ぞくぞくする本 大学生もわかっていない中学英語

2009年12月26日

104 アヴァター

  Avatar: Worth the wait
 
 久しぶりに映画批評を見てみましょう。「アヴァター」です(アヴァターとは、神の化身という意味のようです)。かなりいい評価ですね。星4つ半です。

 「metro」(09/12/18)より。NED EHRBAR の批評です。

Avatar
Director: James Cameron
Stars: Sam Worthington, Zoe Saldana, Giovani Ribisi
Classification: STC
Rating: ◎◎◎◎1/2

.................................................
30秒英語コーナー

 overwhelming : 圧倒的
 
 tech-savvy : ハイテクに精通した

 immersive : 没入できる 夢中になれる
 
 3-D : 三次元 

 motion capture : モーション キャプチャー(コンピューター グラフィックスを使った映像) 
 
 brand-new : 真新しい、新品の
 
 vibrant : 活気ある、鮮やかな
 
  stand in the way : じゃまをする、対抗する 

 greedy : 貪欲な、欲深い
 
 corporate : 集団の

 honcho : ボス、首領 

  marine colonel : 海軍大佐 
 
 Apocalypse Now : 地獄の黙示録(コッポラ監督の映画) 
 
 menace : 驚異、危険、厄介者

 hybrid : 混血の
 
 infiltrate : 潜入する

 clunky : 鈍い

 mesmerize : 魅惑する
 
 strike a balance : 両立させる

 strong suit : 強み、長所

 
 
The best word to describe watching James Cameron’s long-awaited Avatar is, overwhelming. The tech-savvy director has created a truly immersive experience, utilizing 3-D and motion capture technology to create the brand-new, vibrant world of Pandora, and its slender, yellow-eyed, blueskinned inhabitants, the Na’vi.
 
 ジェームス キャメロンの待望のアバターを観ていえる最適の言葉は「圧倒的」だ。ハイテクに精通した監督がほんとうに夢中になれる経験を生み出している。三次元やモーション キャプチャーを使って、パンドラの新しくも鮮やかな世界、すらっとして黄色い目をした青い肌の原住者たち(ナヴィ)を生み出しているのだ。
 
  The smartest thing Cameron does is keep the story simple. It’s something we’ve seen before: A native population stands in the way of the goals of an invading force in this case, humans led by a greedy corporate honcho(Giovani Ribisi) and a marine colonel (Stephen Lang) displaying Apocalypse Now levels of menace.
 
 キャメロンのもっとも洗練されたところは、物語をシンプルにしている点だ。以前にどこか見たような話で、侵略軍(この場合、地獄の黙示録の厄介者軍団をほうふつさせる「欲張りな集団のボスGiovani Ribisiと海軍大佐Stephen Lang」に率いられた人間たち)の目的に原住民が立ち向かうという話だ。
 
  As Sam Worthington’s Jake is sent, via a human/Na’vi hybrid body (or avatar), to infiltrate the Na’vi, he falls in love with one of their own (Zoe Saldana) and takes their side. With an unchallenging story, Cameron leaves plenty of room for the technical splendor to do the heavy lifting, and he strikes a great balance.

 人間とナヴィの混血体(アヴァター)としてSam Worthington’s Jakeがナヴィに潜入するが、原住民の一人(Zoe Saldana) と恋に落ち、彼らの味方になる。比類のない物語とともに、テクニカルな壮観さが力業をなす場面をたっぷりとり、キャメロンはうまくバランスをとっている。

  The film isn’t perfect, of course. Some of the exchanges and declarations are rather clunky, as dialogue was never really Cameron’s strong suit. And there are several less-than subtle criticisms of Bush administration foreign policy something that apparently can happen when it takes five years to complete a film. But the overall effect is mesmerizing and well worth the wait.

 もちろん、映画は完璧ではない。やりとりや告白にいくぶんだるいところがあるし、会話もけっしてキャメロンの良さを出してはいない。それに、映画制作に5年もかかっていれば、起きても不思議のないブッシュ政権の外交政策への批判の点では巧妙さに欠けるところもある。しかし、全体的な趣としては魅惑的であり、待つかいが十分にある。


 訳しづらい英語ですね。話がボンボン飛ぶので、たまりません。こういう英語は書かない方がいいですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
 
 
posted by Tokyo Ginji at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

103 ウッズ御難

  Eyewitness account of Woods’ accident

 タイガーウッズが個人的なことでマスコミに注目されている。連日、何かしらの記事が載っている。 
 
 そもそも何があったのか?
 
 「24 hours」(09,12,1)を見てみよう。
 
...................................................
30秒英語コーナー
 
 witness : 目撃者 eyewitnessも同じ。
 
 emergency responders : 緊急対応する人
 
 EMT : 救急救命士
 
  medication : 薬物治療
 
 med : 薬
 
 paramedic : 救急救命士
 
 tend : 世話をする
 
 SUV : sport-utility vehicle スポーツ用多目的車


According to a witness, Tiger had a bloody cut on his lower lip when emergency responders and witnesses arrived, reports tmz.com.
Tiger was found wearing shorts, a T-shirt and no shoes (it’s illegal in Florida to drive without shoes). Witnesses says Woods was lying on the ground unconscious when EMT workers arrived.
They used “pain stimulus” −a method where pressure is applied on an unconscious person to make them alert −but Tiger only briefly opened his eyes and then lost consciousness.

 目撃者によると、救急救命士と目撃者たちがついたときには、タイガーは下唇を血だらけに切っていた(tmz.com報告)。
 タイガーは、半ズボン、Tシャツに靴を履いていない姿であった(フロリダでは靴なし運転は違法である)。目撃者たちは、救急救命士が到着したときウッズは意識不明でグラウンドに横たわっていた、という。
救命士たちは「疼痛刺激」(意識不明の人を覚醒させるために電圧を加えるという方法)を用いたが、タイガーはかすかに目を開き、そのあと意識を失った。

EMTs asked Wood’s wife, Elin Nordegren, if the golf legend was taking any medications. She went in the house and brought out two pill bottles. She said she did not know when he had last taken the meds.
She was extremely upset and was told twice by paramedics to stand back while they tended to her husband.
 
 救急救命士たちはウッズの妻のElin Nordegrenにゴルフの伝説的人物が何かの薬物治療を受けているかどうかを尋ねた。彼女は家に行き、ピルボトルを二つ持ってきた。彼女は、その薬を最後にのんだのがいつなのかは知らないという。
 彼女はかなり錯乱しており、救命士から夫の治療中は離れているようにと二度も言われている。
 
Two Florida Highway Patrol troopers paid a visit yesterday to the hospital where Woods was transported early Friday morning.
A patrol spokesperson said the department has not sought a search warrant for Tiger’s medical records associated with his treatment. But they want to know
if Tiger’s wounds were the result of the SUV accident or a domestic dispute with his wife.
As a result of the accident, Woods will not play in the ChevronWorld Challenge golf tournament this week.
 
 フロリダハイウエイパトロール警官の二人は、昨日、ウッズが金曜の朝早くに運ばれた病院を訪れている。
 パトロールスポークスマンによると、タイガーの治療に関わるメディカルレコード証明書を求めることはないという。しかし、タイガーのけががSUV事故の結果か妻との家庭内紛争の結果かどうかは知ろうとしている。
 事故の結果、ウッズはChevronWorld Challengeゴルフトーナメントには出場しない予定だ。
  
 
 「家庭内紛争」って、ウッズの不倫がらみかな?
 
 ま、とにかく、有名人はたいへんですな。 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
 
 
posted by Tokyo Ginji at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

101 菊池、メジャーか?

  Japan prep star may bypass domestic draft to come to MLB
 
 本日は、ちょっと古くなりましたが、ネットで見つけた「USA TODAY」紙(09/9/30)の記事です。「日本の高校生スター、国内ドラフトを避けてメジャーリーグに来るか」という見出しです。
 
 高校野球の実力No.1投手菊池雄星選手(花巻東高校)の話。八つのメジャーリーグが同選手に注目しているようです。
 
.................................
30秒英語コーナー
 
 imminent : 今にも起こりそうな
 
 tenuous : 関係の希薄な
 
 amateur draft : 新人選手のドラフト制度
 
 anticipation : 期待して待つこと、先取り

 precedent : 前例
 
 mid-90s fastball : 90マイル代中間の速球(150キロ代の速球)
 
 convince : 納得させる 
 
 eligible :資格がある

 
  今回は、ところどころの翻訳にしましょう。


A major step could be imminent in the sometimes tenuous relationship between Major League Baseball and Japan's professional leagues.

Left-handed pitcher Yusei Kikuchi, the likely first pick in Japan's amateur draft next month, is getting plenty of attention from major league scouts in anticipation of a decision that could come this week whether he'll break precedent and skip Japanese pro ball to sign with an MLB organization out of high school.
 
 左投げ投手菊池雄星、来月の新人選手ドラフトではおそらく第一位選択選手になるだろうが、メジャーリーグスカウトからかなり注目されている。彼が前例を破り、日本のプロ野球を避けてメジャーリーグと高卒で契約するかどうかが今週決まる。

Kikuchi, 6-foot-1 with a mid-90s fastball, has said several times since starring in Japan's national high school tournament this summer that he wants to play professionally in the USA and is strongly considering making the move now.
 
 菊池は、185cm、150キロ代の速球派だが、今夏の全国高校野球選手権で活躍したあと何度も、アメリカのプロでやりたいと語っている。
 
Hiroshi Sasaki, his coach at Hanamaki Higashi High School, told Japan's Kyodo News Service that "(Kikuchi) says he is about 50-50" and that a decision could come this week.
 
 佐々木花巻東高校監督は、共同ニュースに「彼は五分五分だといっている」と語り、今週にも決められれば、という。

Amateurs must declare for Japan's Oct. 29 draft by Oct. 15. If Kikuchi wants to sign with a major league organization, he must convince all 12 Japanese teams not to draft him, otherwise he would face a three-year ban from Japan's major leagues should he ever choose to return to his homeland.
 
