください。
 
 昨晩のテレビニュースで見たときは、一瞬「松井は?!」と、あわてて思ってしまいました。
 
                   トップページの戻る
posted by Tokyo Ginji at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。