 新人選手は、10月15日までに態度を決めなくてはならない(10月29日ドラフト)。もし菊池がメジャーでやりたい場合は、日本の12球団すべてに自分をドラフトしないように納得させなければならない。そうでないと、彼が母国に戻る場合には3年の日本プロ野球禁足令が課せられる。

The 18-year-old struck out the side against ChukyUday Chukyo, the national high school champions, in his only inning Monday at Japan's National Sports Festival. Scouts from the 12 Japanese teams and eight major league teams attended, according to Kyodo.
 
 その18歳は、中京大中京(全国高校野球選手権覇者)に対し、月曜日の国体で1イニングだけ投げ、三者三振に切り取っている。日本の12球団とメジャーリーグ8球団がそこの参加したという。

Japanese news service reports have identified scouts from the Dodgers, Rangers, Mariners, Mets, Indians, Cubs, Giants, Tigers, Braves and Yankees watching Kikuchi in tournaments.
 
 ドジャース、レンジャース、マリナーズ、メッツ、インディアンズ、ジャイアンツ、タイガース、ブレイブズ、ヤンキースのスカウトが菊池を見に来ている。
 
Major league clubs have little to say about Kikuchi, though Seattle general manager Jack Zduriencik says, "Oh, we're certainly aware of him."
 
 メジャーリーグクラブは菊池についてあまり語らないが、シアトル(マリナーズ)のゼネラルマネジャーはいう。「もちろん彼のjことは知ってるさ」

"A pitcher as good as he is, if he wants to go to the major leagues, it's our job to see him," Cleveland scout Dave DeFreitas told Kyodo.

So far, no Japanese high school players have bypassed their domestic draft to come to MLB. By staying, they lock themselves into nine seasons before they're eligible for free agency. They can leave only if their Japanese team allows them to enter the posting system in which MLB teams can bid for the right to negotiate with them.
 
 これまでのところ、日本の高校生選手は誰一人、国内のドラフトを避けてメジャーに来たことはない。国内球団にとどまれば、フリーエイジェントの資格を得るまで9シーズンは足止めになる。ポシティングシステムというMLBが交渉権を得て入札するのを日本球団が認める場合のみ例外だが。

MLB spokesman Pat Courtney said its agreement with Japanese clubs "does not preclude the signing of amateur players."
 
 MLBスポークスマンによると、日本球団との協定で「新人選手と契約するのはできないことではない」という。
 
Boston signed pitcher Junichi Tazawa last winter before he played professionally in Japan. But he had played four seasons in an industrial league after finishing high school. His departure led to Japan's leagues putting in place the three-year ban.
 
 ボストン(レッドソックス)は田沢純一投手と昨年冬に契約したが、日本のプロでやる以前のことだった。彼は、高校を出て4年間社会人野球をやっているが、日本の球団に戻るには3年間の禁足令を受けることになる。

 
 だいぶ前のに記事ですが、まだ決まっていないようですね。菊池君、さあどうする?
 
 それにしても、日本の決まりは情けないですね。もっと自由にさせればいいのにね。

  
................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 10月7日現在、インフォトップ語学部門で第6位の販売数です。英文法の本が上位になることはまずないことです。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい1位です。
posted by Tokyo Ginji at 13:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

98 マイケル ジャクソン 死ぬ

  Michael Jackson: 1958-2009
  Pop icon suffers cardiac arrest, dies in hospital

 マイケル ジャクソンが死にましたね。どうやら、薬漬けの生活が命取りだったようです。
 
 アメリカには健康保険制度がないので、金持ちは医者から好きなだけ薬を買えるそうです。健康保険制度があれば、薬ごとに処方の量などが決められていますから、医者だってそうそう好き勝手にはできませんからね。
 
 「metro」(09/6/26)の記事を見てみます。
 
............................................
30秒英語コーナー
 
 overshadow : かげりが来る
 
 bizarre : 奇怪な
  
 cardiac arrest : 心肺停止

 County Coroner’s office : 郡検死官局
 
 autopsy : 検死解剖

 physician  : 医者

 resuscitate : 蘇生させる
  
 paramedic  : 救急救命士 
  
 revive : 生き返らせる

 confirmation : 確認
  
 atop : 〜の上に、頂上に
 
 conference : 会見
 
     
    
Michael Jackson, the child star turned King of Pop who set the world dancing
but whose musical genius was overshadowed by a bizarre lifestyle and sex scandals, died on Thursday. He was 50.
 
 マイケル ジャクソンが木曜日になくなった。チィルドスターがPopのキングになって世界中をダンスさせていたが、その音楽的な才能も奇行とセックススキャンダルで影が薄くなっていた。50歳。
 
  Jackson was pronounced dead after arriving at a Los Angeles hospital in full cardiac arrest, said Fred Corral of the L.A. County Coroner’s office. Cause of death was not known and an autopsy would likely take place on Friday, he said.
  Jackson was taken ill at home and his personal physician tried to resuscitate him but could not, his brother Jermaine told reporters. Jackson was then taken by paramedics to the hospital, where doctors worked for more than an hour to try to revive him, Jermaine added.
 
 ジャクソンは、ロスアンジェルス病院に到着後、完全な心肺停止で死亡を宣告された、とFred Corral氏(L.A郡検死官局員)が語った。死の原因はわかっていないが、検死解剖が金曜日に行われる見込みという。
 ジャクソンは、家で病気になり、彼のおかかえ医者が蘇生を試みたができなかった、と兄のJermaineがレポーターたちに語った。ジャクソンは救急救命士たちに病院に運ばれ、そこの医者たちが一時間以上ものあいだ蘇生を試みたという。

 There were concerns about Jackson’s health in recent years but the promoters of Jackson’s comeback concert effort in London, AEG Live, said in March that Jackson had passed a 412-hour physical examination with independent doctors.
  Outside the hospital in Los Angeles about 200 fans and reporters gathered on Thursday, waiting for confirmation of Jackson’s death or condition.
  Some fans were crying and hugging each other, and others were climbing atop fences to get a better look at a stand where a news conference was supposed to take place.
 
 最近はジャクソンの健康が懸念されていたが、ロンドンでのジャクソン・カンバック・コンサートの取り組み(AEGライブ)のプロモーターが三月に語ったところによると、ジャクソンは412時間の身体機能検査を無所属の医師から受けていたという。
 ロスの病院の外には約200人のファンやレポーターが集まり(木曜日)、ジャクソンの死亡または状態を確認しようと待っている。
 ファンの中には泣いたり互いにハグしあったりする人がいるし、新しい会見が行われるかもしれない場所をよく見ようとフェンスの上に上る人もいた。
 
 
 記事そのものは、大スターの死亡報道にしては、つまらないものでした。
 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい上位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
 

 
 
posted by Tokyo Ginji at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

95 J. レノン とのベッド-イン(ヨーコ、語る)

  John and Yoko’s Bed-In remembered

 個人的な話で済みませんが、私、「愛」ということばが好きではないんです。
 
 何かの歌詞にでてくる場合は大目に見ますが、テレビのドラマやニュースコメントなど、人と人との会話に出てくると、もうダメです。気恥ずかしくなるんですが、むしろ「気持ち悪くなる」に近い感じですね。
 
 大げさに言っているんではないんです。もう生理的に拒絶反応がでてしまいます。
 
 「愛しています」なんて、よくもまあ、酔っぱらいもせずに口にできるもんだ、と思うんですね。
 
 「好き」でいいじゃないか。「惚れる」でいいじゃないか。私自身はだれかに「愛している」と言ったことがありません。
 
 え? 低級? 
 
 じゃ、「愛」って、何でしょう? 
 
 「愛」論の本は、昔、けっこう読みました。倉田百三『愛と認識との出発』『出家とその弟子』は、読んだのが若かったせいもあるのか、「愛とは、惻隠の情なり」には納得したものでしたが、数年もするかしないうちに意識はそこから離れました。
 結局、「愛とはこういうことだ」の説得力ある言説には出会いませんでした。自分で考えもしましたが、うまく自分を納得させる地点に到着しませんでした。

 ネガティヴな意味合いでは、「愛とは、支配なり」というあたりがもっともしっくりときます。
 
 しかし、世の中にはポジティヴな意味での「愛」ということばがあふれています。
 
 「愛は地球を救う」とかいう日本のテレビ番組がありましたよね。あれは、お金の寄付を呼びかけているんですよね。どこかまやかしです。
 
 英語の世界になると、love という語が頻繁に出てきます。
 
 オノヨーコが何十年も前の「ジョンレノンとのベッドイン」を回想しています。
 
 「24 hours」(09,3,31)より。
 
..........................................
30秒英語コーナー
 
 bar :出入りを禁じる
 
 conviction :有罪
 
 no love lost :冷たい関係、別れ別れ、 よそよそしさ
 
 contemplate :〜しようと企図する、じっくり考える
 
 at one point :一時、ひところ
 
 materialize :実現する
 
 assassination :暗殺
 
 following :〜のあとで(前置詞)
 
 cover :取材する 
 
 late 〜:故〜
 
 
 次の文章は原文(全文)ですが、loveの語だけは私が赤い字にしました。
 
 Ono’s famous Bed-In, which happened 40 years ago in Montreal, is recalled by Ono, who continues to spread the couple’s message of friendship and love.
 The Bed-In, an interview with journalists joining the couple on their hotel bed, combined with the Live Peace concert, was supposed to take place in New York city but John was barred from entering the United States because of a marijuana possession conviction.
 It was Ono who suggested they move it to Montreal. “I already had a love for the city because I had visited, before I met John, in 1961 for a modern music festival,” said Ono, 76, from her large New York loft.
 With no love lost between the couple and the American government at the time, Ono admitted that she and Lennon had even contemplated moving to Canada at one point.
 However, Ono’s heart was in New York and no move to Canada ever materialized. In fact, she still lives at the Dakota apartments, the location of Lennon’s 1980 assassination. Following Lennon’s death, Ono said she brought her sons to Canada and to the Queen Elizabeth Hotel to see the room suite 1742  where Ono and Lennon held the Bed-In from May 26 to June 1, 1969.
 “I wanted them to understand what we lived through,” she said of the protest against Vietnam War and in support of peace.
 On the final day of the Bed-In, they recorded Give Peace a Chance, which marked the first solo project for a member of The Beatles while the band was still together.
 Ono said she and Lennon were shocked by the number of reporters that came out to cover the event, and though she said they were almost right up on the bed with them, the couple never felt like their space was being invaded.
 “It was incredible,” she said. “We were so in love, we wanted to share it with the whole world.” And as for her late husband, even 28 years after his murder, she still senses his presence.
 “He is always with me and I think that’s one of the reasons why I can stay strong,” she said, adding that she feels an energy coming from Lennon.
 “Sometimes I get sad, but the negative experiences are gifts too, and like John said, ‘Take a sad song and make it better.’
 
 
 訳文はやめておきます。

 あの「ベッド イン」は、今から40年前の1969年5月26日から6月1日まで、モントリオールのクイーンエリザベスホテル内でおこなわれたということですね。
 
 ところで、上の文章には'love'が四カ所に出てきます。
 
 (1) .......to spread the couple’s message of friendship and love (友情と愛)
 
 (2) I already had a love for the city (その町への愛)
 
 (3) With no love lost between the couple and the American government (失うべき愛情さえない)
  
 (4) We were so in love (相思相愛)
 
 loveが多様に使われていますね。
 
 (1)と(4)は対人関係の脈絡を感じさせますが、(2)はcityに対する「愛」? 単に「その町が好き」でいいですよね。
 (3)も、「アメリカ政府から入国を禁じられたレノン」が前提の話で、国と人との関係ですね。といって、「愛国心」の話ではありません。二者間の冷たい関係を指しているのです。
 
 さらにいえば、(1)と(4)も話としては異なります。(4)は夫婦間の「愛」を思わせますが、(1)は「人類愛」のような広さをもっています。
 
 で、'love'って、何? これじゃあ、統一された意味はわかるはずがありません。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は絶品です。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
 
posted by Tokyo Ginji at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

92 WBC:アメリカの嘆き

  In the WBC, it was the few, the proud, the Americans


 WBCでは、日本と韓国の決戦になりますが、準決勝で日本がアメリカに勝ちましたよね。
 
 「metro」や「24 hours」は、もともと野球にはほとんど無関心ですし、カナダが一次ラウンドで敗退していますから、余計に無関心です。
 
 で、「Los Angeles Times」(09/3/23)で米国敗退の記事を見てみます。長い文章なので、抄出します。なお、同紙は、段落ごとに一行を空けるスタイルですが、ここでは表示形式を変えて引用します。
 
.....................................
30秒英語コーナー
 
 no-show :来なかった人
 
 prevent ・・・ from ....ing : ・・・が....するのを妨げる
 
 contend  〜:〜を求めて戦う
 
 strike out :三振
 
 at-bat :打席
 
 get chills :ぞっとする

 serenade :セレナーデを歌う
 
 chant :シュプレヒコール、大合唱
 
 tens of thousands :何万もの〜 
 
 represent the tying run :同点のランナーがいる
 
 red, white and blue :星条旗(色で国旗を象徴)
 
 say no to ・・・ : ・・・に対してノーと言う、断る
 
 in a heartbeat :ためらうことなく、すぐに
 
 roster :登録選手名簿
 
  March Madness :全米大学バスケットボールトーナメントのこと(三月に熱狂的に行われるところから、そう呼ばれているようです)
 
 tip our cap : 帽子に手を当てて礼をする

Team USA players feel good about their World Baseball Classic experience and reaching the semifinals, but no-shows by top players prevented the team from contending for the title.
 
 USAチームの選手たちは、WBCの経験と準決勝まで来たことに満足してはいるが、トッププレーヤーで来なかった人たちはチームがタイトルを取りにいくのを妨げた。

 Evan Longoria packed his bags and flew all the way across the country, all for one at-bat. He struck out.
 "I got chills," he said.

 Never had he been serenaded by those three letters, by that chant, by tens of thousands of fans in his hometown and his home country.
 U-S-A! U-S-A!
 "It's a little different than hearing a Tampa Bay Rays chant," he said.
 
 Evan Longoria 選手は、一打席だけで、荷物をまとめて遠路を飛び帰った。彼は三振。
 「ブルッとした」
 あの三文字で、あの大合唱で、故郷と母国の何万のファンから、セレナーデを歌われたことがなかったのだ。
 U-S-A! U-S-A!
 「タンパ ベイ レイズの大合唱とはちょっと違います」
 
 
 ロンゴリアという人は、岩村のいるレイズの選手で、昨年の新人王ではなかったでしょうか?
 

 He was a pinch-hitter, representing the tying run, in the eighth inning of Sunday's win-or-go-home game against Japan in the World Baseball Classic at Dodger Stadium. He struck out, the United States lost, and again red, white and blue will be absent from the WBC championship game.
 One at-bat, one strikeout, one loss.
 "I don't regret it at all," Longoria said. "You can't say no to putting on your country's uniform. If I was asked to do it again, I'd do it in a heartbeat."
 
 彼は、勝てなければ帰ることになる日曜の対日本との試合(WBC、 ドジャースタジアム)の八回、タイイングランナーのいるときのピンチヒッターだったが、三振し、アメリカは負け、またもや星条旗がWBCからいなくなる。
 一打席、一三振、一死。
 「自分は何も悔いてはいない。自分たちの国のユニフォームを着ることを断るわけにはいかない。もう一度やってくれといわれれば、ためらいなくヤルさ」
 
  .....................

 Perhaps the result would have been no different had the U.S. had a better roster. But it would have been nice to see the two best American pitchers, Roy Halladay and Tim Lincecum.
 It would have been nice to see Ryan Howard or Mark Teixeira playing first base, instead of a second baseman named Mark DeRosa. It would have been nice if Adam Dunn had been used at designated hitter instead of in right field, where he did not even try to throw out two runners on sacrifice flies that were not terribly deep.
 
 アメリカがもっといいメンバー構成だったとしても、おそらく結果は同じだったろう。けれど、Roy Halladay と Tim Lincecumというアメリカのベストピッチャーを見られれば、よかったんだが。
 二塁手のMark DeRosaの代わりに一塁手のRyan Howard か Mark Teixeiraが見られればよかったんだが。 Adam Dunn をライトではなくてDHで使えばよかったんだが。ライトでは、さほど深くもない犠牲フライの二度の場面で彼は走者をアウトにしようと試みさえしなかった。
 
 
 WBCに出たくないメジャーリーガーが多いようです。これが、一つのアメリカの嘆きですね。
 
 だから、記事はこう続いています。
 
  "If people didn't want to play, we didn't want them to play," Shields said. "We wanted the people that wanted to play. We realize just how good a time this is. I think everybody in the clubhouse will back me up on this. 
 "The guys in that clubhouse wanted to play for our country and put it on the line."
 The guys in that clubhouse played more for each other than for you.
 "You want to go there and win the whole thing," DeRosa said. "I don't know if that would have been a huge boost for fans across the U.S. But the players could have gone back to their spring training facilities and felt good about what we accomplished."
 
 そして、最後にこう締めています。
 
  So now the U.S. players can get back to spring training, and you can get back to March Madness. But, for one day, let us forget the players who did not show up and tip our cap to the ones who did, Derek Jeter and all the Yankees.
 
 もう選手たちは春期練習に戻れるし、みなさんはMarch Madnessに戻れる。だけど、いつの日かのために、参加しなかった選手を忘れよう、参加したジーターやヤンキースのみんなに礼を言おう。
 
 
 けっこう良心的な記事ですね。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング   
posted by Tokyo Ginji at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

91 N. ケイジ主演 まぬけた新作映画?

 Not worth Knowing

 ニコラス ケイジ主演の新作映画「Knowing」が公開されているようです。
 
 「24 hours」(09/3/20)の記事のタイトルは上です。
 
 'Not worth Knowing'は、直訳風に言えば「知る価値もない」ですね。映画のタイトルを入れ込んだシャレですが、痛烈ですね。
 
.............................................
30秒英語コーナー
 
 goofy :ばかげた、まぬけな
 
 promisingly :期待できそうな
 
 widowed :ここは男の話なので「男やもめの〜」
 
 MIT :マサチューセッツ工科大学 
 
 hastily :急いで、あわてた
 
  jot :書き留める
 
 accurately :正確に、精密に
 
 forecast :予想
 
 cataclysmic :cataclysm(地殻変動などの大異変)の形容詞
 
 since :いまから〜前に(agoになるべきところだが、まれにsinceを使うことがある)
 
 disturbing :じゃまになる、気になる
 
 catastrophe :大異変
 
 script :筋書き、脚本
 
 wonky :ぐらぐらする
 
 moment :「見せ場」といった意味
 
 en masse :集団で、一斉に
 
 eye-rolling :あきれた目、あざけりのまなざし
 
 disaster :めちゃくちゃ加減、ひどさ
 
 making :構成 


Knowing is one very goofy movie about the end of the world. It begins promisingly enough, with widowed single father and MIT professor, John Koestler (Nicolas Cage), discovering that a series of hastily jotted numbers in a time capsule have accurately forecast every cataclysmic event in the decades since.
 
 「Knowing」は、この世の終わりにかかわる映画としてはきわめてばかばかしい映画だ。出だしは期待感はある。男やもめの父親でMIT教授のJohn Koestler(ニコラス ケイジ)が、あるタイムカプセルの中に、急いで書き留められた形の一連の数字があるのを見て、それがここ数十年の中で起きた大異変をことごとく正確に予言していると気づく、という出だしだ。 
 
More disturbing, the numbers haven’t run out yet—seemingly predicting catastrophes to come. Unfortunately, the script gets wonkier and wonkier. The concluding moments produce such en masse eye-rolling that you can only wonder: How could everyone involved in a movie about foreseeing the future not recognize this disaster in the making?
 
 ところが、それよりもどうにも気になるのは、その数字がまだ最後まで行っていないことだ。これから来る異変を予言しているようなので。だから、困ったことに、筋書きがぐらぐらになる。最後の見せ場なんか、みんなの目を白黒させ、不思議に思わせるばかりだ。未来を予見する話の映画に携わった人のだれ一人としてこの構成のひどさ加減に気づかなかったのか? ってね。
 
 
 ????? どういうこと?
 

 「metro」(同日)で見てみます。 
 
 .........When his son’s school unearths a 50-year-old time capsule, troubled professor John Koestler (Nicolas Cage) comes across an odd document scribbled
with seemingly random numbers.
  During a bout of whiskey-soaked inspiration, however, Koestler discovers that each set of digits provides the dates and locations of every major disaster that’s occurred since the capsule’s burial.
  Impossible, right? Wrong. And worse, he determines that a few of the dates are about to arrive sending Koestler forth on a race to prevent devastation. .........
 
 
 'a few of the dates are about to arrive sending Koestler forth on a race to prevent devastation' となっている。
 
 予言されている日付の二三が差し迫っている。で、Koestler は、惨状を防ぐ一つの闘い(a race)に自分を送り出す。

 ????? どうにもよくわからない。
 
 どういう設定の映画なんだろうか・・・・・。

 
 「知る価値なし」の映画というんだから、よほどおかしな設定なんでしょうかね。
 
 
 映画を見なくてはわかりませんが、私もeye-rollingするのかな? 
 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 どなたかのこんなホームページでも絶賛されていますよ。
 
http://english.shiteyattari.com/002e-kenkyu/
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング  
 
 
posted by Tokyo Ginji at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

89 外国語映画賞:ニューヨーク世間予想

 アカデミー賞外国語映画賞の本命はイスラエル映画だったようですが、「おくいりびと」は下馬評ではどの程度だったんでしょうか。
 
 The New York Times(09/2/24)が同紙読者による各賞事前選択率を紹介しています。

 外国語映画賞については、次に通りになっています。
 
 

Foreign Language Film
The Baader Meinhof Complexx-6%
The Classx-23   
Departures - winnerx-6   
Revanchex-2   
Waltz with Bashirx-63   

 イスラエル映画が63%の支持率を獲得していて、「本命」だったのもうなずけます。
 「おくりびと」は6%で、本命の1/10ですから、なるほど、受賞は「サプライズ」ですね。
 
 短編アニメ賞の「つみきのいえ」はどうだたんでしょう。
 
 
Short Film, Animated
La Maison en Petits Cubes - winnerx-20%
Lavatoryx-7   
Oktapodix-12   
Prestox-40   
This Way Upx-20  

 こちらは、ダブルスコアーで「Presto」に負けていますが、「おくりびと」ほどの大逆転でもなさそうですね。
 
 ついでですので、他の賞も見てみましょう。だいたいは下馬評通りの受賞です。
 
 baggerというのは、「袋づめのもの」のことで、授賞式でプレゼンテーターが封筒のような袋を切って中に入っている「受賞者名」を読み上げるところからきているようです。

Bagger's PicksReader Picks
Best Picture
The Curious Case of Benjamin Buttonx-8%
Frost/Nixonx-4   
Milkx-17   
The Readerx-8   
Slumdog Millionaire - winnerx-64   
Director
David Fincherx-8%
Ron Howardx-7   
Gus Van Santx-16   
Stephen Daldryx-3   
Danny Boyle - winnerx-67   
Actor in a Leading Role
Richard Jenkinsx-4%
Frank Langellax-8   
Sean Penn - winnerx-49   
Brad Pittx-6   
Mickey Rourkex-34   
Actress in a Leading Role
Anne Hathawayx-14%
Angelina Joliex-4   
Melissa Leox-7   
Meryl Streepx-18   
Kate Winslet - winnerx-58   
Actor in a Supporting Role
Josh Brolinx-5%
Robert Downey Jr.x-5   
Philip Seymour Hoffmanx-8   
Heath Ledger - winnerx-79   
Michael Shannonx-3   
Actress in a Supporting Role
Amy Adamsx-8%
Penélope Cruz - winnerx-43   
Viola Davisx-21   
Taraji P. Hensonx-11   
Marisa Tomeix-17   
Original Screenplay
Frozen Riverx-7%
Happy-Go-Luckyx-7   
In Brugesx-13   
Milk - winnerx-38   
Wall-Ex-34   
Adapted Screenplay
The Curious Case of Benjamin Buttonx-12%
Doubtx-9   
Frost/Nixonx-12   
The Readerx-8   
Slumdog Millionaire - winnerx-60   
Foreign Language Film
The Baader Meinhof Complexx-6%
The Classx-23   
Departures - winnerx-6   
Revanchex-2   
Waltz with Bashirx-63   
Animated Feature
Boltx-2%
Kung Fu Pandax-7   
Wall-E - winnerx-90   
Original Score
The Curious Case of Benjamin Buttonx-11%
Defiancex-6   
Milkx-9   
Slumdog Millionaire - winnerx-60   
Wall-Ex-15   
Original Song
'Down to Earth'x-30%
'Jai Ho' - winnerx-51   
'O Saya'x-20   
Art Direction
Changelingx-3%
The Curious Case of Benjamin Button - winnerx-42   
The Dark Knightx-37   
The Duchessx-9   
Revolutionary Roadx-9   
Cinematography
Changelingx-3%
The Curious Case of Benjamin Button x-21   
The Dark Knightx-26   
The Readerx-4   
Slumdog Millionaire - winnerx-46   
Costume Design
Australiax-10%
The Curious Case of Benjamin Button x-32   
The Duchess - winnerx-40   
Milkx-8   
Revolutionary Roadx-9   
Makeup
The Curious Case of Benjamin Button  - winnerx-67%
The Dark Knightx-26   
Hellboy II: The Golden Armyx-6   
Documentary Feature
The Betrayal (Nerakhoon)x-2%
Encounters at the End of the Worldx-12   
The Gardenx-4   
Man on Wire - winnerx-72   
Trouble the Waterx-10   
Sound Mixing
The Curious Case of Benjamin Buttonx-4%
The Dark Knightx-38   
Slumdog Millionaire - winnerx-31   
Wall-Ex-22   
Wantedx-4   
Sound Editing
The Dark Knight - winnerx-38%
Iron Manx-15   
Slumdog Millionairex-26   
Wall-Ex-19   
Wantedx-3   
Visual Effects
The Curious Case of Benjamin Button  - winnerx-49%
The Dark Knightx-38   
Iron Manx-13   
Film Editing
The Curious Case of Benjamin Buttonx-12%
The Dark Knightx-15   
Frost Nixonx-13   
Milkx-10   
Slumdog Millionaire - winnerx-50   
Short Film, Animated
La Maison en Petits Cubes - winnerx-20%
Lavatoryx-7   
Oktapodix-12   
Prestox-40   
This Way Upx-20   
Short Film, Live Action
Auf der Strecke (On the Line)x-11%
Manon on the Asphaltx-10   
New Boyx-36   
The Pigx-23   
Spielzeugland (Toyland) - winnerx-20   
Documentary Short Subject
The Conscience of Nhem Enx-16%
The Final Inchx-25   
Smile Pinki - winnerx-27   
The Witness - From the Balcony of Room 306x-33   

 本日は、このへんで。
posted by Tokyo Ginji at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

88 「おくりびと」、オスカー受賞

 アカデミー賞の外国語映画賞に日本映画「おくりびと」が選ばれましたね。
 
 「metro」紙(09/2/23)は、アカデミー賞の全容を紹介する中で、そのことにほんの少しだけ触れています。

 In the night’s one big surprise,
Japanese movie Departures beat the favorite, Israeli film Waltz With Bashir, for foreign language film.
 
 その夜の一つのビッグサプライズは、外国語映画賞で日本映画「Departures」が本命のイスラエル映画「Waltz With Bashir」を破ったことだ。
 
 これだけです。でも、下馬評では本命(favorite)であったらしいイスラエルの映画を破ったことは、とにかく「サプライズ」であったようですね。
 
 で、これだけではしょうがないので、ネットでニューヨークタイムズ(09/2/23)をみてみました。しかし、ストーリーの紹介だけでしたね。
 
...............................................................
30秒英語コーナー
 
 ritual :儀式
 
 
out-of-work  :失業中の
 
 cellist :チェロ奏者
 
 
encoffineer :「日本ではundertaker(葬儀屋)に相当する」と括弧書きにありますが、なじみのない単語です。googleの単語検索で見ますと、「a funeral professional who prepares deceased bodies for burial and entry into the next life」とあります。
 
 disband :解散する 


 classified ad : 求人、住宅、その他、暮らしに関する「案内広告」

 afterlife :来世
 
 despise :嫌う
 
 send-off :見送り

  Director Yojiro Takita and writer Kundo Koyama examine the rituals surrounding death in Japan with this tale of an out-of-work cellist who accepts a job as a "Nokanashi" or "encoffineer" (the Japanese equivalent of an undertaker) in order to provide for himself and his young wife. Daigo Kobayashi (Masahiro Motoki) is a talented musician, but when his orchestra is suddenly disbanded, he suddenly finds himself without a source of steady income. Making the decision to move back to his small hometown, Daigo answers a classified ad for a company called "Departures," mistakenly assuming that he will be working for a travel agency. Upon discovering that he will actually be preparing the bodies of the recently deceased for their trip to the afterlife, Daigo accepts the position as gatekeeper between life and death and gradually gains a greater appreciation for life. But while Daigo's wife and friends universally despise his new line of work, he takes a great amount of pride in the fact that he is helping to ensure that the dead receive a proper send-off from this state of being. 
 
 翻訳はやめておきましょう。
 このサマリーで見るかぎり、設定がおもしろいですね。
 チェロ奏者が所属のオーケストラの解散で職を失い、故郷に戻って職を探す。求人広告にあった会社「Departure(旅立ち)」を「旅行代理店」と思って応募したが、じつは「来世への旅」をつかさどる葬儀社であった。そこで納棺師の仕事をするうちに、「生きること」の理解を深めていく。
 
 こういう話のようです。
 
 映画批評が出てきたら、また報告します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれてる本(e-book)があります。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480 
     400ページを超える本で、内容が濃密ですが、平たい言葉でかかれていて、読みやすいですよ。中高生でも楽に読めます。よく売れています。
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング 
 

posted by Tokyo Ginji at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

87 女性プロ野球選手:吉田えり

 Two girls and one common dream
 On opposite ends of the earth, two 16-year olds are ready to make some noise in the sports world
 
 「metro」(09,1,23)が、日本の吉田えり選手とカナダのホッケー選手を紹介しています。ここでは、吉田選手の記事部分を引用しましょう。
 
............................
30秒英語コーナー
 
 contract: 契約

 blow away :通常は「吹っ飛ばす」あたりの意味。野球では「打者を打ち取る」
 
 sidearm :横手投げ
 
 knuckleball :ナックルボール
 
 allmale :男ばかりの
 
 MLB. メジャーリーグ
 
 fool :だます 煙に巻く おちょくる
 
 calibre(caliber) :能力
 
 pattern after 〜:〜を手本とする
 
 eventually :いつかは ゆくゆくは
 
 
 Eri Yoshida signed a professional contract with a Japanese baseball team.
 吉田えりが日本の野球チームとプロ契約を交わした。

 Yoshida is blowing away batters with a remarkable sidearm knuckleball that recently landed her a professional contract in an allmale Japanese baseball league. She’s being viewed in Japan as a pioneer and a symbol of the changing status of women in her country.

 吉田選手は、注目すべきサイドスローのナックルボールで打者を打ち取っていて、それが、男ばかりの日本の野球リーグでのプロ契約をもたらした。彼女は、日本において、女性の地位に変革をもたらすパイオニア、シンボルと見られている。
 
 Yoshida, though, has a serious chance to advance to MLB. She’s only five feet but knuckleballers don’t need size or strength. They need only to fool batters.
Yoshida recently left a line of nine veteran male batters hitless and baseball types think she could seriously perfect her pitch to major-league calibre.
 “She can pitch,” said Yoshihiro Nakada, her manager in the Kansai Independent League.

 とはいえ、メジャーリーグにほんとに進む可能性さえもっている。たった5フィートの身長しかないが、ナックルボールを投げる人には大きさや強さは必要ない。必要なのは打者を煙に巻くことだけ。最近、ベテラン男性バッターを9人連続ヒットなしに抑え、野球関係者はメジャーリーグでも通用しうる、と見ている。
 「彼女ならできる」と中田ヨシヒロ監督(関西独立リーグ)は言う。
 
 Yoshida started pitching in Grade 2, after her father showed her a video of Boston Red Sox knuckleballer Tim Wakefield.
 
 吉田選手がピッチングをはじめたのは2年生の時で、ボストンレッドソックスのナックルボーラーTim Wakefieldのビデオを父親が見せてからであった。
 
 “I’m honoured that she patterned herself after me,” Wakefield was quoted as saying recently. “I’ve heard great things about her. Apparently, she’s amazing. I wish her the best of luck. Maybe I can learn something from her eventually. Nothing surprises me any more, so I wouldn’t be surprised if she follows in the footsteps of other Japanese pitchers and winds up in the big leagues some day.”
 
 Wakefieldが最近こう語ったようだ。「私を手本にしてくれたことは名誉なこと。いろんな偉業をを聞いている。たしかに、驚嘆すべきことだ。幸運を祈る。もしかしたら、いずれ彼女から何かを学ぶこともありうる。もう何も驚かない。日本の他のピッチャーから学んで、いつかメジャーリーグで投げたとしても、驚かないさ」
 

 たいした評判ですね。いささかほめすぎ?
 
 記事は、このあと、オバマまで引き合いに出しています。

 “The world is progressing,” said Machiko Osawa, a professor at Japan Women’s University. “The United States has an African-American president and Eri Yoshida has been accepted in the conservative world of sports.
 “These are historical times.”
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ことばの問題に関心がおありでしたら、次の本(e-book)をごらんください。日本語と英語がしくみの上でいかに似ているか、という視点で全篇が書かれています。語順の話は、とくにびっくりしますよ。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480(現在、特別価格販売中) 人気があって、よく売れています。
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング 
posted by Tokyo Ginji at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

81 It's a dream come true! (スペイン、ヨーロッパ制覇)

  Spain reigns Europe
 
 ちょっと古い記事になりましたが、サッカーのヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグ(欧州選手権)の決勝の記事です。
 サッカーが英字新聞でどう書かれているのかを知るのもいい機会ではないかとも思うのですが、ここではある慣用句について重点的に取り上げます。
 
..................................
30秒英語コーナー
 
 deserved :「当然の」「価値ある」くらいの意味
 
 first-half :前半(サッカーの試合の前半、後半のこと。後半はsecond-half )
 
 the first time in 44 years :44年ぶり 

 crown :「王冠を載せる」ということだが、be+crowned で「勝利した、制覇した」という感じ。

 end-to-end :「端から端まで」ということから、「至る所で」「徹底的に」「徹頭徹尾」「完全に」の感じになる。
 
 convincing margin :圧倒的な差
 
 strike :ここは「シュート」と同じ感じの意味
 
 home soil :母国

Striker Fernando Torres’ brilliantly executed first-half goal gave Spain a deserved 1-0 victory over Germany yesterday as they were crowned European champions for the first time in 44 years.
 
 ストライカーFernando Torresが見事に決めた前半のゴールがそのままスペインに1−0の勝利をもたらした(対ドイツ、昨日)。スペインは、44年ぶりにヨーロッパチャンピオンズリーグを制覇した。 
 
  Spain dominated a thrilling, end-to-end Euro 2008 final and could have won by a far more convincing margin, but Torres’ 33rd minute strike was enough to bring them their first major title since their 1964 Euro success on home soil.
 
 スペインは、スリリングなEuro 2008 決勝を完全に支配し、(点差以上に)圧倒的な差で勝利した。それにしても、 Torresが放った33分のシュートは、1964年に母国で開催されたEuroの勝利以来、はじめてのメジャータイトルをもたらすのに十分であった。
 
 
...........................
30秒英語コーナー
 
 Just minutes after :〜の直後に
 
 power(ing) :「出力」から「出す」くらいの意味
 
 header :ヘディング(パス、シュート)
 
 post  :ゴールポスト
 
 through ball :スルーパス
 
 chip a shot :シュートを打つ
 
 advancing :前進していた
 
 It’s a dream come true :夢がかなった
 
 the first of many :文脈上、(これが最初だが)今後の多くの勝利の最初になる、という感じ。
 
 We’ve still got 〜 :まだ〜がある  
  
 
  Just minutes after powering a header against the base of Jens Lehmann’s post, Torres ran on to Xavi’s through ball, sprinted around fullback Philipp Lahm and chipped a delicate shot with the inside of his right foot past the advancing keeper.
 
 Torres は、(ドイツのゴールキーパー)Jens Lehmannが守るゴールポストの下にヘディングでパスを出し、Xaviのスルーパスに走り寄り、フルバックのPhilipp Lahm をかわし、前進していたキーパー も抜いて、右足の内側でちょこんと軽くシュートを打った。  
 
  “It’s a dream come true,” he said. “It’s our first title (together) and we hope it will be the first of many. We’ve still got the World Cup to come, we have to be ambitious.
 
 「夢がかなった」「自分たちにとっての初めてのタイトルだが、今後につづく最初になればいい。次のワールドカップだって、まだあるじゃないか。大志を抱かねばならない」

 
 この記事は、以下の通りにつづきます。
  Germany coach Joachim Loew was gracious in defeat, complimenting Spain on the standard of their soccer.
  “We have to accept the quality of the Spanish side tonight and their technical ability.”
  Forward David Villa, who missed the final due to injury, finished as the tournament’s top scorer with four goals while Spain took their unbeaten run to 22 matches and finally banished their reputation as serial underachievers.


 ところで、"It’s a dream come true."ですが、文法的には成り立ちませんよね。一つの慣用句で、「夢がかなった」とか「夢のようです」あたりの意味です。
 
 で、これはどう解釈すべきか?
 
 It’s a dreamまでは「それは夢」です。

 後半の部分がa dream comes trueだと、「夢はかなうもの」というあたりの意味になり、文脈とは異なってきます。夢はすでにかなっているのです。

 そうすると、現在完了ですから、a dream has come trueですね。
 
 となると、It’s a dream (which has) come true.なんだろうか?
 
 これは、ニュアンスとしてはヘンですね。
 
 
 じゃ、どう解釈すべきか? 次回にします(ちょいと疲れましたので)。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ↓実に親切な英文書です。納得のいくe-bookです。とくに語順の話は、心理学に基づいていて、なるほど、です。中学生でも無理なく読めます。

  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
  
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718 
  ¥2,480(現在、特別価格販売中) 人気があって、よく売れています。
 
  
 こちらもどうぞ。「医師が教える科学的英語勉強法講義」 ¥19,800
 あのベストセラーe-book「TOEICで920点を取った医師の英語勉強法」の著者Dr. Terukiの第二弾! そのe-bookも特典でついてきます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=12717

 売れ行きがすごいですね。インフォトップの語学部門ではたいてい第1位です(9月調べ)。

................................... 
↓お役に立ちましたら、クリックしていただけませんか?
人気ブログランキング 
posted by Tokyo Ginji at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

75 完全五つ星の映画

   Being forever Young is a state of mind
 
 久しぶりの映画情報です。「metro」(08/4/18)が五つ星をつけた映画があります。辛口で有名な「metro」が五つ星とは!
 
 Young @ Heart という映画。 
 監督:Stephen Walker  Stars: Eileen Fligman, Fred Knittle
 
.............................................
30秒英語コーナー
 
 choir : 合唱団 (カイアという感じの発音)
 
 a near-death experience : 臨死体験
 
 geriatric : 高齢者
 
 turn off : 耳を傾けない
 
 ditty : この文脈では「歌」くらいの意味。かんたんな歌、単純な歌詞
 
 take on 〜 : 〜を帯びる
 
 
“JEAN, DID you see that white light?” Young @ Heart choir director Bob Cilman asks one of his singers about a near-death experience.
  “No, I refused to look,” she replies.
  And that says everything about Young @ Heart, Stephen Walker's documentary
about a plucky geriatric chorus. The group covers songs that someone of this age might typically yell at you to turn off ditties such as the Bee Gee's Stayin' Alive, David Bowie's Golden Years or The Ramones' I Wanna Be Sedated take on a chilling new dynamic when performed by a group of singers averaging 80 years of
age.
 
 「ねえ、ジーン、あなた、白い光を見た?」 Young @ Heart コーラス監督 Bob Cilman が合唱団員の一人に臨死体験について聞く。
 「やだ、見たくもないわよ」と彼女は答える。
 これが、元気な高齢者コーラスを撮ったドキュメンタリー映画、Stephen Walker 監督 Young @ Heart のずべてを語る。そのコーラスグループは、この年代の人でも「止めてくれ」と叫ぶ人がいるかもしれない歌をカバーしている。 ビー ジーズのStayin' Alive、デビット ボーイのGolden Years、ラモーンズのI Wanna Be Sedated という歌が、平均80歳の歌手グループの手になると、恐ろしく新鮮な力を帯びてくる。
 
 
 この出だしの文を読むだけで、「この映画、おもしろそうだ」と思えてきますよね。80歳のコーラスグループが古い曲を生き返らせる感じがします。
 
...................................
30秒英語コーナー
 
 flirtatious : 異性の気を引こうとする、色目を使う
 
 ex-stripper : 元ストリッパー
 
 chemotherapy patient :化学療法患者
 
 weathered charm : 直訳すれば「風化した魅力」だが、「歳を重ねて乾いた魅力」というあたりか。
 
 declining health :健康の衰え
 
 abrupt deaths :突然の死
 
 Pollyanna :楽天家
 
 tremendously moving and inspiring chronicle:人の心をすさまじく動かし感激させる記録

 octogenarian :80歳代の人  

From Eileen, the persistently flirtatious 92-year-old ex-stripper who opens up the movie with The Clash's Should I Stay Or Should I Go, to Joe, a former chemotherapy patient who can memorize an entire song in an afternoon, it doesn’t take long for these elders to draw you in with their weathered charm.
  
 クラッシュのShould I Stay Or Should I Goで映画の幕を開けるEileen という永遠に異性の気を引こうとする92歳の元ストリッパーから、午後になると一曲をすべて記憶してしまう元化学療法患者のジョーにいたるまで、これらの年老いた人たちがあなた方をその乾いた魅力に引き入れるのには時間はかからない。

Walker reminds us that these people work hard to keep their dignity in their final years as he documents their struggles with declining health and abrupt deaths of
friends. As Pollyanna as this might sound, Walker's tremendously moving and inspiring chronicle of these octogenarians who won't go gentle into the night serves as an important lesson: that a youthful spirit isn't exclusive to the young, and that all we really have in this life is the power to make the most of the all-too-short time given to us.
 
 Walker監督は、この人たちは人生の終わりの時間でも威厳を失わないように力の限りに生きていることを私たちに気づかせてくれている。健康の衰えと友人たちの突然の死と闘う彼らのドキュメントを通して。楽観主義者に聞こえるかもかもしれないが、おとなしく夜に向かおうとはしないこれら80歳代の人々を撮ったWalker監督のすさまじく迫力がある感動的な記録は、一つのだいじな教訓を見せている。すなわち、若さは若者の特権ではないこと、私たちが人生でほんとうにもっているのは、短すぎる所与の全時間を最大にするパワーなのだ、ということ。

 ちょっと日本語にするには訳しづらい英文でした。日本語の語順とは逆の順になる英語の秩序だけならまだしも、主語に形容句が多くつきすぎているのが原因です。拙訳で相済みませんでした。
 
......................
 上で「語順」ということばを使いましたが、これはよろしくないようです。いまかなり売れている下記のe-bookが心理学をベースにして英語のしくみを解説しています。
 その「語順」の話は、「まぐまぐ」で殿堂入りしているメルマガ(ある英語専門家が発行のメルマガ)でも「感銘を受けた」と紹介されています。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 下のURLから覗いてみてください。
 
http://www.infotop.jp/click.php?aid=15956&iid=13718
 .......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   
人気ブログランキング  
posted by Tokyo Ginji at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

64 松坂、レッドソックス

   Red Sox headed to World Series
 
 久しぶりの更新になってしまいました。
 
 この間、ある方のe-book発行を手伝っていました。「手伝い」といっても、インターネットの操作に関する手伝いが主です。あまりにすごい本なので、喜んでお手伝いしていました。
 
  大学生もわかっていない中学英語
  日英比較「英語のしくみ」入門 
  日本語がわかれば、英語はわかる
 
 「立ち読み」コーナーつきですから、こちらからちょっとのぞいてみてください。日本初の情報が満載の本ですよ。

 
 レッドソックスがリーグ優勝したというニュースで久しぶりの更新をしましょう。
 
 「metro」(07/10/22)が報じています。

....................................
30秒英語コーナー
 
 two-run :2点('run'は「得点」のこと)
 
 the seventh innning :7回(7イニング)

 a one-run game :1点差の試合
 
 deciding game :優勝を決める試合(最終戦)
          
  この試合の場合、7試合制で、先に4勝をあげたほうが優勝、というルールになっていて、第6戦までで3勝3敗だったので、第7戦が'deciding game'ということになる。
 
 3-for-5 with five RBIs :5打数3安打、3打点(RBIとは、'run(s) batted in'の略で、打点のこと)
 
 a six-run eighth inning :6点をあげた8回
 
 berth :出場権 (Olympic berth オリンピックの出場権、World Cup berth ワールドカップ出場権)

 
Dustin Pedroia's two-run home run in the seventh inning opened up a one-run game and the Boston Red Sox went on to defeat the Cleveland Indians 11-2 in the deciding Game 7 of the American League Championship Series at Fenway Park last night.
   Pedroia finished 3-for-5 with five RBIs and scored three runs, and Kevin Youkilis had three hits, including a two-run homer during a six-run eighth inning, for the Red Sox, who won the final three games of this series to earn their first World Series berth since winning it all in 2004.
 
 訳さなくてもいいですね。'winning it all in 2004' というのは、レッドソックスは2004年にワールドシリーズ(7戦制)を4−0で制覇したということです。
 
 ところで、この最終戦のレッドソックスの先発投手は松坂でしたよね。どう書かれているのか?
 
   Boston starting pitcher Daisuke Matsuzaka (1-1) got the win, his first in three playoff starts this year. The Japanese right-hander allowed two runs on six hits, striking out three without walking a batter, over five innings of work. The rookie didn't pitch up to the $103-million expectations the Red Sox spent on him this off-season, but he gave the club enough to hand the ball over to its priceless bullpen.
 
 1億3百万ドル(約120億円)の期待に応えるピッチングではなかったが、あとは救援投手(bullpen)に任せるまでの働きはした、という評価ですね。
 
 岡島については、ほんの一言です。
 
   Hideki Okajima tossed two-plus innings of relief and Jonathan Papelbon recorded the first six-out save of his career for Boston, which will face the National League champion Colorado Rockies in Game 1 of the World Series on Wednesday at Fenway Park.
 
 
 
 松坂をどう評価するかは人それぞれですが、私は、西武ライオンズ時代から好きにはなれませんでした。
 かなりのピッチングをするかと思うと、かんたんにKOされる、という具合で、チームには必要な「10勝10敗ピッチャー」という印象をもっていました。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下(または、右の欄)の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。  
posted by Tokyo Ginji at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

55 芸能人にはこの手があったか(ブラッド ピットの場合)

 Running on empty
 
 
 車なりバイクなりが走行中にガス欠になってガソリンスタンドで給油したはいいが、財布にお金がなかったら、どうします?
 
 
 ちょっと有名な芸能人なら、この手があったか!
 
 「24hours」(07/6/29) がブラピのケースを報じています。
 
 
.......................................
30秒英語コーナー
 
 red-faced :真っ赤な顔をした (ハイフンつながり形容詞句は、ほんと、日本語の語順と同じ場合がほとんどですね)
 
 reportedly :報道によれば、伝えられるところでは (新聞でよく使われ、文頭よりも、動詞の前、be動詞のあとなどに置かれることが多い)
 
 be forced to 〜:〜せざるをえない
 
 garage :この文では「ガソリンスタンド」のこと
 
 make a fuss :大騒ぎをする、構い過ぎる 
 
 
Red-faced Brad Pitt was reportedly forced to sign autographs at a Malibu, Calif. garage after running out of gas and cash, reports sfgate. com.
   No one made a fuss of the biker pushing his motorcycle into the gas station recently, but when Pitt realized his wallet was as empty as his gas tank he had to accept the charity of fans, who recognized him after he removed his helmet.
 
 真っ赤な顔をしたブラッド ピットが、伝えられるところによれば、カリフォルニアのMalibuのガソリンスタンドでサインをしてあげるハメになった、という。ガス欠、金なしのせい(Sfgate.com 報告)。
 最近のことだが、オートバイをガソリンスタンドまで押していくそのバイク乗りを構う人が一人もおらず、サイフがガソリンタンクと同じく空っぽだと気づいたピットは、ヘルメットを取り、ピットだとわかったファンから援助を受けざるをえなくなった。
 
 
 どういうことだったのか?
 
 
 見物人(bystander)が次のように言ったそうです。
 

One bystander said Pitt offered to return with the cash if attendants let him fill up, but his swooning fans insisted on paying for his gas in return for autographs and photos. According to the publication, Pitt took a few dollars from each devotee, signed autographs, filled up and then sped off.
 
 なるほど。
 
 ピットは、居合わせた人たち(attendants)がガソリンを満タンしてくれた場合、お金は返す、と申し出たのだが、気絶せんばかりのファンたちは、ガソリン代を払ってやる代わりにサインと写真をとらせてくれと言った、というわけですね。

 それで、その熱狂的なファン(devotee)たちから数ドルずつをもらい、サインをしてあげて、ガソリンを満タンにして走り去った、ということですか。
 
 芸能人ならではの解決法ですね。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 
posted by Tokyo Ginji at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

48 ジョニー デップ:インタビュー

  Hard to let go of pirate: Depp
 
 ジョニー デップへのインタビューです(「metro」5月25日より)
 
..................................
30秒英語コーナー
  
 let go of 〜:(つかまえているもの)から手をはなす、〜を取り除く、〜を忘れる、あきらめる

 of は、もともとoff から生まれているので、この連語のof はまさにoff (〜から離れる)という意味です。
 let にgo が直結していますが、おそらく、もとはlet me go of (off)で、me を略した形、と私は考えるようにしています。
 もともとlet には「行かせる、動かす」という意味があり、"Let me in." で「中に入れて(加えて、参加させて)」となりますね。"Let me come in." のcome を略しています。
 つまり、let はうしろの語がよく略されるのです。
  
 let go of という連語(熟語)はよく使われます。
 let go of my breath:息を抜く
 let go of the stare:視線をそらす
 let go of the rope:ロープから手を離す
 
 ↓お役に立てた情報でしたら、一回クリックしていただけませんか? 
人気ブログランキング 

 
 Depp is now in London filming Sweeney Todd, the killer barber (based on the Broadway musical) with his friend and director Tim Burton, but he still can't quite let go of Pirates.
 
 デップは、いまロンドンで、Sweeney Toddの撮影中です。殺し屋理髪師(ブロードウエイミュージカルを基にしたもの)の映画で、友人であり監督のTim Burtonといっしょです。でも、デップは、Piratesをすっかり忘れるわけにはまだいかないようです。
 
Q: How do you feel after finishing the last Pirates film? Was it a good experience?
A: Even though we have finished the movie months ago, it's like I'm still immersed in it. I still can't see it with a little bit of perspective. I loved the experience, even in the worst moments it was positive. It was terrific.
 
 :最後のPirates映画が終わって、どうですか? いい経験だった?
 :数ヵ月前に終わってはいるけど、まだその中に浸りきったままのようだよ。ちょっと離れて見ることがまだできないんだ。いい経験だったよ。最悪のときもあったが、前向きだったね。すごかったよ。
 
Q: So it was hard at moments?
A: Yes, of course, especially the physical part of the shooting. Not only for me, but for the whole crew. Sometimes, when you are filming in the sea you can be lashed by a storm, and many people on the team felt deeply dizzy.
 
 :ということは、ときにはつらかった?
 :そう、もちろん。特に、撮影の身体的な部分でね。私だけでなく、スタッフ全員さ。ときどきだが、嵐に見舞われる海で撮影するときなんか、チームの多くの人がすっかりふらふらだったよ。
 
Q: How was your last day as Capt. Jack Sparrow? Was it an important moment?
A: Yes, it was one of those moments in someone's life that you try to delay to the latest possible. I remember Gore (Verbinski, the director) telling me: “We've got everything, but … would you like another take?” Of course I said yes, and once we got it I asked him: “Are you sure we don't have anything left to shoot? Because I don't want to say goodbye to this guy (Sparrow).” You've been that
character for so long that saying goodbye is very difficult.
 
 :Capt. Jack Sparrowとしての最後の日はどうでした? 大切なひとときだった?
 :できるかぎり引き延ばしたい人生の瞬間って、あるでしょ。それだったな。ゴア(監督)が言うんだよ。「やりたいことはやった。まだやりたい?」ってね。もちろん「イエス」さ。一度、間時に聞いたんだ。「ほんとにやり残したことはないの? こいつ(スパロー)にさよならはs言いたくないからね」。あれとは長いつきあいでしょ。さよならはなかなかむずかしいよ。
 
Q: Has that character changed your life?
A: Sure. It was great for me and my children. I will always admire him, despite of the fact it was a pleasure playing him. It was fantastic.
 
 :あの役柄はあなたの人生を変えました?
 :もちろん。私と子どもにとって最高だったよ。いつだって敬服するよ。演じることがプレッシャーだったけどね。すばらしかったさ。
 
Q: Would you play him again?
A: Well, I know you can never say no, but I don't think so. If I have the opportunity to be Jack Sparrow again, in the appropriate circumstances and with a good script, at least, I would think about it.
 
 :もう一度やってみたい?
 :そうね、だれだって「ノー」って言わないさ。でも、私はそうは思わない。ジャックスパローになる機会がもう一度あるなら、少なくとも、いい環境整備があって、いい脚本があればだがね、そのときは考えるよ。
 
 
 じつは、私、ジョニー デップはいい役者とは思うけど、この映画をどうしても見たいとは思わないんです。新作も、映画館にまで行く気もないし、DVDを借りて見ようとも思わないんです。
 
 冒険活劇映画は好きなほうですが、一言でいうと、一本の筋が通ったところから沸き出してくる緊迫感・緊張感というものが感じられないのです。役柄についての演出が大げさ、というところですね。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

47 映画批評:Pirates of the Caribbean

   World's End increases pace of series

  Pirates Of The Caribbean: At World's End

 
 
ジョニー デップという俳優はかなりの役者ですね。

 この作品「パイレーツ オヴ カリビアン」シリーズでは、「怪傑ゾロ」のアンソニー ホプキンスばりの才知に長けた活劇スタイルと、 エディ マフィーばりの喜劇スタイルとをうまく溶け合わせた新スタイルを編み出していますよね。たいしたものです。

 シリーズ三作目が公開されています。映画批評でもなかなか好評です。

 「metro」(5月25日)より。

.............................
30秒英語コーナー
  
   off course:針路をはずれる
  'off course'  がうっかり'of course' に見えてしまうかもしれませんが、もともと'course' は「針路」「進路」の意味で、'of course' のほうは「針路どおり」の意味から「もちろん」になるわけです。
  
 no manner:どんなやり方もない
 'no manner of script doctoring' の'doctor' は「手を入れる、改善する」あたりの意味だから、「脚本にどう手を入れても〜できない」となります。
    
 right(動詞):立て直す、正しく元に戻す
 
 franchise:日本語にしづらい語です。「特権、一手販売権」などの意味ですが、一般的には「フランチャイズ」のままに使われます。プロ野球でいわれる「チームの本拠地」もフランチャイズのことですね。ここでは、この「本拠地」が一番近いかな、と思います。
 
  ↓お役に立てた情報でしたら、一回クリックしていただけませんか? 
人気ブログランキング 

  
  

AFTER PIRATES Of The Caribbean: Dead Man's Chest debuted last year, many critics and filmgoers alike assumed Capt. Jack Sparrow and the Black Pearl had
sailed so far off course that no manner of script doctoring could right the franchise.
    
 「PIRATES Of The Caribbean: Dead Man's Chest」が昨年公開されたあと、多くの批評家と映画ファンの両方とも、キャプテン-ジャック-スパローとブラック-パール号はどこか彼方に行ってしまって、脚本にどう手を入れても本拠地(フランチャイズ)に呼び戻しようがないだろう、と思っていた。
 
 前作のラストは、ジャック-スパロー(ジョニー デップ)が何とか命拾いをして、幽霊海賊船ブラック-パール号に戻っていく、というシーンでしたっけ? 
 そうですよね、前作での活躍の本拠地に戻るには、何か荒唐無稽な仕掛けが必要ですよね。
  
.........................
30秒英語コーナー
 
 swashbuckler:「大胆不敵なやつ」「無法者」「剣客」あたりの意味ですが、昔のアメリカ映画「Swashbuckler(カリブの嵐)」に引っかけているようです。
  
 swoop down:襲いかかる、舞い降りる
 
 save the day:「その日を保持する(守る)」の意味から、しばしば「土壇場で勝利を収める、窮地を救う、急場を救う」という感じで使われます。
  
 make amends for 〜:たいてい「〜の償いをする、埋め合わせをする、わびを入れる」などの意味で使われますが、ここは単に「修正する」のほうがいいです。
 
   But as if the swashbuckler himself had swooped down to save the day (or the franchise's reputation), Pirates Of The Caribbean: At World's End makes amends
for most of the second instalment's shortcomings.
   A more coherent, less convoluted plot is a major first step. 
  
 ところが、あの大胆不敵なヤツ自身が窮地(つまり、本拠地の評判)を救いに舞い降りてきたかのように、「パイレーツ オブ カリビアン:世界の果て」は第二作目の欠陥のほとんどを修正している。
 もっと筋道が通り、複雑さが少ない筋立てが主要な第一処置だ。
 
 たしかに、前作は話が不自然でした。
 「呪い」によって不死身になっていた海賊たちは、呪いがとけて生身になり、それまで剣で刺されていた者は死ぬはずだが、死んだのはスパローと激闘していたキャプテン-バルボッサ(Geoffrey Rush)だけで、スパローも他の海賊たちもそのままでしたよね。「あれ?」と思った記憶があります。

 今回のほうがよさそうですが、167分(3時間近く)の長編になっているそうですよ(前作は150分)。

 この映画批評より、同紙に載っているジョニー デップのインタビュー記事のほうがおもしろそうです。それを次回に紹介しましょう。
 
.......................... 
 お役に立てた内容でしたら、ここ(↓)をクリックしていただけますか?                   人気ブログランキング 

 ★★★ このブログを集約した内容でメルマガ「英語・英文法 毎日30秒成績アップ学習法」を発行しております。講読は無料です。
 読者登録は、まず、記事の下の「登録・解除」ボックスの「登録」にチェックがあることを確認し、あなたのメールアドレスを記入して「送信」ボタンを押します。すると、「まだ登録が完了していません」という画面があらわれますが、同時にあなたのアドレスに「認証メール」が届いていますので、そこにある認証URLをクリックすれば完了です。
 
        トップページに戻る
 

posted by Tokyo Ginji at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

34 めずらしく高い評価の映画

 Notes On A Scandal packs dramatic punch
 
 映画の話がつづいていますが、もう一つ。
 
 「metro」紙にしてはめずらしく高い評価の映画時評がありました。Richard Eyre監督の'Notes On A Scandal'です。
 
 「metro」(2007.1.5)より。
 
 The film focuses, with the precision of a laser, on the curious relationship between two teachers at an Ipswich grammar school. As the dismissive Barbara (Judi Dench) explains in a prickly voiceover, the recent arrival Sheba (Cate Blanchett) is wasting her energy trying to teach art to her uninterested students.
  But the more time Barbara spends around Sheba, the more she comes to appreciate her ─ until Barbara discovers Sheba has formed an extremely inappropriate bond with one of her students.
 
 その映画の焦点は、レーザーのような精密さでもって、二人の教師(イプシウイッチにある初等中学校の教師)の不思議な関係に当てられている。人を見下したような教師・バーバラ(俳優Judi Dench)のトゲのあるナレーション解説に並行して、最近赴任した教師シーバ(俳優Cate Blanchett)は、一所懸命、無関心な生徒に美術を教えようとしている。

 しかし、バーバラは、シーバのそばにいる時間が多くなるにつれて、しだいにシーバを評価するようになる。ただし、シーバが一人の生徒ときわめて不適切な関係になっているのを知るまでのことだが。
 
 ここまでですと、イヤな先輩後輩関係のように思えてきます。ところが、ひと味ちがうようで、バーバラの心理描写がすぐれている映画のようです。
 
 …… Barbara isn't the person she believes herself to be at all: where some peope might live with a level or two of self-deception, Barbara has strata. And even though the character lacks the ability to understand her own drives and desires, Dench makes them distressingly clear to us. It's a remarkable performance.
 
 …… バーバラは、自分で思っているような人間ではまるでない。どこにも自己欺瞞の一つや二つをもって生活している人はいるものだが、バーバラには何層もある。性格のせいで、自分自身の衝動と願望を理解できないのだが、それをDenchは胸がつまるくらいに明確にあらわしている。目を見張る演技である。
 
 こうなると、見てみたくなります。
 
 この時評の冒頭に、こうありました。
 
 Following the frrenzied Christmas season, where everything is bigger and louder, NOtes On A Scandal arrives as a refreshingly small picture; a charcter study instead of an epic. And it's really good one.
 
              トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

33 映画ガイド(つづき)

 movies to see (or not)
 
 残りの四本です。
 
 5  The Good German  ★★▲
 
  ……George Clooney and director Steven Soderbergh look into Berlin just after Second World War with a tale of intrigue, murder and the embryonic cold war.
  ……
  Unfortunately, the film's method gets in the way of a very involving story. The look is pure 1940s, black and white and stagey. There are shamless parallels to films like Casablanca and the old-style slow pace can get tedious.
 
 白黒ですか。
 「カサブランカ」にそっくりの上に、時代遅れのスローペースでうんざり、というのでは、あの世でハンフリー・ボガードも嘆いているかも。
 
 6  We are Marshall  ★★▲
  実話だそうです。
  Marshall Universiy of West Virginia lost its football team in a plane crash back in 1970. ……, a new team is formed with Matthew McConaughey as the flamboyant coach, and Matthew fox as his assistant.
    It's well-written and acted, with far more emotional content than usual in these type of films. Even real scenes of grief.
    But there is the question we can't avoid: How many football movies do we need?
 
 チーム消滅→再建、というよくあるストーリーのようですが、かなり情緒的のようです。
 それにしても、「フットボール映画はいったいいくつ必要なんだい?」というのは、映画批評にはならないですね。この評者は、はじめに次のように断っていますが。
 
  Sure to be more interesting in the U.S., where college football is big.
 
 でも、これもヘンですね。それで、「THE VANCOUVER SUN」(12/22)という新聞(バンクーバーの大手新聞社)の映画批評も見てみました。
 ほとんど同じでした。「話の細部はじつに情緒的で、涙の一滴二滴は誘発するだろうが」ということのようです。
 
 7  Dreamgirls  ★★▲
  A big, glossy and entertaining msical about a Motown-like record company and a Supremes-like singing group.
  ……
  Too bad there's little actual R&B or soul music in here. The song style is pure Broadway.
 
 シュープリームズといったら、1960年代の黒人女性ボーカルグループですよね。それに似ているが、ブロードウエイスタイルの歌ばかりとは。
 
 8  Black Christmas  ★
  For the more bloodthirsty among us. People who want to see stabbings, gougings and an impaling and have their holiday greetings laced with all sorts of obsceninties.
  It remakes and expands on a 1974 film now called a Canadian classic. The original was the first of the teen slasher movies.
 
 残虐ものが好きな人向きだそうです。
 
           トップページに戻る




posted by Tokyo Ginji at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

32 映画ガイド:Rocky その他

 movies to see (or not)
 
 「24 hours」(12/22)が上の表題で計八本の映画を紹介しています。映画批評ではなく、ガイドなので、辛口ではありません。
 
 きょうは、そのうちの三つを紹介します(四つ目は、前回の「metro」で紹介済み)。
 
 ★のマークは、同紙によるものです。★半分のマークが私のPCにはないので、それを▲で示します。
 
 1  Rocky Balboa ★★★▲
   A surprisingly good film with real soul and not the vanity project you might expect. Yes it's 30 years since Sylvester Stallone's original film and 15 since Rocky V. But the underdog still has the passion.
   Rocky is now 60. He tells old boxing stories to guests in his restaurant. But an ESPN computer simulation, pitting him against the current champ (played by ex-boxer Antonio Tarver), sparks the real thing; A Las Vegas exhibition match.
   There's natural dialogue, a thrilling fight and a message: "It ain't how hard you can hit; it's how hard you can get hit and keep movin' forward."
 
 意外にいい映画で、企画倒れではないようです。
 
 
 
 2  Night at the Museum  ★★★▲
  The best new film this week for pure, escapist fun.
   ……the Museum of natural History where the displays come alive when the doors close.
   ……
  Mostly shot in Vancouver, this film is slow to get starded. But then it turns energetic and rambunctious, with very good special effects and, well, loads of fun. (For kids too).
 
  バンクーバーでの撮影でしたか。
  ロビン・ウイリアムズが演ずるテデイー・ルーズベルト大統領などが登場してくる。
 
 3  Curse of the Golden Flower ★★★
    The latest and biggest spectacle from China's Zhang Yimou, …….
    ……
  Chow Yun-Fat plays a 10th-century emperor and Gong Li his wife. The Byzantine plot has her conspiring against him while he is slowly poisoning her.
  ……Enjoy the extravagantly colourful sets and costumes because parts of the story are hard to follow.
 
 最近の最大級スペクタクルだそうです。私個人は、この手の映画は好きではないですね。 
 
 
 4  The Good Shepherd  ★★★★
 こちらは、「metro」とはちがって、好意的です。
 
            トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

31 映画批評:The Good Shepherd (マット デーモン & デ ニーロ)

 Director De Niro drops the ball
 
 また映画ですが……。
 
 マット デーモンは好きですね。"Good Will Hunting"と"The Rain Maker"ですっかり好きになりました。"The Bourne Identity"あたりまではよかったんですが、バンクーバーの場末の映画館でみた"Syriana"では、存在感が薄かったですね。
 
 で、この"The good Shepherd"はどうなのか? CIAのはじまりをロバート デ ニーロが監督したものです。私は、これもまだ見ていません。
 
 「metro」(12/22)の映画評では、かなりこきおろされています。
 
 It's just a big, anonymous studio picture; nice sets, good suits, shame about the drama.
   
 作りは大きいが、ありふれたスタジオ映画だ。セットはいいが、衣装もいいが、ドラマからは浮いている。
 
 と、まあ、酷評です。
 
 For a while, this is interesting: Eric Roth's script jumps back and forth in time from the eve of World War Uto the aftermath of the Bay of Pigs fiasco. But after the first hour or so, the structure starts to resemble The Godfather, …….
 
 はじめのうちは、おもしろい。Eric Rothの脚本が、第二次世界大戦前夜からピッグス湾攻撃の失敗(ジョン・F・ケネディのキューバ攻撃の失敗)までを適宜に入れ込んでいる。ところが、一時間もすると、構成が「ゴッドファーザー」に似て来はじめる……。
 
 マット デーモンが演じるウイルソンという役柄のせいで、デーモンはすっかり脇役の俳優(ロバート  ニーロ自身を含む)にお株を取られているし、共演の妻役アンジェリーナ ジョリーはとんでもないミスキャスト(terribly miscast)だそうです。
 
 Still, the real ball-dropper is De Niro, who lets all the emotional and political energy drain out of his film long before the story starts to falter.
 
 要するに、一番のヘマは、デ ニーロ監督自身で、はじめにエネルギーを使い果たしたので、すぐに話がヨロヨロになってしまうのだ、ということのようです。
 
 マット デーモン、 "Syriana"の二の舞かな?
 
           トップページに戻る
posted by Tokyo Ginji at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。